管理職養成12回コース

毎日楽しんでますか?

皆さんはじめまして。

アシスタントしている脱サラOTの加藤です。

さて、皆さんにお聞きします。

皆さんのプライベートは充実していますか?

私はしていますが、皆さんの中にこんな人はいませんか?

・ 仕事後、疲れ、腰痛もひどく何もする気がない
・ 毎日、朝から疲れて仕事に集中できない
・ 仕事で疲れてしまい、休日も腰痛があり外出がおっくうで寝て過ごす
・ 疲労がひどく、仕事はするしかない、でも他はする気がなく日々職場と自宅の往復だけ

どうですか?
人生あんまし楽しくなさそう・・・
こんな身体が悪いセラピストの言葉って患者さんに響きません・・・

患者さんにも、腰痛予防をお伝えしても

「それをして先生は良くなったの?
 先生の方が辛そうね、大丈夫?」

と逆に心配され、何も言えなくなってしまう状態・・・

実はこれ全部、昔の私です(笑)

こんな私がどうやって転換できたのか?

それは、自分の身体の使い方を知ったからです。
自分の身体の特性を知ってのセルフメンテナンスをしていると

・ 仕事後でも疲れていないから元気に過ごせる
・ 疲れもなく、仕事に集中し短時間で終わらせられる
・ 休日も自分の好きなことができ、リフレッシュ

と、いいことだらけ。

 

あなたはどうですか?

自分の身体の使い方を真剣に考えたことはありましたか?

 

実は、こんな風に自分の身体の特性を知り、身体の使いかたを知る機会があります。

それはIAIR認定講座のtune upです。
関東は8/9に開催します。

一体どんなことをするのか?

こちらをご覧ください。
http://iairjapan.jp/tuneup/

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

IAIR関東支部 アシスタント
作業療法士 加藤淳

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

作業療法士免許を取得後、約5年間介護老人保健施設にて通所・入所のリハビリを従事する。その中で、機能回復ではなく『残存機能をより生活に中で使える能力に落とし込む』をテーマに維持期のリハビリテーションを実施し、多くの利用者様・ご家族様から支持される。
現在は臨床現場を離れ、療法士が自信を持って元気に働けば、世の中はよりよくなる!の信念のもと、都内にて療法士に向けてのお悩み相談室を開催し、多くの療法士から支持を得ている。