認定講座8・9期開講決定!募集開始!

IAIR関東情報

From:IAIR関東地区代表 齋藤 信

iair関東情報

いつも大変お世話になっております。
IAIR 関東地区代表 齋藤です。
今週の関東地区 会員専用メルマガをお届けします。

━━━━━━━━━━
【1】イントラメッセージ
【2】B-class8&9期講義情報
【3】今週の関東コラム
━━━━━━━━━━

PR:肩のリハビリに自信がないならこの講義がオススメ!

━━━━━━━━━━
【1】イントラメッセージ
━━━━━━━━━━

『悩んだり迷ったりしたときはどうしますか? 』

 

いつもありがとうございます。
IAIR関東地区の藤田です。
今週の関東支部会員専用メルマガをお届けします。

 

年が明けて10日ほどたちますがいかかでしょうか?
新しい年となり、経験を得ることで対応できることも増えてきますね。
 

ただ、臨床を続けていくうちになかなかうまくいかないケースや、
何をするべきか迷ってしまうケースが出てくることもあるかと思います。

そんな時はどうしてますでしょうか?

  • Dr.や上司、同僚に相談する。
  • 参考書・文献を読む。
  • セミナーに参加する  etc
     

こんな方法もありますが、悩んだり、迷ったりしたときは

今までの情報を一度忘れて、もう一度主訴やNeedを聞いてみたり、
評価を再度してみるというのも手かと思います。
 

よくよく話を聞いてみると、初めに訴えていた主訴は解決していて、
別の問題が主訴となっていたりなど相手の状態そのものが変化していたり、

身体評価で思わぬところに問題を見つけたなど解決の糸口になることも
割と出てきます。
 

うまくいかなかったり、悩んだりしたときは、

一度いままでの情報を忘れて初めてあった人を評価するくらいの気持ちで
取り組んでみるのもいいかもしれませんよ。

藤田

━━━━━━━━━━
【2】B-class8&9期講義情報
━━━━━━━━━━

とうとう2018年B-classコースの日程が公開されました!

2018年は、全国的には9月から開催なのですが……

関東では受講される方が多いため、
2期開催をすることとなりました!

関東在住の皆さん、ラッキーですね!

療法士は資格取得後、いきなり現場に放り出されます。
しかし、現場で十分な教育をしてもらえることは稀で、
ほとんどが自分で学び続けなければなりません。

ですが、自力で学び続けるには、限界があります。

独りよがりになったり、出来ているのかわからず不安になったり……

どこかで他人の手や目を借りなければなりません。

 

IAIRはその為にいます。

あなたが患者さんの為に現場で結果が出せるよう、
お手伝いする為にいます。

まずは3月開始の認定講座から、
一緒に患者さんの為に技術を高めていきましょう!

結果、技術以上のものを手に入れられることをお約束します!

齋藤

◆B-classの詳細はこちら >>> http://iairkanto.jp/seminars/

◆日程を確認して申込む >>> https://iairjapan.jp/kanto-seminarschedule

━━━━━━━━━━
【3】今週の関東コラム
━━━━━━━━━━

◆ 謹賀新年!新年のご挨拶
  >>> http://iairkanto.jp/20180101-2/

◆ 起居動作と胸郭ー呼吸
  >>> http://iairkanto.jp/retourner2018-1-2/

◆ 人工膝関節置換術と活動・参加
  >>> http://iairkanto.jp/ky20180108/

◆ 精神科作業療法士がOT中に思考する3つのポイント
  >>> https://iairjapan.jp/archives/12820

 

 

今月のセミナー予定はこちら
https://iairjapan.jp/kanto-seminarschedule

よくあるご質問と回答はこちら
http://iairkanto.jp/faq/

ご質問・リクエストなどはこちらから
http://iairkanto.jp/info/

メルマガが届かない時の対処法はこちら
迷惑メール対策サイト

 

 
IAIR関東情報

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。