第三回IAIR学術大会10/28.29

股関節のハンモック~軟骨の保護~

皆さんこんにちは。

関東支部の藤田智史です。

 

股関節に関してしばらく投稿いたしていますが、股関節周囲筋に対しての介入は
どの部分にフォーカスされることが多いでしょうか?

 

もちろん問題のある部分に介入していくことが必要だと思いますが

安定筋とされる外旋六筋に関してはどのような考えをお持ちでしょうか?

14492320_1106839859430586_8103963097197262811_n

股関節外旋筋群で梨状筋は坐骨神経の関係によってよく焦点を当てられますが、

その他の筋群も重要な役割をはたしています。

今回は、双子筋・閉鎖筋で構成される「ハンモック」作用もについてお伝えしたいと思います。

<双子筋・閉鎖筋ハンモック>

 

起始

停止

神経

上双子筋

坐骨の坐骨棘

内閉鎖筋の腱

大腿骨の転子窩

仙骨神経叢

(L4~S2)

下双子筋

坐骨の坐骨結節の上部

内閉鎖筋の腱

大腿骨の転子窩

仙骨神経叢

(L4~S2)

内閉鎖筋

寛骨の内面で閉鎖筋膜とその周り

大腿骨の転子窩

仙骨神経叢

(L4~S2)

 

 1)の著書の紹介にドルトは外閉鎖筋、内閉鎖筋そして双了筋を同じ1個の筋肉として提えているとされています。

この筋肉グループは、実施際には分割されてはいますが、全体としては結合組織が詰まった輪状筋を形成していると考えているようです。
さらに、この一体化した筋肉は、骨盤から大転子までやや上向きに走っています

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%a2%e3%83%83%e3%82%af

ドルトはこのシステムを、2本の木の間にかかったハンモックと比較しています。

この双子筋・閉鎖筋「ハンモック」の図を見ると、一体化した筋群が人骨頭の軟骨を保護し、
摩粍を減らすことに作用をしているのではないかと考えられます。

このハンモックは大腿骨頭への重力応力を支えたり、緩街させるサスペンションリングに例えられてもいます。

 

ドルトは、「この筋肉性緩街材が緩み、萎縮し、筋緊張や精弾性を失うと、緩症装置が無くなった骨盤は股関節の執骨の上に落ち込むため、股関節の軟骨は摩耗、変性して身体障害を引き起こす関節炎を起こすだろう」としています。

 

外旋筋群と一緒くたに考えてしまいがちですが、こうした重要な役割があります。

(もちろん、骨盤にも付着があるためそちらの動きも重要になってきます。)

 

股関節の安定性というと腸腰筋、中・大殿筋筋が目立つかと思いますが、
インナーマッスルでもある外旋筋群もとても重要な役割を果たし、

さらにこの外旋筋のいずれかに問題があることで股関節への問題も
引き起こしやすくなっているのではないかと考えています。

 

私の臨床上の経験では、梨状筋など外旋六筋の中で頭側側の筋肉に制限がある方と、
内閉鎖筋を中心としてそれより尾側側の筋肉に制限がある方がいらっしゃるよう感じます。

 

次回は実際に臨床上で行っているこれらの筋群に対する介入の1例を紹介したいと思います。

 

お読みいただきありがとうございました!

IAIR 関東支部
認定インストラクター
藤田 智史

 

参考・引用文献:

1)ジャン=ピエール・バラル / アラン・クロワビエ 共著:
新マニピュレーション・アプローチ<下肢> 科学新聞社 2014年

 

[IAIR 関東支部フェイスブック] いいね!を押して連載コラムをチェック!
https://www.facebook.com/iairkanto

///////////////////////////////////////////////////////
—●○ IAIR 認定講習会の案内 ○●—
///////////////////////////////////////////////////////

IAIRのセミナーを体験してみませんか?

・【臨床3年目までに知っておきたい歩行分析とアプローチ法】
開催日時 2016年10月15・16日(土・日) 両日10:00~16:00

会場:砂町文化センター 和室
(〒136-0073 東京都江東区北砂5-1-7)

詳細はこちら
 》》》http://iairkanto.jp/seminars/otseminar/

・【OTのOTによるOTのためにセミナー】
開催日時 2016年11月5、6日(土・日) 両日10:00~16:00

会場:東京メディカルスポーツ専門学校
(〒134-0088 東京都江戸川区西葛西3-1-16)

詳細はこちら
 》》》http://iairkanto.jp/semiother/iairgate/

・【機能的な体幹を獲得するための徒手&促通テクニックセミナー】

開催日時 2016年12月17・18日(土・日) 両日10:00~16:00

会場:砂町文化センター 和室
(〒136-0073 東京都江東区北砂5-1-7)

詳細はこちら
》》》http://iairkanto.jp/iaircore/

 

 

IAIR公式メルマガを購読してみませんか?

  • 各執筆者のコラム
  • 最新セミナー情報
  • 先行インサイダー情報
  • 格安DVD割引情報

などが配信されます。

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す