【PT限定】歩行時に必要な体幹機能の評価とアプローチ法

【IAIR関東事務局】1月13、14日のセミナーに参加予定の皆様へ

砂町文化センター

〜IAIR関東セミナー事務局からのご連絡〜

1月13、14日のセミナーに参加予定の皆様へ

新年初のセミナーは、A-classと体験講座を同時開催!

既に何度か申込をされた時のメールアドレスに詳細の連絡をしております。

明日金曜日のお昼には最終案内をいたしますが、先に配信させていただいたメールを、あらかじめご確認をお願いいたします。

会場情報

  • 1月13日(土)センタリング 砂町文化センター第1会議室
            新人触診 砂町文化センター第3会議室
  • 1月14日(日)頭蓋仙骨メカニズム 砂町文化センター和室
            新人 砂町文化センター第3・4会議室
  • 会場住所:東京都江東区北砂5-1-7
    https://www.kcf.or.jp/sunamachi/access/
砂町文化センター

受付について

受付は各講義9:40からです。
お時間に間に合うよういらっしゃってください。

 

講義資料について

講義資料や予習資料などもメールで送っております。
あらかじめダウンロードし、講義当日に出てくる筋や骨格の解剖をチェックしてご参加ください。

 

メールが届かない場合は……

もし、メールが届かない! 届いてない!
ということがございましたら、
以下のサイト
http://m-wake.com
で配信設定をした後、カスタマーまでご一報ください。

 

では、当日お会いできることを楽しみにしております。
よろしくお願いいたします。

IAIR関東情報
IAIR関東セミナー事務局

第8・9期認定講座募集開始!

IAIRでは、療法士の皆さんが、患者さんのためにより結果が出せるよう全力でサポートします。
その手段の一つとして、IAIR認定講座があります。

詳細はコチラ

IAIR認定 統合リハビリテーション療法士 ライセンス取得コース概要

単回受講をされる方はこちら!

リハビリの臨床で確実な結果が出せる 骨盤アプローチ1・2
日程:2018年 3月25日(日)・4月21日(土)
会場:東京都内で調整中
 >>> 申込みはコチラ

リハビリの臨床で確実な結果が出せる 脊柱アプローチ1・2
日程:2018年4月22日(日)・5月26日(土)
会場:東京都内で調整中
 >>> 申込みはコチラ

臨床で結果が出せない原因が分かる リハビリセラピストTUNE UPセミナー
日程:2018年5月27日(日)
会場:東京都内で調整中
 >>> 申込みはコチラ

評価と調整の為の触診”達人のタッチ”
日程:2018年6月23日(土)
会場:東京都内で調整中
 >>> 申込みはコチラ

頸部体幹調整の為の筋膜、軟部組織アプローチ1・2
日程:2018年6月24日(日)・7月28日(土)
会場:東京都内で調整中
 >>> 申込みはコチラ

リハビリの臨床で結果が出せる 上肢アプローチ1・2
日程:2018年7月29日(日)・8月25日(土)
会場:東京都内で調整中
 >>> 申込みはコチラ

リハビリの臨床で結果が出せる 下肢アプローチ1・2
日程:2018年8月26日(日)・9月22日(土)
会場:東京都内で調整中
 >>> 申込みはコチラ

B-class Therapist 検定対策
日程:2018年9月23日(日)
会場:東京都内で調整中
 >>> 申込みはコチラ

B-class Therapist 検定
日程:2018年10月27日-28日(土日)
会場:東京都内で調整中
 >>> 申込みはコチラ

会場でお会いできる事を楽しみにしております!

 

砂町文化センター

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。