管理職養成12回コース

IAIRメルマガ配信方法を大幅変更!【IAIR関東情報】4月号(その4)

IAIR関東情報

From:IAIR 副会長/理事 齋藤 信

iair関東情報

いつも大変お世話になっております。
IAIR 関東地区代表 齋藤です。
今週の関東地区 会員専用メルマガをお届けします。

━━━━━━━━━━
【1】イントラメッセージ
【2】ピックアップ講義情報
【3】今週の関東コラム
━━━━━━━━━━

PR:結果が出せずに悩む新人さんをご紹介ください。

━━━━━━━━━━
【1】イントラメッセージ
━━━━━━━━━━

みなさん、こんにちは。
副会長の齋藤です。

今週から、IAIRメルマガの配信方法が変わりました。

コラムなどメルマガ配信回数が多い!
との声もあり、少しばかりスッキリさせることにしました。

そう、関東は水曜日のお昼
一週間分のコラムの一覧を
お届けいたします。

これまでメールから
読みたい記事に移動していた方
ゴメンなさい!

Facebookページや、
IAIR関東のHPにて
直接チェックをお願いしますね。

 

っと、さてさて、春の陣がとうとう今週末です。

全力でおもてなしします!

まだ枠はありますので、
今からでも参加表明してくださいね!

>>> http://iairkanto.jp/post_lp/kc2017haru/

齋藤

━━━━━━━━━━
【2】ピックアップ講義情報
━━━━━━━━━━

もう、今週ピックアップするのは
春の陣しかないでしょう!

29日はワークショップ中心!
IAIR認定講座で学べる、骨盤、脊柱、筋膜、上肢下肢テクニック、
頭蓋仙骨療法が無料で体験できます。
各イントラ達による相談ブース。
第一回IAIR関東リハビリプレゼン大会もしちゃいます!
もちろん審査員はアナタ!

30日は是非魂のコンサートを聴きにきてください。
全盲のシンガーソングライター大嶋潤子先生の歌声は
魂に響きます。

東洋レヂン様のソマセプト。
エイジングマネジメント様の体質スキャニング:メタトロンも体験できます。

さあ、今すぐ申し込んじゃってください!

>>> http://iairkanto.jp/post_lp/kc2017haru/

>>> https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSEvqvws

━━━━━━━━━━
【3】今週の関東コラム
━━━━━━━━━━

◆ 2005年、実習指導で悩む齋藤信くんへ
http://iairkanto.jp/saito20170421/

◆ TURIを皆で楽しもう!【施術ブースへようこそ!】
http://iairkanto.jp/michi009maturi/

◆ 信頼関係を築く話し方の3つのポイント 認めること
http://iairkanto.jp/otk30/

◆ 何から勉強すれば…
http://iairkanto.jp/beginner10986/

◆ OTの齋藤?ああ、できもしないことに頑張ってる人ね。
http://iairkanto.jp/info20170418/

◆ 第9回 脊柱の運動機能とは? ~腰椎がもたらす機能障害~
http://iairkanto.jp/iairspine09/

◆ 新人療法士が悩みスパイラルを抜けるための第1歩
http://iairkanto.jp/koheiyoshida2017001/

 

今月のセミナー予定はこちら
http://iairkanto.jp/calender/

よくあるご質問と回答はこちら
http://iairkanto.jp/faq/

ご質問・リクエストなどはこちらから
http://iairkanto.jp/info/

メルマガが届かない時の対処法はこちら
迷惑メール対策サイト

 

 
IAIR関東情報

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。
IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。
2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。
より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。