IAIR関東学会【春の陣】4/29.30

クイズ!それって。〇〇が影響してるかも?〔実践編 1〕

ハロー!

 

さて、今回から3週にわたって

 

2種類ある体幹へのアプローチ法を組み合わると、
どのような方に効果があるのかを
解説と実践を交えてお伝えしてまいります。

 

 

今回は、

 

1.長時間立っていると、腰や股関節の周りが痛くなる方
2.腰が痛くて辛いと訴えられる、円背の方

 

に対して特に有効な内容となっております。

 

 

ぜひ、ご覧ください…

 

いかがでしたでしょうか?

 

例えば、普段ベッドで臥床している時間が長くて腰が痛い方がいらっしゃって
トイレに行きたくても、腰が痛いから仕方なくベッドの上でオムツを履いて我慢しておられる場合を考えてみましょう。

 

もし、大腰筋の動きが良くなったことで腰痛が解消され、体幹の前屈動作がスムーズになれば、

 

股関節屈曲動作がスムーズになり、

寝返り動作、on elbowでの起き上がり動作時、立ち上がり動作の介助量は軽減します。

 

そうなれば、「今日は、トイレへ行こうかな?」っと、患者さんは、やる気が起きてくるかもしれません。

 

短時間で、小さなきっかけを作ることができるだけで、

患者さんや利用者さんは、とっても楽に動けるようになるって、ステキですよね^^

 

詳しいアプローチ方法が気になる方は、こちらをご覧ください。

》》》https://iair-member.jp/kantou/html/products/detail/47

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

IAIR関東支部 インストラクター
吉田頌平

 

 
[IAIR 関東支部フェイスブック]

いいね!を押して連載コラムをチェック!

https://www.facebook.com/iairkanto

IAIR公式メルマガを購読してみませんか?

  • 各執筆者のコラム
  • 最新セミナー情報
  • 先行インサイダー情報
  • 格安DVD割引情報

などが配信されます。

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す