管理職養成12回コース

目的を明確に

From:IAIR関東インストラクター 松井真澄

こんにちわ!

IAIR認定インストラクターの松井です!

セラピスト自身の体を考える月曜日

2015年もよろしくおねがいします!

(投稿が空いてしまいましてすいません。。)

 

さて、1月も半分以上過ぎました。

IAIRのメルマガを読んでくれているあなたはセラピスト自身の体がとても重要であることを知っていると思うので

「今年は少し自分の体も変えたいな」と思っているかなと思います。

(そうだったら嬉しいです)

では、そんなあなたにまず考えていただいたいことが一つあります。

 

 

なんの為にやるか

男性 前屈

「治療が上手くなるために」「良いセラピストになるために」

 

もちろん、そうなのですが継続してトレーニングをするためには

もう少し具体的な理由がほしいです。

 

例えば

◯●テクニックの時の姿勢を◻︎◼︎に改善する。とか

◯●関節の可動域を広げたい。とか

で、それをすることでどういうことが起こって、最終的に

 

「治療が上手く」「良いセラピストに」なれるのか

 

また、このような事がより明確になるとトレーニングの質が変わります

 

少し意識してみてくださいね

 

最後までお読みいただきありがとうございます

 

IAIR認定インストラクター

理学療法士、ヨガインストラクター

松井真澄

 

 

 追伸1
また私事ですが、セラピスト向けのボディーワーク勉強会やってます
家に帰るともう鍛錬する気になれない、一人では何していいかわからない方是非!

1/31(土)です!

http://update-seminar.weebly.com/schedule.html

 

追伸2
これも私事ですが、ヨガクラスやってます
一般の方向けに構成してますが、ヨガに興味あるけど
はじめるきっかけがないというセラピストも大歓迎です!
http://www.bodymaintenanceyoga.com

 

 

 

[IAIR 関東支部フェイスブック]いいね!を押して連載コラムをチェック!
https://www.facebook.com/iairkanto

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。