管理職養成12回コース

股関節の運動制限因子って…??

「股関節をうまく使えていない

「何が原因なんだろう?」

うまく考察が広がらないとき、どうしてますか?

 

ハロー! 

「体験を創造する」関東支部インストラクターのOT・吉田頌平です。

 

 

 

さて、冒頭に挙げました

「股関節」への介入にまつわる悩み。

 

 

球状の大腿骨頭と臼状の腸骨との寛骨の組み合わせで構成される、股関節。

多くの筋や靭帯によって支持されており、

そのため制限因子も多岐に渡ります。

 

股関節の関節可動域を制限する因子の一例としては、

下記のようなものがあります。

 

 

筋性(筋の伸長性低下または短縮)

       それぞれ相反する作用を持つ関係にある

    ・大腿二頭筋-大腿直筋

       ・大腿筋膜張筋-大臀筋

    ・中臀筋-股関節内転筋群

    ・外旋6筋-小臀筋

  これらの協調性が失われると、

  関節をうまく動かすことが困難となります。

  また、短縮した筋に圧迫されて大腿骨頭が偏移すると、

  軟部組織性、骨性制限因子を誘発します。

 

軟部組織性(靭帯、関節包などの伸長性低下または短縮、弾力の喪失)

       大腿骨頭靭帯、関節包など

 

 

骨性(関節面の不適合

       骨盤-大腿骨のマルアライメント

 

 

これだけでも多く感じますが、

まだまだ多くの組織が股関節には存在しているので

それを一つ一つ検証するのは、なかなか大変ですよね…

 

 

 

 

そんな時は、

一度に全ての要素を考えるよりも、

「どれか1つだけ」ポイントを絞って介入してみましょう。

 

たった1点に絞って、

「股関節の動き」を詳しく見るだけで、

意外といろんな発見が出てきたり、

視野が広くなって

考察が深まってきますよ!

(私も、臨床で悩んだ時は、こうしてます。)

 

そして、

たった一点、ポイントを絞って具体的に掘り下げて考えられると、

不思議と患者さん全体が見えてきやすくなりますよ。

 

 

ぜひ、お試しください^^

 

P.S.

 

もし、股関節への介入方法にお悩みでしたら、
下記をご参照ください。

・5/13 「ROMexが効果的に行えるアプローチ講習会」
会場:板橋区立グリーンホール 504会議室

詳細はこちら

申し込みはこちら

・5/14 「骨盤の評価と治療1・2 – IAIR B-class therapist ライセンスコース認定講座」
会場:板橋区立グリーンホール 504会議室

詳細はこちら 

 

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

作業療法士
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
認定インストラクター 吉田頌平

–<<お願い>>———————————————–
【IAIRメルマガ】をお知り合いにご紹介ください。
メールマガジンの購読はもちろん無料。
気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除ができます。
無料メルマガの 登録は こちらから。

http://iairjapan.jp/mailmagazine

================================
メールマガジン【IAIRメルマガ】
発行責任者: 森本 義朗 (社)国際統合リハビリテーション協会
発行者住所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-15-9 シルク恵比寿403
連絡先: http://iairjapan.jp
メールアドレス: info■■iairjapan.jp(■■を@に置き換えてください)
================================

※メルマガ配信 停止手続きについて:
こちらのメールマガジンでは講習会受講者の方への重要な連絡事項をお伝えする手段としても使用いたしております。
コラム等お読みになりたくない内容に関しては出来ればメールを削除する事でご対 応下さい。
配信停止をご希望され る方は以下のURLをクリックして下さい。

http://1lejend.com/stepmail/dela.php?no=xmvmvm&a_mail=###mail###

*重要なお知らせが届かなくなる可能性もあります。ご注意下さい 。
誤って配信停止にしてしまった方は以下のページより再登録出来ます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2011 国際統合リハビリテーショ ン協会  Allrights reserved
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す