第三回IAIR学術大会10/28.29

自分を評価しよう

From:IAIR関東インストラクター 松井真澄

こんにちわ!

IAIR認定インストラクターの松井です!

セラピスト自身の体を考える月曜日

 

早いものでもう今年も1ヶ月が過ぎました。

新年に掲げた目標に向かって進めていますか?

と、自分自身にも言い聞かせながら今月もがんばります。

 

さて、前回は鍛錬、トレーニングを続けるためにという内容でした

http://iairkanto.jp/%E7%9B%AE%E7%9A%84%E3%82%92%E6%98%8E%E7%A2%BA%E3%81%AB/

 

 

皆それぞれ理由はあると思います

(例えば、モテるために体型を維持したり良くしたりするとか)

それももちろん、素晴らしいことです

とにかく何か目的があるといいですね。

 

ここではあくまで「治療に活かすために」という視点で書きます。

で、今日はじゃあ何をすればいいかという話。

 

結論からいうと、人によって違います。

そらそーですね。

体型も体質も体の使い方の癖もみんな違いますから。

 

おそらく、患者さんに同じようなことを聞かれると、そう答える方も多いのではないでしょうか?

でも自分のこととなると、おろそかになりがち。

 

最初は自分の評価からしてみてはいかがでしょう?

とりあえず全身動かしてみて、動かしにくいところからやる。

 

ストレッチ 女性

でもいいのですが、僕たちはプロの療法士ですから、できればもう少し療法士っぽく考えましょう。

 例えば、1日の業務が終わったときに自分が一番疲れている(あるいは痛みがでる)場所を確認する。

そして、患者さんを評価するように、自分の姿勢、動きの癖(主にリハ中の姿勢などでしょうか?)を確認する。

必要があれば、少し可動域や筋力を見たり、日々の生活の中で取りやすい姿勢を考えたり、関係がある可能性がある情報を確認してみる。

 

で、なにが原因なのかを考え、対策となるメニューを実行する。

 

よくあるリハビリの流れですが、あまり自分の体の評価をすることは無いのではないでしょうか?

 

まんべんなくトレーニングしてもいいですが、なかなか時間もないですし、時間かかるとだんだんめんどくさくなるので、できれば短時間で済むといいですね。

 

そのために自分の評価。試してみてください。

 

追伸1
セラピスト向けのボディーワーク勉強会、月1で開催中です。
家に帰るともう鍛錬する気になれない、一人では何していいかわからない方是非!

次回は2/21(土)です!

http://update-seminar.weebly.com/schedule.html

1月開催の様子

IMG_1841

追伸2
私事ですが、ヨガクラスやってます
一般の方向けに構成してますが、セラピストも大歓迎です!

患者さんやそのご家族も紹介していただけると幸いです。

HP:http://www.bodymaintenanceyoga.com

facebook:https://www.facebook.com/pages/Body-maintenance-YOGA/

[IAIR 関東支部フェイスブック]いいね!を押して連載コラムをチェック!
https://www.facebook.com/iairkanto
 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。