第三回IAIR学術大会10/28.29

第6期検定攻略宿題2&齋藤からのお知らせ【IAIR関東情報11月号】(その2)

IAIR関東情報

From:IAIR関東支部代表 齋藤 信

iair関東情報

いつも大変お世話になっております。
IAIR 関東支部代表 齋藤です。
今週の関東支部 会員専用メルマガをお届けします。

————————————-
【1】心を鍛える共育メッセージ
【2】検定前宿題その2
【3】感動プレゼン
————————————-

————————————-
【1】心を鍛える共育メッセージ
————————————-

「 全ては、自分の選択 」

IAIR関東支部のテーマは【 共育 】
一方的な教育ではなく、共に育む。
それが、本当の学び!

————————————-
【2】検定前宿題その2
————————————-

みなさん、検定前の宿題その2です!

骨格を365度&様々な角度で、
具体的にイメージできるようにしておく事!

散々言ってきました。

骨格のイメージが大事。

今回みなさんに検定までにしておいて欲しい事は、
骨格イメージをより具体的にしておくことです。

それこそ、道を歩いている人が
骨格標本に見えるほどに、です。

検定対策に出席された皆さんは、
昨年の試験問題を見せてもらったかと思います。

そこに、なんと、アレをアレする内容があったじゃないですか!

見せたという事は、今年はパワーアップすると思ってくださいね。

さ〜て、まだまだ時間はあります。

しっかりイメージしてきてくださいね!

 

申込がまだの方はこちら
>>> https://iair-member.jp/kantou/html/products/detail/12

 

————————————-
【3】感動プレゼン紹介!
————————————-

 

あなたは、人に何かを伝えることが得意ですか?

残念ながら、82%の人はNOと答えます。

なぜか?

自信がない?

そうかもしれませんね。
何せ、学校できちんと教えられた事が無いのですから。

教えられていない事を、臨床に出ていきなりやれと言われても、
無理なのは、リハビリの現場で嫌という程味わっていますよね。

さて、ですが「人にモノを伝える」技術は、
臨床現場に限った事ではなく、
人として生きている限り、一生使う技術です。

で、あるのにもかかわらず、教えられた事がない。

おかしいですよね。

ですが、あなたにはチャンスがあります。

IAIR副会長齋藤が学んで実践してきたプレゼンの技術を
全てお伝えします。

あ、心配しないで欲しいのですが……
齋藤だから出来る技ではありません。

この講義を受講する事で、
誰でもプレゼンで相手を感動させられる!

これを再現する事に特化した講義内容になっております。
苦手意識を感じているあなただからこそ、学んで欲しい内容です。

まだ心配ですか?

実は、齋藤の話を少しだけすると、
僕は、超がつくほど無口でした。
しかも、発表とかは大の苦手で、
みんなの前に立つとアガって頭真っ白。

壇上で数分間、黙ったまま固まった事だってあるんです。

そんな失敗を重ねてきたぼくだからこそ、
お伝えできる内容になっています。

まずは、この詳細を見てください。

動画でプレゼンをしていますので、
このレベルまでなら、あなたもなれると
お約束します!

詳細はこちら >>> http://otjyuku.net/post_lp/kandop/

第1期 東京麻布:11月28日(月)13時〜19時
第2期 東京秋葉原:12月14日(水)10時〜16時
第3期 東京秋葉原:12月17日(土)10時〜16時
第4期 大阪心斎橋:1月20日(金)12時半〜16時半
第x期 東京秋葉原:10月9日(月)10時〜16時

申込はこちら >>> https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTrmupa

IAIR関東支部 代表 齋藤 信

 

IAIR関東支部 会員専用サイトはこちらから
http://iairkanto.jp/mbs/
(ご指定のユーザーIDとパスワードでログインしてご覧ください)

 

よくあるご質問と回答はこちら
http://iairkanto.jp/faq/

 

ご質問・リクエストなどはこちらから
http://iairkanto.jp/info/

 

会員情報の変更は、会員専用サイトにログインし、
サイト上部右「こんにちは、○○さん」をクリックし、
プロフィール編集画面にてご変更頂けます。

 

 
IAIR関東情報

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。