管理職養成12回コース

Title:「これを知ってたら良かった!入職した今だからこそ知っておきたい、新人さんが陥りやすい3つのワナ-その3-」

ハロー!
 
さて、最後の3つ目のワナについてお話しする前に、
皆さんに過去の甘酸っぱい体験を思い出していただきましょう。
 
 
皆さん、実習中のことを思い出してください。
 
 
バイザーに、
「患者さんに恋をしなさい」
「四六時中、ケースの人のことを考えていられるくらいに片思いしなさい」
 
と言われたこと、ありませんか?
 
 
 
これは、相手のことをよく理解しなさいという意味でよく言われていますが、
 
でも、ちょっと待ってください。
 
 
 
患者さんを恋愛対象として見ている人に置き換えてもらって考えてみてください。
 
もしこの状態であなたが好きな人に告白したら、
果たしてうまくいくでしょうか??
 
 
 
できる限り情報収集(=評価)をし、
その人のことをたくさん知ったら
 
次は告白(=プログラム開始)でいいんでしょうか??
 
 
 
…正直なところ、
ちょっと重たくないですか??
 
 
 
だって、患者さん(=お相手)は、
あなたの考えてることを
何一つ知らないんですよ?
 
 
せめて、
あなたがどんな人なのかを話して
どこかで共感してもらってから
告白される方が
 
患者さん(=お相手)も
受け入れやすいはずです。
 
 
好きな人だからこそ、
優しく接してあげたいですよね。
 
 
 
 
何か新しいことを始める時ほど、
自分のことについて話すことが大切ってことです。
 
 
 
 
まとめます。
 
 
 
 
入職した今だからこそ知っておきたい、新人さんが陥りやすい最後のワナとは、
 
 
 
 
 
「自分の考えを押し付けて、ゴリゴリ推し進めようとすること」です。
 
 
 
 
患者さんも、セラピストのことをよーく見てますよ。
「あの人はいいけど、その人は嫌!」
なんてお話を
待合室や入院されている部屋でされてること、よくありますからね。
 
 
 
 
患者さん(=意中のお相手)とのコミュニケーションは大切にしましょう!
 
 
 
 
P.S.
相手に何かを説明するときに特に重要なのは、
「伝え方」です。
 
 
患者さんがよく分からない、よく理解できない様子であれば、
それもまた「あなたの意見を押し付けようとしている」だけにすぎません。
 
 
もしかしたら、
説明している内容について
あなた自身もまだよくわかっていないのかもしれませんよ。
 
 
 
 
P.P.S.
膝へのリハビリ、どうしてますか?
 
「とりあえず、ネットに載ってた方法で乗り切ってる」
「説明できるほど、技術がないから誤魔化してる…」
「どうやって介入したらいいか実はよく分からない…」
 
と悩んでおられる新人療法士の方へ。
 
 
私たちでよければ、その悩みを打ち明けてみませんか?
 
 
【膝疾患に対する骨格テクニックと筋膜テクニックセミナー】
http://iairkanto.jp/seminarsninteiknee/
 2016年6月18日(土)10:00-16:00
場所:東京メディカルスポーツ専門学校
  (東京都江戸川区西葛西3-1-16)
 
 
PT・OT関係なく、膝への介入方法のベースを学ぶことができます。
患者さんに、効率的で効果的なリハビリを提供したいと思っているセラピストの皆さんにオススメいたします。
 
 
  
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
関東支部インストラクター 吉田頌平
[IAIR 関東支部フェイスブック]

いいね!を押して連載コラムをチェック!

https://www.facebook.com/iairkanto

IAIR公式メルマガを購読してみませんか?

  • 各執筆者のコラム
  • 最新セミナー情報
  • 先行インサイダー情報
  • 格安DVD割引情報

などが配信されます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 
 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す