管理職養成12回コース

ハムストリングスの個別性…?

 

ハロー! 

毎週月曜に登場しております、
「体験を創造する」関東支部インストラクターのOT・吉田頌平です。

さて、今回は
「ハムストリングス」の個別性に着目していきたいと思います。

 

ハムストリングスの機能

ハムストリングスは、主に坐骨結節から起始し
膝の屈筋として働く3つの筋の総称であり、

立位時には
抗重力筋として働くと、言われていますよね。

立位を保持しようと、
ハムストリングスは収縮し、緊張しやすくなります。

そのため、背筋群で身体を支持する傾向にある方だと
よくストレッチを促すところですね。

 

ハムストリングスの個別性とは?

ハムストリングスの機能を
個別に見てみますと、

・大腿二頭筋→下腿を屈し、かつ外側方に捻転する。
・半腱様筋 →下腿を屈し、かつ内側方に捻転する。
       大腿を固定するときは、骨盤を起立させる。
・半膜様筋 →下腿を屈し、かつ内側方に捻転する。

と、微妙に運動方向が違うことがわかります。

では、リハビリの時に
ハムストリングスと総称される
3つの筋の動きを

個別に評価したことはありますか?

やったことがない方は、
ご自身の身体を使って
体験してみましょう!

[ハムストリングスの機能評価]

《やり方》

1. 四つ這いの姿勢から、
 片足を前に出して、かかとを着きます。
   

2. かかとを地面に引っ掛けるように、
 お尻の穴を後ろへ引いていきます。
    

3. かかとから股関節を内旋、外旋させます。
 

4. かかとが中間位・内旋位・外旋位の位置にある時の
  ハムストリングスの伸びている感覚を
  それぞれ比較してみます。

いかがでしたか?

伸びている部分や感触が
かかとを転がすと
ちょっとずつ変わっていったのを
感じられたのではないでしょうか。

体験して頂いたように、
ハムストリングスも個別に機能しています。

座学では当たり前のように思うことですが、
臨床では見逃しやすいところです。

今一歩、立位が安定しない患者さんには

「ハムストリングスが個別に働いているのか?」

という視点でも、触診しながら評価してみてください!

 

P.S.

B-class認定講座第7期の募集開始!

これまで276名の結果が出せるセラピストを輩出してきたこのコース。
新人から、身体アプローチをしてこなかった精神科作業療法士まで、誰でも習得できる、
習得率の非常に高い再現性のある技術集です。

何より、脳科学的エビデンスに基づいた学習法を取り入れているので、
習得翌日の臨床から現場で使えることをお約束します。

IAIR認定講座は学んで終わりにはしません!

今すぐ、お申し込みください! >>> B-classライセンスコース申込

(認)B-class 臨床で結果が出せない原因が分かる リハビリセラピストtune upセミナー
定員 40席(残席20席
TUNE UP申込 https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=22 
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/tuneup/
日時:TUNE UPセミナー 2017年8月19日 10:00~16:00

(認)B-class 評価とアプローチの為の触診”達人のタッチ”
定員 40席(残席20席
触診申込  https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=23
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/touch/
日時:触診セミナー 2017年8月20日 10:00~16:00

(認)B-class リハビリの臨床で結果が出せる 上肢の評価とアプローチ
定員 40席(残席20席
上肢申込  https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=20
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/upperlimbs/
日時:上肢1 2017年9月10日 9:30~16:30
   上肢2 2017年10月7日 10:00~16:00

(認)B-class リハビリの臨床で結果が出せる 下肢の評価とアプローチ
定員 40席(残席20席
下肢申込 https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=21
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/lowerlimbs/
日時:下肢1 2017年10月8日 9:30~16:30
   下肢2 2017年11月11日 10:00~16:00

B-class検定試験
検定申込 https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=48
詳細ページ http://irajapan.jp/basic12finished/
日時:東京B1・2検定 1日目 2017年12月9日 10:00~16:00
            2日目 2017年12月10日 10:00~16:00

 

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

作業療法士
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
認定インストラクター 吉田頌平

–<<お願い>>———————————————–
【IAIRメルマガ】をお知り合いにご紹介ください。
メールマガジンの購読はもちろん無料。
気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除ができます。
無料メルマガの 登録は こちらから。

http://iairjapan.jp/mailmagazine

================================
メールマガジン【IAIRメルマガ】
発行責任者: 森本 義朗 (社)国際統合リハビリテーション協会
発行者住所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-15-9 シルク恵比寿403
連絡先: http://iairjapan.jp
メールアドレス: info■■iairjapan.jp(■■を@に置き換えてください)
================================

※メルマガ配信 停止手続きについて:
こちらのメールマガジンでは講習会受講者の方への重要な連絡事項をお伝えする手段としても使用いたしております。
コラム等お読みになりたくない内容に関しては出来ればメールを削除する事でご対 応下さい。
配信停止をご希望され る方は以下のURLをクリックして下さい。

http://1lejend.com/stepmail/dela.php?no=xmvmvm&a_mail=###mail###

*重要なお知らせが届かなくなる可能性もあります。ご注意下さい 。
誤って配信停止にしてしまった方は以下のページより再登録出来ます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2011 国際統合リハビリテーショ ン協会  Allrights reserved
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す