第三回IAIR学術大会10/28.29

体幹のリハビリで見落としがちな、決定的なポイント

ハロー!
 
関東支部インストラクターの吉田頌平です。

さて、皆さんはこんな経験をしたことはありませんか?

 
 
 
 
 
 
 

 

「腰が痛い」と言う患者さんとのリハビリを開始して数週間。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
ストレッチやROMex、モビライゼーション、筋力トレーニング、運動療法。
 
 
 
 
 
 
 
 

いろんな方法を行ってきたけれど、なかなか効果が上がらない…

 
 
 
 
 
 
 
 

さらには、以前は訴えのなかった膝の痛みや大腿後面の痺れを、最近は訴えられている…

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

数多くの文献や資料を参考に、
患者さんのために有効な手段を探し続けているのに、結果が出ない。

これ、ものすごく辛いですよね…

まるで、好きな人のために何でもしてあげてるのに、相手は振り向いてくれないように…

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さらには、先輩療法士が介入した後は、何だか調子が良さそう…
先輩との介入効果を比較されて、患者さんからは日に日に冷ややかな対応を見せられている気がする…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「自分のやってることに、意味はあるの?」

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「自分なんかが、リハビリを担当しない方がいいんじゃ…」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

と、療法士としての自信を失ってしまったら、
臨床に出ること自体が苦しくなりますよね…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

でも、ちょっと待ってください。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

実は、あなたがこれまで行ってきたストレッチやROMex、モビライゼーション、筋力トレーニング、運動療法って、

 

腰痛への介入手段として高いエビデンスのあるものばかりで、

効果が期待できるものばかりなんです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

では、介入後に成果が出ている先輩療法士とあなたで違うものは何なのか…?

それを明らかにするのが、12/17,18に都内で開催される

「 機能的な体幹を獲得するための徒手&促通テクニックセミナー」

です。
DSC_0461
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

これまで90名以上の方々が受講され、

「基本的な知識からその先まで細かく指導していただき、とてもわかりやすかったです。

 当たり前なことも、快く教えていただけたのが嬉しかったです。 」

 「初めて参加させていただいたのですが、1つ1つわからないことを確認したり、自分の技術向上のために  
    学ぶことができてよかったです。
  学ぶ内容も多すぎず、わかりやすかったです。 」

と、確かな成果を感じられている講義です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
シンプルでわかりやすく、実践を通して学べる講義なので、
確実にあなたの臨床現場で即活用することができます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この講義で学んだあなたは、

もう体幹への介入方法と戦略の立て方に迷うことはありません。

患者さんの顔色を気にする必要なありません。

臨床現場に出るのが辛くなることもありません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

しかしながら、先にお伝えしたように

実践を通して確実に学んでもらいたいので、
20名限定で開催させていただきます。

 
 
 
 
 
 

また、本講義は他のセミナーと違い、

今後の開催は未定です。

 

 
 
 
 
 
 
 
今回で最後になるかもしれない、20名限定の本セミナー。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あなたが臨床で活躍してほしい思いを込めまして、
32,184円(29,800円+税)でお受けすることができます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

これまで体幹への介入方法に悩んでいた時間を1日3時間と考えると、
1週間で21時間になります。
週に約1日分、1か月では約3.5日分の休暇を得られることを考えると、
かなりの低価格でのご案内となります。
 
 
 
そのため、20名分の空席はすぐに埋まってしまうことが予想されます。
お早めにお申込みください…
 
 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す