第三回IAIR学術大会10/28.29

歩行をみて何をしたらよいかわからなくなった時・・・

みなさん
こんにちは
関東支部の脱サラOTの加藤です。

 

急ですが患者様・利用者様の歩行をみて
タイトルにある
歩行をみて何をしたらよいかわからなくなった時・・・
ってないですか?

 

私はありました!!
とくに1年目!!

入職して3日目
私のカルテをみたPTの上司が
『歩行分析の時ってどこ見てる?』nousokucyuu2
と聞いてきました。

 

私の答えは・・・
『え~と、歩行分析?
 立脚相って60%でしたっけ?』
でした・・・

 

そこから
勉強し、色々な歩行分析のポイントを見ました!
でも・・・
・頭の位置
・上肢の振り
・骨盤
・スイング
・・・・・と多すぎ!!

 

でも、ある日shutterstock_105328079-2
どれも共通していることがあり
見るのは3つでいいんだ!!
と気づいたんです。

 

その3つのポイントは
・肩甲骨
・骨盤
・足部
でした。

 

皆さん知りたいですか?
この3つのポイントをお伝えするセミナーを企画しました。
それはこちらです
3月18・19日開催!
『臨床3年目までに知っておきたい歩行分析とアプローチ法』

プレ開催をしたところ
こんな感想をいただけました。
【匿名希望様 理学療法士】
・ 見るポイントがはっきりしたため、セミナーを受ける前より歩行が見やすくなりました。IAIRテクニックと歩行とがつながったのでわかり易かったです。どんどん身体が良くなってかなり軽いです。少人数の為、インストラクターに相談しやすい環境でした。
・ 歩行分析するときの苦手意識がなくなりました。身体も気持ちも軽くなりました。
【S.A様 理学療法士】
・ 3つのポイントがわかり易くすぐに理解できてよかったです。
・難しく考えずに歩行を見ていこうと思いました。
【M.I様 理学療法士】
・ポイントを絞ったことで着眼点がはっきりし、頭がすっきりしました。
・IAIRテクニックを使用する際の例が分かったことで頭がすっきりしました。明日から活かしていきたい。気持ちが強くなりました。
と嬉しい声ばかり!

 

詳しくはこちらから
http://iairkanto.jp/semiother/iairgate/
すぐにお申し込みはこちらから
https://business.form-mailer.jp/fms/0016b99148160

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
みさなんが
自信を持って
臨床に立てるように
サポーターとして活動していきます。

IAIR関東
認定インストラクター
作業療法士
加藤淳

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

作業療法士免許を取得後、約5年間介護老人保健施設にて通所・入所のリハビリを従事する。その中で、機能回復ではなく『残存機能をより生活に中で使える能力に落とし込む』をテーマに維持期のリハビリテーションを実施し、多くの利用者様・ご家族様から支持される。 現在は臨床現場を離れ、療法士が自信を持って元気に働けば、世の中はよりよくなる!の信念のもと、都内にて療法士に向けてのお悩み相談室を開催し、多くの療法士から支持を得ている。