管理職養成12回コース

座位での効率の〔良い/悪い〕膝伸展エクササイズ

皆さんこんにちは。

関東支部の藤田智史です。

急に寒くなりましたね。
みなさんも体調崩さないよう暖かくしてください。

 

よく行われるトレーニング

大腿四頭筋を座位で膝伸展位でトレーニングすることはよく見られる光景かと思います。

健康体操なんかでもよく行われていますかね?

私たちにとってはありふれた簡単なトレーニングでありますが、
ただ膝を伸展させるだけでいいのでしょうか?

実は、ただ適当に「膝を伸ばしてください」と

患者さんと一緒に行っているのでは、改善どころか悪化させてしまう恐れが
あることがあります。

 

資格を取りたての頃に、同期と学生の頃言った実習地の話などをしたことがありますが、

ある友人が

「バイザーが休みの時に、重りを準備して患者さんにつけてもらって、
ストップウォッチで時間と回数を図るだけで、バイザーと一緒のことができていた…」

と悲しそうに言っていたことがあります。

 

話が脱線しましたが、

強度や回数も大切ですが、アライメントを整えて実施するのは当たり前のようですが
とても大切なことになります。

その理由はどんなものになりますでしょうか?

 

膝伸展を鍛えているの?腰部の円背を作っているの?

SLRの参考可動域は90°ですが、
皆さん! 90°行きますでしょうか?(;’∀’)

特に高齢者でSLR90°確保できるという方は少ないかと思います。

ではその方に、座位で膝伸展をしていただくとどうなるでしょうか…?

 

上図のように、円背してしまう方が多いのではないかと思います。

ましてキューイング(声かけ)が「膝を伸ばしてください」ですので
腰部のほうには意識がいかず、膝を伸ばすことに意識が集中しやすいです。

 

その状態でさらに重りをつけて…

 

「腰を丸めないように」「姿勢を正すように」
なんてよく聞きますが、

一方でこういった形でトレーニングをしてしまっていたらどうでしょうか?
(患者さんはポイントを伝えてもらわなければこういったことは分かりません)

 

膝関節のために筋力強化をしても、円背を作り重心を後方にしてしまうと
立位での膝にかかる負担は強くなってしまいます。

体幹を安定させて

骨盤を中間位~軽度前傾位の状態で実施していただくとどうでしょうか?

腰部を保持するために、体幹筋や腸腰筋を機能させ、

ハムストリングスはストレッチもしくはうまくかかとを突き出すようにして行えば
遠心性収縮での働きが見込めます。

 

体幹を安定させた状態での膝伸展エクササイズになってきますね。

一工夫 

・脊柱起立筋に収縮が入りすぎてしまう。

・骨盤、腰椎が保持できない。

こんな時はタオルをたたんで、背もたれに置くことで腰部のサポートと
してあげることで代償を防ぎます。

 

いかかでしたでしょうか?

こんなの簡単なエクササイズだよ。

という認識のものでも、シンプルなものでも(ほど)きっちりと行うことで
様々な側面からの利点を得ることもできます。

 

お読みいただきありがとうございました!

IAIR 関東支部
認定インストラクター
藤田 智史

 

 

[IAIR 関東支部フェイスブック] 

いいね!を押して連載コラムをチェック! 

https://www.facebook.com/iairkanto 

追伸

【動作時に体幹を使えるようになるためのアプローチ⽅法】

開催日 :12月17、18日(土、日)10時~16時
会場  :砂町文化センター 和室 江東区北砂5-1-7
     http://www.kcf.or.jp/sunamachi/map.html
詳細はこちらから:https://iairjapan.jp/events/event/core_tokyo201712

 

【新人が確に結果が出せる技術集

結果が出せずに悩んでいませんか?

悩んで立ち止まるより、仲間達と情報交換することで解決できることもありますよ。

>>> http://iairkanto.jp/seminars/nintei/beginer/

B-class認定講座第7期の募集開始!

これまで276名の結果が出せるセラピストを輩出してきたこのコース。
新人から、身体アプローチをしてこなかった精神科作業療法士まで、誰でも習得できる、
習得率の非常に高い再現性のある技術集です。

何より、脳科学的エビデンスに基づいた学習法を取り入れているので、
習得翌日の臨床から現場で使えることをお約束します。

IAIR認定講座は学んで終わりにはしません!

今すぐ、お申し込みください! >>> B-classライセンスコース申込

 

 

B-class検定試験
検定申込  https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSkumbe
詳細ページ https://iairjapan.jp/events/event/b-class-test-tokyo
日時:東京B1・2検定 1日目 2017年12月9日 10:00~16:00
            2日目 2017年12月10日 10:00~16:00

 

 

今月のセミナー予定はこちら
http://iairkanto.jp/calender/

よくあるご質問と回答はこちら
http://iairkanto.jp/faq/

ご質問・リクエストなどはこちらから
http://iairkanto.jp/info/h

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す