肩疾患の問題解決講座

腰椎圧迫骨折をすると、大腰筋が石灰化する!?

 

ハロー! 

毎週月曜に登場しております、
「体験を創造する」
関東支部インストラクターの
OT・吉田頌平です。

さて、今回のテーマは
「リスク管理」です。

腸腰筋の機能分離をうたう手法は
今やいくつもありますが、

アプローチに伴うリスク管理については
あまり報告されていません。

今回は、
腰椎圧迫骨折をされた方の症例報告から
大腰筋へのリスク管理を考えてみます。

腸腰筋が石灰化した症例報告

腰椎圧迫骨折をされた方の
左大腰筋が骨化性筋炎を引き起こし、

炎症症状を起こしながら一時的に石灰化したという
珍しい症例報告がありました。

経過は以下の通りです。
 X-12日:臀部から転落
 X日:腰痛の訴えあり、第3腰椎圧迫骨折の診断
   画像所見では左大腰筋に浮腫のようなものがみられた。
 X +7日:左大腰筋の腫脹部位に石灰化を確認
 X+2ヶ月:石灰化が消失

石灰化はどうやって起こるの?

骨化性筋炎は、
筋と骨・関節部が隣接する骨膜、関節包にできた血腫に
カルシウムが異常沈着することで
筋組織の中に骨組織が異常形成される病態を指します。

血液が1箇所に凝集し、
固まってしまうようなイメージです。

経過を考えると、転落による外傷によって
血腫が形成されたまま放置していたことが
要因の一つと考えられます。

すなわち、受傷時〜受診するまでの経過を
把握しておくことで
「この患者さんには大腰筋へアプローチしない方がいい」
と判断できたのかもしれません。

また、骨折に伴って出血している場合は
いかに安静を保てるか?
という点も大事なポイントです。

(画像引用元:Anatomy and Physiology )

技術だけ学ぶのは、実はリスキー。

では、受傷時の状況を把握するだけでリスク管理となるのでしょうか?
そうではありません。

例えば、糖尿病などをお持ちで、
血液が凝固しにくい薬物を
日常的に服薬していたら…

大腰筋を誤って横断的にマッサージした結果、
筋繊維を痛めて血腫が発生することも考えられます。

テクニックを活用するということは、
変化に責任を負うということです。
そのためには、
しっかり解剖学的なイメージを把握し、
さらに患者さんがどんな人生を歩んできたのかを知る必要があります。

IAIRでは、患者さんと向き合うための技術と人間性を
育んでいきます。

年明けから早速、プログラムを開講しますので
ぜひチェックしてみてくださいね。

↓↓↓
新人さんが入職される前に、改めて触診を基礎から見直してみませんか?
効率的にアプローチをするための触診 講習会
開催日 :
2018年1月13日(土)10時~16時
会場  :
砂町文化センター第3、4会議室
     (東京都江東区北砂5丁目1−7)
参加費 :
8,640円(税込)〔1日間〕
定 員 :
40名(先着になり次第閉め切らせて頂きます。)
申込方法 : 
こちらよりお申し込みください

年明けから、さらに効果のあるプログラムを患者さんに提供しませんか?
新人が臨床で結果を出すための徒手的アプローチ講習会
開催日 :2018年1月14日(日)10時~16時
会場  :砂町文化センター第3、4会議室
     (東京都江東区北砂5丁目1−7)
参加費 :8,640円(税込)〔1日間〕
定 員 :40名(先着になり次第閉め切らせて頂きます。) 
申込方法 : こちらよりお申し込みください 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

作業療法士
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
認定インストラクター 吉田頌平

*参考文献
1) 東儀英夫、清水輝夫、井上聖啓 他:筋の年齢変化に関する組織科学的定量的研究.臨床神経, 15:P791-797, 1975.
2) Kim SW, et al.Myositis ossificans in psoas muscle after lumbar spine fracture.Spine. 2009.

追伸1:3月から第8期B-class認定講座開始!でも……

毎回IAIRコラムを読んでくださりありがとうございます。
ですが、そろそろ読んでいるだけでは物足りなくありませんか?
僕たち講師陣の思考を疑似体験した後は、是非実際に体験してほしい!
そんな機会を1月からどんどん増やしてみました!
認定講座を決断する前に、実際に体験に来ませんか?
https://iairjapan.jp/kanto-seminarschedule/exp

 

追伸2:第8期・9期B-class認定講座募集開始です!

現在、関東地区では2018年3月開始の第8期2018年9月開始の第9期の募集を開始しております。コース受講だけではなく、単回受講も可能です。
ライフスタイルに合わせて、受講をご検討ください!

既にIAIR体験をしたのなら、今すぐスケジュールをチェック!
今回から単回受講にも対応いたします!
https://iairjapan.jp/kanto-seminarschedule

 

今月のセミナー予定はこちら
http://iairkanto.jp/calender/

よくあるご質問と回答はこちら
http://iairkanto.jp/faq/

ご質問・リクエストなどはこちらから
http://iairkanto.jp/info/

–<<お願い>>———————————————–
【IAIRメルマガ】をお知り合いにご紹介ください。
メールマガジンの購読はもちろん無料。
気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除ができます。
無料メルマガの 登録は こちらから。

http://iairjapan.jp/mailmagazine

================================
メールマガジン【IAIRメルマガ】
発行責任者: 森本 義朗 (社)国際統合リハビリテーション協会
発行者住所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-15-9 シルク恵比寿403
連絡先: http://iairjapan.jp
メールアドレス: info■■iairjapan.jp(■■を@に置き換えてください)
================================

※メルマガ配信 停止手続きについて:
こちらのメールマガジンでは講習会受講者の方への重要な連絡事項をお伝えする手段としても使用いたしております。
コラム等お読みになりたくない内容に関しては出来ればメールを削除する事でご対 応下さい。
配信停止をご希望され る方は以下のURLをクリックして下さい。

http://1lejend.com/stepmail/dela.php?no=xmvmvm&a_mail=###mail###

*重要なお知らせが届かなくなる可能性もあります。ご注意下さい 。
誤って配信停止にしてしまった方は以下のページより再登録出来ます。

https://iairjapan.jp/mailmagazine
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2011 国際統合リハビリテーショ ン協会  Allrights reserved
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す