第三回IAIR学術大会10/28.29

腰方形筋と腎臓と股関節

皆さんこんにちは。

関東支部の藤田智史です。

 

 

最近は台風が多いですが、皆様の周りは大丈夫でしょうか?

 

しばらく膝関節にかかわる部分でお話をさせていただきましたが、

今回はもう少し中枢部に近い部分についてみていきたいと思います。

 

腰椎―骨盤―股関節はそれらを複合体とみなされている部分も多くありますね。

 

腰椎から下肢への神経が出ているため神経的にも影響はあるのですが、

デルマトームで何番の脊髄がどの部分を支配しているかということはよく考えられると思います。

 

実際には何と呼ばれる神経が股関節周囲に影響を及ぼし、

その神経に問題が起こる場合には腰椎という骨の問題以外に
どういったことが考えられるでしょうか?

 

14225368_1079975238783715_2933803970082760995_n

<腸骨鼠径神経>

大腰筋の上部・外側から出て、腸骨下腹神経の下を外下方に走行。
腸骨稜の前部で腹横筋と内腹斜筋を貫いて鼠径管を通り、浅鼠径輪から皮下に出て大腿の上部内側の皮膚に分布します。
腹斜筋と内腹斜筋の間で、腸骨下腹神経と交通もしています。

大腿上部内側の皮膚の知覚などを担当しています。

 

 

<腸骨下腹神経>

腸骨下腹神経は大腰筋の上部・外側から出て、肋下神経とほぼ平行に腎臓の後面を通って腹横筋を貫通。
腹横筋と内腹斜筋の間を前下方に走り、途中で前皮枝と外側皮枝に分かれます。
前皮枝は浅鼠径輪の約3cm上方で外腹斜筋腱膜を貫通して、下腹部の皮膚に分布しています。

殿部外側と下腹部の皮膚の知覚などを担当しています。

 

 

  14203322_1079975085450397_7125587588090555279_n   14212844_1079975125450393_6813217467843289336_n 

 

両者とも大腰筋付近から出ており、腰方形筋の上を通っているように見えますね。

腸骨下腹神経は解剖の説明上では腎臓の裏を通っており、腰方形筋と腎臓に囲まれる形になるかと思います。

腸骨鼠径神経はそれよりやや尾側にありますが、同様の影響を受ける可能性もあります。

 

大腰筋・腰方形筋も大切ですが、腎臓の動きも大切になってきます。

 

腎臓は横隔膜と呼吸リズムによって動くとされており、一回の振幅の運動で3~4㎝動き、
1日に600m以上動くともいわれています。

 

腎臓に隣接する組織の筋膜などによって動きを制限されてしまう場合もそうですが、

・呼吸時に横隔膜が内臓をうまく押し下げられない、
・体幹背部の筋群を常に過緊張状態にしてしまう姿勢なども影響しそうですね。

 

ヨガにチャイルドポーズというポーズがありますが、その状態で腹式呼吸を行うことで
腹部が押さえられているため吸気時に背部の方に動きが出やすくなります。

(膝などに問題がある場合は完全屈曲しないよう工夫してみてください)

 

お読みいただきありがとうございました(^-^

 

IAIR 関東支部
認定インストラクター
藤田 智史

 

参考文献:

1)監訳:酒井建生・村松讓兒 プロメテウス解剖学アトラス 医学書院 2011年

2) 著:エリック・U・ヘブゲン 監修:平塚晃一  オステオパシーの内臓マニピュレーション ガイアブックス  2013年

 

[IAIR 関東支部フェイスブック] いいね!を押して連載コラムをチェック!
https://www.facebook.com/iairkanto

///////////////////////////////////////////////////////
—●○
 IAIR 認定講習会の案内 ○●—
///////////////////////////////////////////////////////

IAIRのセミナーを体験してみませんか?
・【機能的な体幹を獲得するための徒手&促通テクニックセミナー】

開催日時 2016年12月17・18日(土・日) 両日10:00~16:00

残席わずか!
12/16 18:00まで受付中!

会場:砂町文化センター 和室
(〒136-0073 東京都江東区北砂5-1-7)

詳細はこちら
》》》http://iairkanto.jp/iaircore/

【臨床で確実に結果が出せるIAIRコンセプトに基づくテクニック集セミナー】
開催日時 2017219日(日) 10001600

会場:東京メディカルスポーツ専門学校
(〒134-0088 東京都江戸川区西葛西3-1-16)

詳細はこちら
http://iairkanto.jp/seminars/nintei/beginer/

OTOTによるOTのためにセミナー】
4月15・16日(土日)
詳細はこちらから
http://iairkanto.jp/seminars/otseminar/

 

 

IAIR公式メルマガを購読してみませんか?

  • 各執筆者のコラム
  • 最新セミナー情報
  • 先行インサイダー情報
  • 格安DVD割引情報

などが配信されます。

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す