管理職養成12回コース

触れない時の2つのチェックポイント、ご存知ですか?

ハロー!

 

 

先日、初めて「吹きガラス工作」に挑戦した
関東支部インストラクターの吉田頌平です。

 

 

ガラス細工を、体験されたことありますか?

鉄の管の先に熱されて液体状になったガラスを
すくい取って、
フーッと息を吹き込んでガラスを風船のように膨らませていく過程があったのですが、
この力加減がなかなか難しかったです…

「このくらいの強さで膨らむのかな?」

 


「え?これくらいの吹き加減で、
          割れちゃうの?」

 

なんて感じるほど、繊細な息遣いが求められるんです。

 

今回はお皿を作る予定だったので、
底に当たる部分に木の板を押し当てて、
ちゃんと机におけるように
平にする作業がありました。

あまり強く押し付けてしまうと
せっかく膨らませたガラス玉が
潰れてしまいますし、
逆に弱すぎると成形になりません。

 

「このくらいの強さでいいのかな…?」

 

と思うくらいに、柔らかく、かつしっかりと触る必要がありました。

 

 

 

この時ふと、以前

IAIRのインストラクターの皆様に教わった言葉が

蘇ってきました。

 

 

 

***************************************************************************************************************************************************

臨床で骨や筋を触り分ける時も、

「触りたいものを
具体的に
イメージしながら、
柔らかく触れること」

が重要ですよ!

 

***************************************************************************************************************************************************

 

過去、IAIRで口すっぱく教えてもらったことが
まさか吹きガラス細工に活きるとは思いませんでした…

触り方って、大切です。

柔らかく触っているか

触りたいもののイメージがハッキリしているか

この2つを意識してみると、

不思議と、
同じ技術を活用していても効果が変わってきます。
また、「触診」の文字が表すように、
触って評価する場合にも精度がぐんと高まります。

もし、臨床でのアプローチがうまくいってないんじゃないか…?
と不安になった時は、
一度、患者さんの身体の触り方を見直してみてくださいね!

P.S.

IAIRでは、
変化する体験と、確かな実践を通して、
技術習得はもちろんのこと、
療法士として、人として成長して頂くためにサポートして参ります。

まずは、IAIRを体験してみませんか?

【OTのOTによるOTのためにセミナー】
開催日時:4月15・16日(土・日) 各日10:00-16:00

会場:砂町文化センター和室 (東京都江東区北砂5-1-7)
詳細はこちら
http://iairkanto.jp/seminars/otseminar/

OTだから悩むこと…
結構、ありますよね…

OTさん限定セミナーだからこそ、
いろんなことが解決できますよ!

【IAIR関東支部学会〔春の陣〕】
開催日時:2017年4月29日(土) 13時〜17時 ワークショップ祭、17時〜20時 懇親会
     2017年4月30日(日) 10時〜16時 学会本大会

会 場:板橋区グリーンホール
詳細はこちら
https://www.facebook.com/events/547074962166258/

「IAIRで習得できるテクニックって、どんなもんなんだろう?」
4/29に、インストラクターによる施術体験コーナーもありますよ!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

IAIR関東支部

IAIR 認定インストラクター

作業療法士

睡眠改善インストラクター

吉田頌平

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す