管理職養成12回コース

あなたのIQを天才級に高める方法

FROM:臨床実習アドバイザー™齋藤信

 

貴方は今まで、IMG_9145

アタマが悪くなるノートの書き方をしてきたのではありませんか?

そんなはずない!

と思うのでしたら、こらからいくつか質問しますので、

チェックしてみてください。

 

□ 1:貴方のノートは、6色以上の色を使っていますか?

□ 2:貴方のノートは、長文で書かれていますか?

□ 3:貴方のノートは、図を書き込んでありますか?

□ 4:貴方のノートは、直線的に書かれていますか?

□ 5:貴方のノートは、キーワードが強調されていますか?

□ 6:貴方のノートは、ロジカルに書かれていますか?

□ 7:貴方のノートは、1ページにまとまってますか?

□ 8:貴方のノートは、リストを書いていますか?

□ 9:貴方のノートは、空間を意識して書いてますか?

□10:貴方のノートは、読むのに時間がかかりますか?

 

さあ、数えてみましょうか。

奇数と偶数番号それぞれいくつ当てはまりましたか?

 

実は奇数は右脳、偶数は左脳をよく使っている書き方になっています。

 

そして、残念ながら、

多くの人達は、

単調で、面白みが無く、

長文ですぐ理解出来ないノートに仕上げてしまいます。

 

 

そう、左脳だけでノートをとろうとしてしまうんです。

人の脳は、右脳と左脳をバランスよく使うように出来ています。

 

ですが、ことノートに関しては、

皆さん左脳のみを使ってしまっているんです。

それでは、貴方の脳は1%も活用できていないのと同じです。

 

もっと、右脳を使ったノートの取り方、

記録の仕方、

発想の出し方をするべきだと思いませんか?

 

だって……

貴方は

間違ったノートの使い方をしていながらも、

今の立場まで学習を重ねてこれたのですから!

 

 

これで更に右脳の効果的な使い方を身につけたら

どうなっちゃうと思いますか?

 

そう。

貴方のIQが天才に近づくんです!

 

過去の天才……

  • ・ニュートン
  • ・アインシュタイン
  • ・エジソン
  • ・レオナルド・ダ・ヴィンチ
  • ・ミケランジェロ
  • ・ベートーベン
  • ・ピカソ

そのいずれも、右脳と左脳をバランスよく、

効果的に使っているんです。

 

その彼らのノートの秘密……

知りたくないですか?

 

もし、あなたが、

  • もっと効果的にノートを取りたい。
  • ・もっと記録の時間を減らしたい。
  • ・もっと記憶力をあげて勉強したことを覚えておきたい。
  • ・もっと考えを整理して患者さんに還元したい。
  • ・もっと発想力をあげて治療や業務のパフォーマンスをあげたい。

そんな事を一つでも思ったのでしたら、

 

【マインドマップ】をおすすめします。

 

*マインドマップ

マインドマップはトニー・ブザン(Tony Buzan)が開発した思考・発想法の一つ。

頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツールのこと。

思考を整理し、発想を豊かにし、記憶力を高めるために、想像 (imagination) と連想 (association) を用いて思考を展開する。

この方法によって複雑な概念もコンパクトに表現でき、非常に早く理解できるツール。

人間の脳の意味ネットワークと呼ばれる意味記憶の構造によく適合しているので理解や記憶がしやすいと言われている。

(出典:Wiki)

 

実際に僕も使うことで、

頭の整理や、講義のレジュメ作成、

セミナー中のメモ、目標設定などなど……

右脳と左脳を効果的に使えることで、

ありえない発想や、失いかけていた自信がメキメキ戻ってきました。

 

  • 知ってはいるけど使ったことがない
  • 本で読んだだけで我流になっている
  • 初めて聞いたけど試してみたい

 

大歓迎です。

この機会に、貴方のバイオコンピューターに、

天才の思考術をインストールしませんか?

 

【マインドマップ(R)入門セミナーin仙台】

5月5日(火)

10:00~16:30

受講料

・21,600円(税込)

一度学べば一生使えるテクニックを、実践しながら身につけてください。

詳細をみるならコチラ

>>> http://saito-makoto.jp/mindmapsendai/

ご受講の申し込みはコチラ

>>> https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UEvbGdci

 

齋藤信2015

IAIR™ マネジメント講師
作業療法塾 塾長

カリスマ講師養成クラブ®認定講師
臨床実習アドバイザー™
どM貴公子® 齋藤 信

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

サイトーゼミ 近日開催一覧

詳細は各ページまたは、【新着セミナー情報】をご覧ください。

http://saito-makoto.jp/saitosemi/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。