体幹活性アプローチ

fasciaの一部としての筋膜

皆さんこんにちは。

関東支部の藤田智史です。

 

筋膜はみなさんご存知かと思います。

テレビでも放送され、筋膜リリースという言葉は医療従事者でなくとも
知っている方は多いかと思います。

簡単にいえば筋肉を包む膜としてとらえられますがどのような構造なのでしょうか?

結合組織

筋膜は結合組織の1つとしてとらえられます。

結合組織は中胚葉からなるものであり、表皮の基底膜が最も外側の結合組織で
それより外側の表皮は神経と同じ外胚葉由来となります。

そして、筋肉を包む膜以外にも神経を包む膜、血管を包む膜、骨を包む膜。

これらすべてが結合組織となります。

1)より

fasciaというのは、日本語で筋膜と訳されることが多いですが、

本来「筋」を包むという意味の語ではなく、リボンまたは髪紐を意味する。
内臓、腺などを被う結合組織の膜も等しくFasciaと呼ばれる。

とされています。2)より

また、層を何層に分けるかは人によって意見が異なる場合が少ないくないそうです。

 

コラーゲン繊維とエラスチン線維

結合組織は線維、細胞、基質という基本的な構成要素からなっています。

この結合組織の線維にはコラーゲン線維とエラスチン線維があります。

コラーゲンというと美容に関係が深そうですが、筋膜(結合組織)にとって重要な要素になります。

コラーゲン線維

・白い独特の輝きを持つとされよく解剖図で腱や靭帯が白くなっていますが
これはコラーゲン線維が多いため白く描かれているわけですね。

・昔は全く伸張しないと考えられていたようですが、現在はごくわずかに伸張すると考えられています。
(エラスチン線維に比べればごくわずかです。)
張力に対して強い抵抗性を示します。

・大きな引っ張りの強さが要求される場所に多いとされ、最重要な機能は組織の構築の支持とされています。

エラスチン線維(弾性線維)

・束をなす場合は黄色に見えるとされています。

・またコラーゲン線維と交差して存在。

・性質はゴムに似ていて、元の長さの2~2.5倍ほど伸張されるとされます。

・組織に柔軟性を与えて、組織が伸張した後正常な状態に復元する能力を有するともされています。

大雑把ですがこのような特徴があるとされています。

 

三層の膜

浅筋膜や深筋膜といったものもありますが、筋は3つの膜につつまれています。

筋外膜、筋周膜、筋内膜の3つの膜(結合組織)です。

4)より一部改変

この構造は神経や血管も似たような構造であり、

神経は神経上膜、神経周膜、神経内膜につつまれています。4)より

血管は外膜、中膜、内膜と呼ばれています。

4)より

 

身体を包む結合組織は他の器管と同様に大切なものになります。

ここ最近では結合組織の研究は進み多くのことが分かってきていると聞きます。

昔は感覚的にこうだからといった内容が徐々に説明できるようになっているようですね。

 

参考、引用文献・画像

1)竹井 仁 ら編:系統別・治療手技の展開 改訂第3版  協同医書出版社 – 2014/10/7
2)小川 鼎三ら著:解剖学―分担  金原出版; 改訂第11版 1982/2/2
3)Robert Schleip著:人体の張力ネットワーク 膜・筋膜―最新知見と治療アプローチ 医歯薬出版 – 2015/6/1
)監訳:酒井建生・村松讓兒 プロメテウス解剖学アトラス 医学書院 2011年

 

 

お読みいただきありがとうございました!

IAIR 関東支部
認定インストラクター
藤田 智史

 

追伸1:3月から第8期B-class認定講座開始!でも……

毎回IAIRコラムを読んでくださりありがとうございます。
ですが、そろそろ読んでいるだけでは物足りなくありませんか?
僕たち講師陣の思考を疑似体験した後は、是非実際に体験してほしい!
そんな機会を1月からどんどん増やしてみました!
認定講座を決断する前に、実際に体験に来ませんか?
https://iairjapan.jp/kanto-seminarschedule/exp

 

追伸2:第8期・9期B-class認定講座募集開始です!

現在、関東地区では2018年3月開始の第8期2018年9月開始の第9期の募集を開始しております。コース受講だけではなく、単回受講も可能です。
ライフスタイルに合わせて、受講をご検討ください!

既にIAIR体験をしたのなら、今すぐスケジュールをチェック!
今回から単回受講にも対応いたします!
https://iairjapan.jp/kanto-seminarschedule

 

今月のセミナー予定はこちら
http://iairkanto.jp/calender/

よくあるご質問と回答はこちら
http://iairkanto.jp/faq/

ご質問・リクエストなどはこちらから
http://iairkanto.jp/info/

–<<お願い>>———————————————–
【IAIRメルマガ】をお知り合いにご紹介ください。
メールマガジンの購読はもちろん無料。
気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除ができます。
無料メルマガの 登録は こちらから。

http://iairjapan.jp/mailmagazine

 

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す