第三回IAIR学術大会10/28.29

知ってるつもり?PTとOTの考え方の違い - 自宅で再び炊事がしたい方を例に –

ハロー!

さて、OT吉田がお届けする今回のコラムは、

「もともと歩行に不安のありつつも、
自宅内では旦那さんのために食事を作っておられた最中に
マットにつまずいて転んでケガをされた
橈骨遠位端骨折で入院された方を例に

自宅で再び炊事ができるようになりたいこの患者さんに
あなたはどのような方針で、プログラムを考えていきますか?」
 
というものです。
 
 
 
 
 
 
PTの目線で考えると…
 「そもそも転倒して受傷しているのだから、転倒しにくい身体にしていく必要があるよね。」
  では、
 「股関節の屈曲動作を安定して行えているか」
 「体幹の安定性は?」
 「足関節背屈はしっかりできるのか?」
 「歩行動作はどうだろう?」
 
と、一つ一つの機能に着目し、
歩行動作や立位安定性の改善を図ることが多いでしょう。

OTの目線で考えると…

 「マットでつまずいて転んだのなら、マットがない方がいいのでは?」
 「複数の物事を同時に行うのが苦手で、注意が散漫になっていたかな?」
 「支えになるものが近くにあれば、転びにくいのでは?」
 
と、周辺環境や脳機能面から
作業を行う場面を具体的に掘り下げて考えることが多いのではないでしょうか。

どちらも、非常に有効で、大切な視点です。

 
 
個人の考え方の好みにもよりますが、
違う考えを持つこと、
職種間の考えの違いを知っておくことも重要です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回は、PTの目線で
 
 「股関節の屈曲動作を安定して行えているか」
 「体幹の安定性は?」

と、体幹と股関節に着目した場合を考えてみます。

 
股関節は、体幹が安定している状態があって安定した屈曲動作が行えますので
体幹を安定させることが重要となります。
股関節に最も近い、体幹の部位はどこだろう?
と考えてみますと、
股関節を構成している「寛骨」が最も近いですね。

ということで、まずはこの「寛骨」を安定させる介入方法を考えてみましょう。

 
骨盤画像
 
 
寛骨を安定させるには、
腸骨稜に付着する
「腹横筋」
 
寛骨下部に位置する、坐骨に付着する
「骨盤底筋群」
の2つがしっかりと働くことが重要です。

ここで注意したいのが、

寛骨を安定させるには
これらの筋を
 
・「鍛える」方がいいのか
・「使いやすくする」方がいいのか
どちらの方針で進めるのか、という点です。

もし、腹横筋・骨盤底筋群が機能しづらい理由が、

筋が硬く収縮しにくい状態だったとしたら…
 
坐骨のアライメントが崩れていることだったとしたら…
 
使い方がわからないためだったとしたら…
「鍛える」方針で進めていては、
なかなか効果は出ないでしょう。

筋肉を機能しやすい状態にするためには、

機能しづらい部分を修正するだけでもいい場合があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
そこで、まずは
「座った状態で坐骨結節が座面に当たっているのかを探す」
ことを、患者さんに勧めてみてください。
 
family-1413309_1920

探している間、もぞもぞ動いていることが寛骨の動きを促し、

腹横筋の収縮を促します。
また、坐骨結節にかかる圧を均等にすることは
坐骨の位置が安定し、骨盤底筋群が働きやすい環境に調整することにつながります。

ぜひ、お試しください。

 
 
 
 
 
もし、自分に「介入したぞ!!」という手応えが欲しいと思う方、

「もっと具体的なアプローチを知りたい!」という方は、
こちらをお勧めします。

【機能的な体幹を獲得するための徒手&促通テクニックセミナー】

開催日時 2016年12月17・18日(土・日) 両日10:00~16:00

会場:砂町文化センター 和室

(〒136-0073 東京都江東区北砂5-1-7)

「疲れるので、やりたくないです。」

体幹機能を改善しようと取り組んでもらったプログラムに対して、
患者さんからこう言われたことはありませんか…?

機能的な体幹を獲得するためには、「足し算」と「引き算」のアプローチを組み合わせることが重要です。

効果を上げられる考え方と方法を学んでみませんか?

詳細はこちら…
   》》》http://iairkanto.jp/iaircore/

 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 
 
 P.S.
歩行に対する具体的なアプローチを学びたい!という方には、こちらをお勧めします。

【臨床3年目までに知っておきたい歩行分析とアプローチ法】

開催日時 2016年10月15・16日(土・日) 両日10:00~16:00

会場:砂町文化センター 和室

(〒136-0073 東京都江東区北砂5-1-7)

「歩行って、どこ見てる??」

先輩に聞かれて答えられなかった新人さん、いませんか…?

PT、OTの方々なら必ずつまづく歩行分析から歩行へのアプローチ方法を、

2日間で学んでみませんか?

詳細はこちら…
   》》》http://iairkanto.jp/semiother/iairgate/

 
「OTの視点が、そもそもよくわからなくなってきました…」という方には、こちらをお勧めします。
 
 【OTのOTによるOTのためにセミナー】
開催日時 2016年11月5、6日(土・日) 両日10:00〜16:00
会場:東京メディカルスポーツ専門学校
(〒134-0088 東京都江戸川区西葛西3−1−16)
「OTって、何を根拠にやってんの?」
こう言われたことありませんか…?
根拠のあるOTを実践していきたい方にオススメです!
詳細はこちら…
 》》》http://iairkanto.jp/seminars/otseminar/

 

 

IAIR公式メルマガを購読してみませんか?

  • 各執筆者のコラム
  • 最新セミナー情報
  • 先行インサイダー情報
  • 格安DVD割引情報

などが配信されます。

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す