管理職養成12回コース

整形疾患に悩む5年目OTのリハプラン~その8~

肩こり

皆さん、こんにちは!
IAIR関東アシスタントの道岡です。

7月中旬、夏本番ですね!
夏は熱中症が怖い季節です。

こまめな水分補給は必須ですが同時にミネラルの補給もお忘れなく!
あと、皆さんもご存知かとは思いますが屋内でも熱中症のリスクは高いので
十分に気をつけてくださいね!

さて第七回のコラムでは【腸腰筋と大腿四頭筋間のリリース】を活用いたしました。
両筋の癒着をはがし、クリアランスの改善だけでなく下肢の浮腫の改善にも有用でしたね!
今回は新しいアプローチを紹介いたします。

 

今回の患者様の言葉はこちら!

がっくり

 

 

【手が届かなくって困ってるの…】

 

 

橈骨遠位端骨折を呈した方から頂いたこの言葉。

受傷後ギプスをしていたことで手関節だけでなく肘関節、肩関節まで可動域制限が生じており
日常生活動作を行う際に支障をきたすことが多いようでした。

そこで私が使用したのは【橈骨頭の調整】です!

これどんなアプローチなの?と思う方にまずは簡単に説明を!

まず橈骨頭は橈骨輪状靭帯によって位置を保っていますが、様々な要因により、亜脱臼を起こしている場合があります。

すると、橈骨を支えている靭帯が緊張し、その緊張は筋や軟部組織へ伝わり、肩関節や脊柱周囲までも緊張を高めてしまうんですね。

今回のケースで言えば受傷後の不動や骨折による骨自体のずれなどが考えられるでしょうか。

スッキリ

それを調整すると…!

 

 

 

【手が届くようになった!肩もすっきりしたわ!】

 

 

とのお言葉を頂きました!

ちなみに先程説明させていただきましたが、橈骨頭のずれは脊柱にも影響が及んでいる場合があるので改善することで脊柱の可動性の改善にもつながり、リーチ動作も行いやすくなります!

短時間で行えるアプローチなので是非臨床でも使っていただきたいですね!

次回はまた別のアプローチを活用した症例を紹介したいと思います!

それでは!

最期までお読み頂きありがとうございました!

IAIR関東アシスタント
作業療法士
道岡 健祐(みちおか けんすけ)

 

【追伸】

IAIR認定 統合リハビリテーション療法士 B-classライセンス取得コース 受付開始!

2017年5月より、開講しております!

詳しくはこちら
  》》IAIR認定 統合リハビリテーション療法士 B-classライセンス取得コース

 

[IAIR 関東支部フェイスブック] いいね!を押して連載コラムをチェック!
https://www.facebook.com/iairkanto

 
肩こり

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す