管理職養成12回コース

『踵からついて』だけではうまくいかない理由~歩行時の踵接地の工夫~

皆さんこんにちは。

関東支部の藤田智史です。

 

ヒールコンタクトは歩行時に必要な要素になりますね。

皆さんは臨床にてどのように介入されていますでしょうか?

 

ヒールコンタクト

『踵からついて歩いてください。』

このようなアドバイス・指導をしたことは必ずといっていいほどあるかと思います。

まず、ヒールコンタクトを作るという意識を持ってもらうのは重要なことですが、

ただ、これにはちょっとした落とし穴があることがあります。

 

感覚と認識

その人が踵をついたということは、どのようにして認識するのでしょうか?

・視覚情報で確認する?
・第三者が見て教える?

・・・

踵が地面に接したという感覚情報が脳に送られて、認識しますね。

意識下によってその情報を確認する場合は実際の出来事と
ほんのわずかながらのラグが生じているのです。

踵から脳へは、身体の中で最も離れている部分であり、
わずかな誤差とはいえ

・実際に踵をついたタイミングと
・踵がついたと認識するタイミング

は異なってくることになります。

不随的な制御

 動作中の起こる筋活動は不随意に行われているものがほとんどであり、

踵をついたから、前脛骨筋を大臀筋を働かせて といったことは考えてはいないです。

 

 単純に『踵からついてください』というオーダーで、何度か繰り返すうちに
フィードバックによってうまく調整される方はいいかと思います。

しかし、円滑な歩行を獲得するための踵接地のはずが、

『踵からつく』ということのみが目的となり、円滑さが失われてしまったらもったいないですね。

エクササイズ

 ヒールコンタクトがしっかりできるための要素は足部や足根骨の可動性を始めとして
膝や股関節、骨盤などの多関節による影響が出てきます。

 それらがある程度確保されているということを想定した状態ですが
歩行前練習として行えるエクササイズがあります。

それは、

バランスクッション(他にはスポンジなど)など硬さの違う接地面を用意して
I.C(イニシャルコンタクト)~F.F(フットフラット)までを繰り返して行うというものです。

硬さの違う床面に対して立脚初期を行うことで、協調的な筋活動を練習する目的で行います。

様々な硬さの床面で行うことで、筋活動の制御の幅が広がります。

この時に、セラピストがヒールコンタクトをアシストしてあげたり、
F.F時にわずかな膝屈曲が出るようにアシストしてあげるのもいいかと思います。

場合によっては、Ms.t(ミッドスタンス)やP.S(プレスイングまで)行ってもいいかと思います。

 

注意点:
・バランスが不安定な場合は支持物を使う。
(ただし、上肢に頼りすぎたり体幹アライメントが崩れないように)

・床面に置いたものが滑らないよう工夫する。

・どのような動きを行うか事前に説明し、さらに始めは手でアシストしてあげる。

 

といったことが工夫・注意点になるのではないかと思います。

 

ただ、踵をつけばいいのではなくそれに加えた筋活動や姿勢制御といった側面に
目を向けていく必要があるのではないのでしょうか?

<Rocker function(ロッカーファンクション)について>
http://iairkanto.jp/marche1117/

<おすすめセミナー!>

【動作時に体幹を使えるようになるためのアプローチ⽅法】
開催日 :12月17、18日(土、日)10時~16時
会場  :砂町文化センター 和室 江東区北砂5-1-7
http://www.kcf.or.jp/sunamachi/map.html
詳細はこちらから:https://iairjapan.jp/events/event/core_tokyo201712

【新人が臨床で結果を出すための徒手的アプローチ講習会】
こちらは随時開催されます。
詳しくはこちらから:https://iairjapan.jp/beginer

◆肩疾患に対する骨格テクニックと筋膜テクニックセミナー

効率的にアプローチをするための触診 講習会

 

 

お読みいただきありがとうございました!

IAIR 関東支部
認定インストラクター
藤田 智史

 

[IAIR 関東支部フェイスブック] 

いいね!を押して連載コラムをチェック! 

https://www.facebook.com/iairkanto

 

今月のセミナー予定はこちら
http://iairkanto.jp/calender/

よくあるご質問と回答はこちら
http://iairkanto.jp/faq/

ご質問・リクエストなどはこちらから
http://iairkanto.jp/info/h

 

 

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す