第三回IAIR学術大会10/28.29

外旋六筋へのアプローチ方法①

皆さんこんにちは。

関東支部の藤田智史です。

この土日は第2回IAIR学会でした。
特別講演の先生方をはじめ新しい視点や、そういうことだったのか!という気付きが多くあり
とてもためになり、なおかつ楽しめる学会でした。

2016%e7%ac%ac%e4%ba%8c%e5%9b%9e%e5%ad%a6%e4%bc%9a
今回都合で参加できなかった方もこちらから雰囲気を感じられますよ。
https://www.facebook.com/iaircongress/?fref=nf

普段のリハビリに近いところでは山根先生の作業やその時の脳の働きのお話しなどが
印象的でした。

作業療法って素晴らしいですね!

来年は大阪で開催です!
Facebookeページは引き続き学会の情報を更新していきますので「いいね」はそのままで(^^)/

 

 

話は変わりますが前回の股関節の続きにいきたいと思います。

こちらが解剖図になります。
(詳しい起始、停止、走行は解剖の教科書を片手に!)

img_2579

 

26:小臀筋

27:梨状筋

28:上双子筋

29:内閉鎖筋

30:仙結節靭帯

31:下双子筋

32:外閉鎖筋

33:大腿方形筋

 

 

 

 

*引用:監修 川原群大 株式会社アプライ

 

 

そのままリリースをかけてもいいかと思いますが、

1つの方法としては、ある程度伸長位に持っていくことで制限を明確にしていきます。

 

%e5%a4%96%e6%97%8b%e5%85%ad%e7%ad%8b%e5%9b%b3

おおよそ上記のような走行になるかと思います。

(あるテクニックの形にも似ていますね。)

 

%e5%a4%96%e6%97%8b%e5%85%ad%e7%ad%8b%e4%bb%8b%e5%85%a5%e5%9b%b3

 

この状態で尾側から頭側側へリリースを行います。

 

殿部周囲のリリースや徒手介入は腹側へ押し込むような形が多いと思いますが、

上記の走行でおこなくことで筋走行に対してより伸張がかかるようになります。

14962663_1136540536460518_22826008003307101_n

また、上記の解剖図からも梨状筋は大転子の尖端に付着するなど、
大転子の中で各筋群が付着するところが変わってきますので
それを目安にしてみると各筋のイメージもしやすいです。

 

リリースするポジションですでに解剖学的肢位より伸張されてはいるので
腹側に向かってリリースをかけてもいいかとは思います。

 

ただし!特に梨状筋は坐骨神経が近くを走行しているので注意も必要です。

神経は圧迫することでダメージも負いやすいため、梨状筋に関しては
頭側方向へ持ち上げてあげるようにして、坐骨神経の走行を確保するような
イメージも必要です。

 

%e5%9d%90%e9%aa%a8%e7%a5%9e%e7%b5%8c

 

筋が線維状になってしまっている方などは、痛みも強いので刺激の強さを確認しながら
行ってください。

 

次回は外旋六筋介入のちょっとした工夫などをお伝えします。

 

お読みいただきありがとうございました!

IAIR 関東支部
認定インストラクター
藤田 智史

参考・引用文献:

1)小川 鼎三ら著:解剖学―分担 (1)   金原出版; 改訂第11版 (1950/05)

いいね!を押して連載コラムをチェック!
https://www.facebook.com/iairkanto

///////////////////////////////////////////////////////
—●○
 IAIR 認定講習会の案内 ○●—
///////////////////////////////////////////////////////

IAIRのセミナーを体験してみませんか?
・【機能的な体幹を獲得するための徒手&促通テクニックセミナー】

開催日時 2016年12月17・18日(土・日) 両日10:00~16:00

残席わずか!
12/16 18:00まで受付中!

会場:砂町文化センター 和室
(〒136-0073 東京都江東区北砂5-1-7)

詳細はこちら
》》》http://iairkanto.jp/iaircore/

【臨床で確実に結果が出せるIAIRコンセプトに基づくテクニック集セミナー】
開催日時 2017219日(日) 10001600

会場:東京メディカルスポーツ専門学校
(〒134-0088 東京都江戸川区西葛西3-1-16)

詳細はこちら
http://iairkanto.jp/seminars/nintei/beginer/

OTOTによるOTのためにセミナー】
4月15・16日(土日)
詳細はこちらから
http://iairkanto.jp/seminars/otseminar/

 

 

IAIR公式メルマガを購読してみませんか?

  • 各執筆者のコラム
  • 最新セミナー情報
  • 先行インサイダー情報
  • 格安DVD割引情報

などが配信されます。

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す