管理職養成12回コース

OTってなんですか?

OT

皆さん、こんにちは!
IAIR関東の道岡健祐です。

さて唐突ですが、皆さん職場でこんなこと聞かれたことありませんか?

「OTとPTの違いってなに?」
「具体的にOTって何をしているの?」

私も作業療法士なのでこれに近しい内容のことは聞かれたことが多々あります。

そんな時皆さんはどう答えるでしょう?

私の場合

私は、それを聞かれたときまずは定義を元に答えていました。
WFOTの定義では《作業療法とは、作業を通して健康と幸福な生活の推進に関わることである》とされています。
そのため私の場合もそれを元にそれとなーく説明をしていました。

ですが、文字通りとはいえ、自分の中できちんと整理が付けられておらず答えているときもどこか自信がありませんでした。

そんな時こんな言葉を耳にする機会がありました。

「でも私達がやってることって本当に効果あるのかな?」

職場が別のOTから聞いたこの言葉に対して自信を持って答えられませんでした。
確かに要素要素を切り取って言えば、効果はあるといえるでしょう。
ですが、その時の自分は意味のあることを出来ているのか、ちゃんと患者様のためになっているのか分からなくなり、どんどん悩みが深まっていくばかりでした。

そして作業から遠ざかってしまいました。

 

転換となったのは?

いつまでもOTという職業に対して自信を持てず、自分の行っていることが間違ってはいないと言う事ができなかった自分を変えることが出来たのは、こんな文章を読んだからでした。

【作業療法は科学的に立証されている】

この文章を読んでからその内容に俄然興味がわいてきました。
科学的に証明されているなら自分のやっていることに自信を持てるんじゃないか?
ちゃんと自分はOTですと胸をはって言えるんじゃないか?

そして、それについて学んでみることにしました。
学んでみると今まで知らなかったことが多く新鮮で、視界が開けたように感じました!

 

現在の自分は?

私が行っていることを他の人が見れば以前と今とで大差はないのかもしれません。
ですが、今では、作業療法にどんな効果があるのか、今やっていることにどんな意味があるのか、自信を持って答えることが出来ます。
何も分からずやっていた時よりも、今のほうがより患者様に近づけているとも感じます。

 

最後に

OTの皆さん

自分のやっている事に自信が持てず不安に感じてるのであれば、今がそれを変えられるチャンスかもしれません。
明日の自分と患者様のために一歩踏み出してみませんか?

踏み出す

 

 

~脳科学的根拠に基づく作業療法構築講座~
詳細はコチラ→https://iairjapan.jp/events/event/otseminar-tokyo

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

IAIR関東 
作業療法士
道岡 健祐

 
OT

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す