IAIR関東学会【春の陣】4/29.30

「家事をしてると、膝が痛くなるんです…」

 

ハロー!
 
さて、家事をずっと立って行っていた時に膝が痛くなる理由について考えていただけたでしょうか?
 
 
 
 
一つ考えられるのは、
大腿四頭筋をうまく活用できていないことだと思います。
 
 
膝伸展位で膝へ荷重する際、膝蓋骨を支点に大腿四頭筋がしっかり収縮してくれればいいのですが、
 
 
何らかの事情で大腿四頭筋が収縮できない状態にあれば、
まず大腿二頭筋を収縮させ膝を反張して機能を代償すると思います。
 
 
膝が反張していると、膝蓋骨が支点として機能しなくなるため
どうしても大腿骨と脛骨で支持しやすくなります。
 
こうなると、大腿骨と脛骨の間に大きな荷重ストレスが加わって膝が硬くなり、
いざ動こうとすると痛くなることが考えられます。
 
 
なので、
まずは膝蓋骨の働きを取り戻しつつ
硬くなった大腿骨-脛骨間の動きを改善していくことが求められます。
 
 
 
反張膝は膝だけでなく、骨盤や腰椎、足関節にまで影響しているので
一連の代償の連鎖を食い止めるには
これらも同時に治療していく必要があります。
 
 
では、どのようにプログラムを考えればいいのか…
 
 
参考になる記事がコチラにありますので、
気になる方は読んでみてください。
     》》》http://iairkanto.jp/seminarsninteiknee/
 
膝にかかる負担の正体が見えてきますよ。
 
  
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
関東支部インストラクター 吉田頌平
[IAIR 関東支部フェイスブック]

いいね!を押して連載コラムをチェック!

https://www.facebook.com/iairkanto

IAIR公式メルマガを購読してみませんか?

  • 各執筆者のコラム
  • 最新セミナー情報
  • 先行インサイダー情報
  • 格安DVD割引情報

などが配信されます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す