第三回IAIR学術大会10/28.29

「決められない!まとまらない!目的設定!」【目考!リハ科経営塾】(01)

From:IAIR-GM 齋藤 信

 

みなさん、こんにちは。

国際統合リハビリテーション協会

グランドマネジャーの齋藤信です。

 

新シリーズ、目考!リハ科経営塾の開始です!

 

リハ科経営を目的から考えるとどう変わるのか?

 

を中心テーマとして、

これまで相談にあった事例も含めつつ、

あなたが期待するリハ科像に変えていくヒントを

お伝えしていきます。

 

 

その第1号としてお話しするのは……

患者さんのリハ目標は考えられるのに、

リハ科の経営に目的や目標を設定できない。

 

目的の価値を知っているのに、

なぜ?

 

題して(カ◯ビーのか◯ぱえびせんの音楽に合わせて♪)

〝決められない!まとまらない!目的設定!〟

 

 

……ハジめます。

先週からアンケートを取っておりますが、スクリーンショット 2014-11-28 21.53.49

いただいた声には……

  • ・組織の目的が不明瞭
  • ・上司と組織の目標が合致しない
  • ・個人の目標が組織に合わせられない
  • ・個々人の目標があり、バラバラに行動している
  • ・忙しくて目的や目標どころではない
  • ・部下に目的意識がない

あらら……

 

でも、一番衝撃だったのは、

リハ科に共通の目的や目標がない!

 

なんだか、恐ろしくなってきました。

 

 

ハッキリ言いますが、

目的がない、またはハッキリしないからこそ、

部下はバラバラで、ついてこなければ、

あなた自身も忙しくなっているんですよ。

 

経営に悩んでいるなら、一度は本屋で何かしらの

経営入門書を手にしたことがあるでしょう。

 

どの本を取ってみても、

必ず組織の目的の大切さが書いてあります。

 

前回、またリハドラの1stシーズンで

繰り返し話してきたので、

今更かもしれませんが……

 

組織は目的を果たす為に存在します。

ですが、組織に目的が無いなら、

それはただの烏合の衆です。

 

ただの集まりで、仲良しゴッコか、

動物園の猿山みたいなものです。

 

どんな目的を果たしたいのか?

あなたがリハ科の長なら、

それをこそ考えてください。

 

 

と言っても、リハ科長にはある心配事があるのを

僕は知ってます。

 

その一つは、

〝どこまで自分で決めていいのか?〟

 

これは僕自身も管理職になって、

一番悩んだことです。

 

正直、権力と権限を持て余してました。

そんな時に僕が使った方法はコレです。

〝病院や施設の理念から考える〟

オリジナルなことをしようとしないでください。

オリジナルなことをしようとすれば、

必ずコケます。

 

僕はコケました(笑)

 

ですが、もともとある理念をもとに

リハ科の目的を考えれば、

話をきかない部下であっても

聞く耳を持ちます。

 

 

だって、あなたの部下である前に、

組織が雇っている被雇用者なんですから。

 

それでも病院や施設の理念に合致した目的を持つ

リハ科に貢献できないっていうなら、

半期ごとに行っているであろう人事考課で

マイナス査定をされても文句が言えないですよね。

 

 

まあ、そんな事になるまえに、

リハ科の目的はコレです!

今月はその目的に向かって、

この目標を達成しましょう!

と、毎日あるいは毎週1回でも

言い続けることをお勧めします。

 

はい、ではまとめます!

  • ・組織は目的を果たすために存在する。
  • ・迷ったら上位部門の目的に合わせる。
  • ・何度も目的を伝え続ける。

必ず組織に目的が染み込みます。

これらをおさえて、21日間繰り返しやってくださいね。

 

 

え? ああ! 人事考課の話が気になった?

今度は上司の立場で部下をどう評価していいのか

ワカラナイ!

って話になっちゃうのかな?

その辺の悩みを持つ方も多いようですので、

次回はその話をしましょうかね。

 

 

関東代表齋藤信03
IAIR グランドマネジャー 齋藤 信

 

 

追伸 1

今回の画像は棒グラフにしてみました。

リアルタイム集計はこちら >>> 

https://business.form-mailer.jp/fm/service/Vote/chart/5d07ea5538233

リハ科の抱える問題についてのアンケートにご協力をお願いします!

https://business.form-mailer.jp/fms/5d07ea5538233 

 

追伸 2

本当なら、一度しっかり時間を作って

目的や目標を考える必要があるんですけどね……

 >>> http://iairkanto.jp/?p=1113

追伸 3

 今後の齋藤セミナーの予定を公開します。

12月6日(土)療法士の為のマインドマップ速読術

 >>> http://iairkanto.jp/?p=888

12月7日(日)2015年の目標&アクションプラン作成セミナー

 >>> http://iairkanto.jp/?p=1113

12月20日(土)集団療法に自信が持てない療法士の為の脳と学習のメカニズムを集団療法に組み込む法

 >>> http://iairkanto.jp/?p=1068

1月31日(土)第2回 療法士の為の超実践マインドマップ講座(描き方編・情報整理編)

 >>> http://iairkanto.jp/?p=1089

2月1日(日)第二期マインドマッププラクティショナー養成講座

 >>> http://iairkanto.jp/?p=1077

 

* お知らせ ******************

IAIR総合コラムサイト

http://www.irajapan.com/

*過去配信分のコラムがご覧になれます。

*************************

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。