第三回IAIR学術大会10/28.29

OTの齋藤?ああ、できもしないことに頑張ってる人ね【IAIR関東情報】4月号(その3)

IAIR関東情報

From:IAIR関東代表 副会長 齋藤 信

IAIR学会 祭り 春の陣 成功体験を生む選択をあなたへ

いつも大変お世話になっております。
IAIR 関東代表 IAIR副会長の齋藤です。
今週の関東会員専用メルマガをお届けします。

————————————-
【1】心を鍛える共育メッセージ
【2】志に向かってこその人生
【3】第7期認定講座情報
————————————-

————————————-
【1】心を鍛える共育メッセージ
————————————-

「 あなたは独りじゃない! 」

IAIR関東支部のテーマは【 共育 】
一方的な教育ではなく、共に育む。
それが、本当の学び!

————————————-
【2】志に向かってこその人生
————————————-

みなさん、春の陣が近づいてきましたね。

そして、作業療法×脳科学マスター講座も、
IAIR新人向けセミナーも、
IAIR認定講座7期も近づいてきました。

あれもこれも、どれも……

たくさんあって迷わせているかもしれませんね。

 

正直言って、僕は売り込みが下手です(笑)

 

もっとドギツイ言葉や、
感情をエグるメッセージの方が、
いわゆる売り込みは成功し易い
と言われています。

ですが、それは僕のしたいことと
軸がブレるんですね。

 

ちまたでは
「OTの齋藤?ああ、できもしないことに頑張ってる人ね」
とか言われているそうで。

正直凹みましたね。
まあ、2003年頃から電子出版してて
詐欺師呼ばわりされた時ほどでは
ありませんが。

それに、すぐ達成したら面白くないじゃないですか。

 

僕がしたいことは「共育」
臨床教育が、患者さんも含めて
共に未来を育むことができる場にすること。

単に教え導くだけでは足りない時代は
既にやってきています。

なのに、旧い思考や教育方法を
変えたくないという理由で、
患者さんの選択を尊重できない
リハビリ現場になっている。

全人的な復権を目指す……
まあ、旧い言葉ですが、
リハビリの始まりすら
何処に行ったの??

 

たった一人でもいい。

一人ずつにであったとしても、
仲間になり、共に育んでくれる方を
大切にしたい。

この4月29日から始まる
怒涛のIAIR関東祭り。

 

共に育みたいリハビリテーションの姿……
見てくれたら、仲間になってくれたら、
嬉しいなぁ。

 

IAIR副会長 臨床共育メンター® 齋藤信
IAIR副会長 齋藤 信

IAIR関東祭り【春の陣】

申し込みがまだという方は、今すぐ申し込んでください!
一緒にお話ししませんか?

>>> 春の陣申し込みリンク

————————————-
【3】第7期認定講座情報
————————————-

B-class認定講座第7期の募集開始!

これまで276名の結果が出せるセラピストを輩出してきたこのコース。
新人から、身体アプローチをしてこなかった精神科作業療法士まで、誰でも習得できる、
習得率の非常に高い再現性のある技術集です。

何より、脳科学的エビデンスに基づいた学習法を取り入れているので、
習得翌日の臨床から現場で使えることをお約束します。

IAIR認定講座は学んで終わりにはしません!

今すぐ、お申し込みください! >>> B-classライセンスコース申込

(認)B-class 筋連鎖で全身が変わる!骨盤の評価とアプローチ
定員 40席(残席24
骨盤申込  https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=17
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/pelvis/
日時:骨盤1 2017年5月14日(日)   9:30~16:30
   骨盤2 2017年6月10日(土) 10:00~16:00

(認)B-class リハビリの臨床で確実な結果が出せる 脊柱の評価とアプローチ
定員 40席(残席31
脊柱申込  https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=18 
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/spinal/
日時:脊柱1 2017年6月11日(日)
   脊柱2 2017年7月8日(土)

(認)B-class 頸部体幹治療の為の筋膜、軟部組織アプローチ
定員 40席(残席32
筋膜申込  https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=19
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/fascia/
日時:筋膜1 2017年7月9日(日)
   筋膜2 2017年9月9日(土)

(認)B-class 臨床で結果が出せない原因が分かる リハビリセラピストtune upセミナー
定員 40席(残席35
TUNE UP申込 https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=22 
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/tuneup/
日時:TUNE UPセミナー 2017年8月19日 10:00~16:00

(認)B-class 評価とアプローチの為の触診”達人のタッチ”
定員 40席(残席35
触診申込  https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=23
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/touch/
日時:触診セミナー 2017年8月20日 10:00~16:00

(認)B-class リハビリの臨床で結果が出せる 上肢の評価とアプローチ
定員 40席(残席35
上肢申込  https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=20
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/upperlimbs/
日時:上肢1 2017年9月10日 9:30~16:30
   上肢2 2017年10月7日 10:00~16:00

(認)B-class リハビリの臨床で結果が出せる 下肢の評価とアプローチ
定員 40席(残席35
下肢申込 https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=21
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/lowerlimbs/
日時:下肢1 2017年10月8日 9:30~16:30
   下肢2 2017年11月11日 10:00~16:00

B-class検定試験
検定申込 https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=48
詳細ページ http://irajapan.jp/basic12finished/
日時:東京B1・2検定 1日目 2017年12月9日 10:00~16:00
            2日目 2017年12月10日 10:00~16:00

 

今月のセミナー予定はこちら
http://iairkanto.jp/calender/

よくあるご質問と回答はこちら
http://iairkanto.jp/faq/

ご質問・リクエストなどはこちらから
http://iairkanto.jp/info/

≪≪≪≪大切なお知らせ≫≫≫≫

IAIRメールマガジンが「迷惑メール」に入ってしまうと、
これからお届けする大切な情報がご視聴いただけなくなります。

これからお送りするコラムやテクニック、
動画や会員限定情報を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。

現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメールソフトのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。

詳しい情報は下記に載っています。
1〜2分で済む簡単な作業ですので、
是非流れにそって設定をお願いいたします。
迷惑メール対策はコチラ

 
IAIR関東情報

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。