第三回IAIR学術大会10/28.29

「これを知ってたら良かった!入職した今だからこそ知っておきたい、新人さんが陥りやすい3つのワナ-その1-」

 
ハロー!
 
さて、まずは1つ目です。
 
 
 
「ひとりの患者さんに、熱を入れ込みすぎること」
 
 
私には、こんな体験があります。
 
 
入職したばかりの頃、
与えられる仕事を完璧にこなそう!と
ついついいつもよりも気合を入れて
頑張ろうとしていました。
 
 
それは、患者さんに対しても同じで、
 
「オレが!
 
 
この人を!
 
 
良くしてやるんだぁぁぁ!」
 
 
 
と、闘志メラメラで臨んでいました。
 
 
しかし、入れ込みすぎると
かえってうまくいかないことが多いです。
 
 
これ、ホントです。
 
 
 
 
実習で初めて患者さんを担当したとき、
 
あなたは
 
5分以内に
 
ちゃんとランドマークと軸を見つけて、
 
関節可動域を測ることはできましたか?
 
 
 
私は、できませんでした。
 
いや、そもそも
 
なんの評価をしたのかすら
 
私は覚えていません。
 
 
 
恥ずかしながら…
 
 
 
その原因は、
 
「絶対に、この人をこの1回で良くしてやるぞ!!」
 
 
と入れ込みすぎて、周りが見えなくなっていたためだと
今になれば分かります。
 
 
 
 
 
患者さんへの情熱は大切です。
 
 
 
ですが、それを前面に出すと、
周りがみえなくなってしまって
本来のあなたの力が出せなくなるのです。
 
 
 
・うまくいかないなぁ
・なんか空回ってる…
・なにが問題なのかわからなくなってきた…
 
 
もし、こんな悩みを持たれた時は、
 
たとえ締め切りに追われていたとしても
 
ほんのすこしの時間でいいので
 
考えることを止めて
 
休憩することをお勧めします。
 
 
知らない間に、あなたは頑張りすぎているのかもしれませんよ。
 
 
 
P.S.
仕事中でも、私は休む時間を大切にしています。
 
休む時間を捻出するヒケツは、
「作業一つ一つにかける時間を決めること」です。
 
ほんの少しだけ急げば作業を完了できるくらいの時間に設定することがポイントですよ^^
 
 
 
P.P.S.
どうしても肩に対する具体的なアプローチを知りたい方にオススメです。
【肩疾患に対する骨格テクニックと筋膜テクニックセミナー】
 2016年5月21日(土) 
場所:成増アクトホール(東京都板橋区成増3丁目11−3)
 
 
技術を習得できるだけでなく、
肩関節の動きを容易にイメージできるようになり、
さらに肩に対する治療戦略の考え方が広がることを保証します。
 
  
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
関東支部インストラクター 吉田頌平
[IAIR 関東支部フェイスブック]

いいね!を押して連載コラムをチェック!

https://www.facebook.com/iairkanto

IAIR公式メルマガを購読してみませんか?

  • 各執筆者のコラム
  • 最新セミナー情報
  • 先行インサイダー情報
  • 格安DVD割引情報

などが配信されます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す