管理職養成12回コース

第6期検定攻略宿題Lv3!【IAIR関東情報11月号】(その3)

IAIR関東情報

From:IAIR関東支部代表 齋藤 信

iair関東情報

いつも大変お世話になっております。
IAIR 関東支部代表 齋藤です。
今週の関東支部 会員専用メルマガをお届けします。

————————————-
【1】心を鍛える共育メッセージ
【2】第6期検定攻略宿題Lv3!
【3】新講義、感動プレゼンマスターコースを開催!
————————————-

————————————-
【1】心を鍛える共育メッセージ
————————————-

「 あなたの感動体験が後輩の心を動かす 」

IAIR関東支部のテーマは【 共育 】
一方的な教育ではなく、共に育む。
それが、本当の学び!

————————————-
【2】第6期検定攻略宿題Lv3!
————————————-

第6期検定受講のみなさん!
受講を迷っているみなさん!

こんにちは。

今日は宿題レベル3!ということで……

第二回IAIR学会のアジャストコンテストから
写真を引用して姿勢チェックです!

img_7939 img_7951
  1. 相手との距離感
  2. ポジション取り
  3. の位置
  4. 胸骨と相手の関係
  5. 鳩尾の意識

と、ひとまず5つのチェック項目を挙げてみました。

あえて!
5月から講師を務めてきた
大塚副支部長とは、違う表現を使っています。

あなたの施術姿勢はどうですか?

骨盤調整の姿勢、
身体の使い方が基本となります。

改めてチェックしてきてくださいね!

代表 齋藤

追伸
検定試験にまだ申し込んでいない人はお早めに!
>>> https://iair-member.jp/kantou/html/products/detail/12

————————————-
【3】新講義、感動プレゼンマスターコースを開催!
————————————-

はい!

今回齋藤の肝入りで始めた
プレゼンテーション講座を
早速開催しました!

正直に言えば、
IAIRのイントラにしか教えたくない!
とさえ、最初に思ってしまったほど、
強烈に効果的なプレゼンメソッドです。

すでに2回開催し、
受講された皆さんから
★4.8の高評価を
いただいております。

もちろん、イントラのように講義をしたり、
説明をする機会がある人限定で使えるテクニック
というわけじゃあありません!

むしろ、リハビリセラピストだからこそ、
患者さんを相手にどんどん使って欲しい
テクニックです。

とはいえ、いきなりマスター講座に参加、
というのもハードルが高いですよね。

そこで、金額もなんと1/8!(い、痛い……)
時間は2時間というライト!

体験講座を12月14日に開催することにしました!

  • 人への伝え方に不安がある。
  • 相手の心を動かす話し方ができない。
  • 短い時間で伝えたい想いが伝わらない。
  • 座学が退屈になってしまう。
  • 職場の管理職としてプレゼンをする機会が増えた。
  • 自分の表現の仕方を見つめ直したい。

そんな方にオススメです!

詳細はこちら http://saito-makoto.jp/rkt/

*体験講座はご希望にあわせて病院の研修としても開催可能です。
*お問い合わせください。>>> 院内研修希望

 

IAIR関東支部 代表 齋藤 信

 

IAIR関東支部 会員専用サイトはこちらから
http://iairkanto.jp/mbs/
(ご指定のユーザーIDとパスワードでログインしてご覧ください)

 

よくあるご質問と回答はこちら
http://iairkanto.jp/faq/

 

ご質問・リクエストなどはこちらから
http://iairkanto.jp/info/

 

会員情報の変更は、会員専用サイトにログインし、
サイト上部右「こんにちは、○○さん」をクリックし、
プロフィール編集画面にてご変更頂けます。

 

 

 
IAIR関東情報

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。