IAIR関東学会【春の陣】4/29.30

3分で想いを伝える!感動プレゼンマスター講座


イベント詳細


受講生評価 ★4.8
2016年11月28日現在
目標IAIRプレゼンター数 6/100名

感動プレゼンとは?

感動プレゼンに対する齋藤の想い

 医療には色がない! ある一般の方に言われたとき、僕は愕然としました。院内の静かでピリリとした雰囲気。

リスクマネジメントや感染防止、法令に則り運用すれば患者さんの希望は通せず、あんたは冷たい人だと泣かれてしまう。そうした諦めの気持ちを持ちながら、一体患者さんとどんな未来が創れるのでしょう?!

 物事が多様化し、患者さんが主体的に選択できる医療へ変わろうとするなか、僕たち医療人はこのままでいいのでしょうか? 否、今こそ僕ら一人一人の情熱を発信し、共感で社会を変える時代! 感動すれば人が共感する。共感する人が増えれば社会が変わる。社会が変わればルールすら変えられるんです!

 僕は、あなたと閉塞感のある医療業界に、共感が創り出す共に育む……共育を常識にしたいのです!

(エンタメプレゼン®認定講師 齋藤信より)

感動プレゼンは、こんな人に学んでほしい

  • 話しに感情がなかなか込もらない人。
  • 自分の強みをハッキリ伝えられない人。
  • 自分のなかにある夢を表現できない人。
  • いつも意見を譲ってしまい、自信喪失している人。
  • 自分なんて、伝える事も何もないと思い込んでいる人。
  • 家族大切な人に自分の想いを伝えたい人。
  • 話しをする時に場面に合った雰囲気を演出したい人。
  • 自分の強みを端的かつ具体的に自分の言葉で伝えたい人。

 

プレゼンテーション例

 

 

受講生の感想

 

受講前の悩み

  • これまでプレゼンをする機会がなかったので、これから講師やプレゼンをするにあたり、人への伝え方に不安があった。
  • 相手の心を動かす話し方ができない。
  • 短い時間で伝えたい想いが伝わらない。
  • 伝える時にただしゃべるだけになってしまう。
  • 座学が退屈になってしまう。
  • 座学でこそ気づきや学びを促せないか?
  • 職場の立場上プレゼンをする機会が増え、自分が十分でないと感じていた為。
  • OTの同志を集めるため、より共感できるメッセージを発信したかった。
  • 共感してくれる人を見つけたいと思っていた。
  • 自分の表現の仕方を見つめ直したかった。

受講後に変わったこと、実現したいと思ったこと

  • 悩んでいる人に対し、悩みをかかえず発信して解決してほしい。決して悩んでいるのは一人ではない事を伝えていきたい。それをつなぐツールとして感動プレゼンを使いたいと思った。
  • セミナー参加者の習得率向上のために感動プレゼンを使いたい。
  • 想いを伝え、ファンを増やしたい。
  • 集客に活用します。
  • 自分の活動に応用し、より広い意味で平和な世界を実現したいと思った。
  • 自分が行っている事の抽象度が変わり、自分のしている事の大切さがわかった。
  • 自分のしている事が組織や社会につながっている事を実感できた。
  • 想いを伝える事で多くの方に良い影響を広げられるようにしたいです!
  • 自分の”想い”をしっかり伝えられるよう活用していきたいと思います。
  • 全国のOTさんに、OTとして自信を持ってもらえると確信しました!
  • 講師として”楽習”できる場を提供できるようになりたいと思いました!

その他の感想

  • 日常の話の中では出てこない事が多く、人の惹きつけ方、伝え方が非常に勉強になりました。
  • 感情の伝え方は自分にないものだったので新鮮でした。
  • 1日に何度も”熱くなるもの”を感じました。
  • 感動プレゼンが目指している方向が、私の価値観(活動)と同様であり、さらに感動しました。
  • 自分の素直な感情を、楽しく、そして楽に表現できるヒントが沢山ありました。
  • 「まとめられた論理的で丁寧な説明」を一方的に伝えるのではなく、相手に訴えかけ、学びに集中できるような伝え方を学べました。
  • 自分が伝えたい○○○○の掘り下げ方や、それをどうまとめていくか、今と過去だけでなく未来の事まで考える点など勉強になりました。
  • 自分のプレゼンテーションの課題が明確に出来ました。
  • 本講座で学んだことを意識するだけで世界が変わると思いました。
  • 自分の課題は○○と思いますので頑張ります!
  • 自分が伝えたい想い、それをどう熱く伝えられるのか、良い勉強になり、実施していきたいと思います。
  • 自分を見つめ直すことが感動の原動力となり、そして感動へつながるステップを学べ、とても楽しく学べました。(もう1時間、自分のプレゼンを作って発表することができれば……嬉しいですw)

 

詳 細

  • 日 時
     第2期 東京秋葉原:4月1日(土)9時半〜16時半
     第x期 東京秋葉原:2017年10月9日(月)9時半〜16時半
  • 参加費 43200 円税込 → 32400円税込
  • 定 員 8名

 

講座コンセプト

  • 誰でも、3分間スピーチで、感動のプレゼン、スピーチができるようになる。

 

受講対象者

  • 医療現場でリーダーをしている方shutterstock_225461761_%e7%b8%ae%e5%b0%8f
  • 学会等で想いを伝えたい方
  • 管理職
  • 経営者
  • 学生
  • 結婚式のスピーチを急きょ依頼された方
  • 人事担当者
  • 営業担当者
  • 講師など人前でプレゼン、スピーチをする機会のある方。

 

開催時間

  • 7時間(休憩含む)

 

講義内容

  • 人が共感感動をするつのカギ
  • 脳科学、マーケティング、心理学、エンターテイメントを融合した感動メカニズムとは?
  • 最速で感動スピーチスキルを身につけるカラオケエンディング特訓法
  • 否定的な聴衆も感動させる法則
  • 経営者や営業担当者のための、欲ビジョンプレゼン構築法
  • 教育者のための、最高の人生&モチベーション構築法
  • キッチリ3分で、感動させる技術
  • 一瞬で会場を愛と安らぎの空間に変える技
  • 自分を潜在意識からし、する技術
  • このパワーポイントに当てはめれば、感動のシナリオが作れる! 感動プレゼン・テンプレート

 

受講後

  • プレゼンを突然頼まれても、慌てなくなります。%e3%82%89%e3%82%93%e3%81%a1%e3%82%87%e3%82%93_%e7%b8%ae%e5%b0%8f
  • なかなか気持ちが伝わらない、と悩まなくなります。
  • あなたのプレゼン共感してくれた、真の仲間ができます。
  • 上司や部下、学生、患者さん、顧客、家族、どんな相手にも想いが伝えられるようになります。

 

受講特典

  • 感動プレゼンフォローアップFacebookグループにご招待
  • IAIR認定プレゼンターディプロマ発行
  • 第三回 IAIR学会 感動プレゼン大会プレゼンター権

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%9e_%e3%82%bc%e3%83%9f_%e8%a6%8b%e6%9c%ac shutterstock_351211949-_%e7%b8%ae%e5%b0%8f

 

講 師 齋藤 信(さいとう まこと)

齋藤

一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
   副会長 / 理事

出身:福島県
生年月日:1977年1月5日生
資格:作業療法士

所属学会:日本作業療法士協会
日本統合医療学会
日本催眠学会

ThinkBuzan公認インストラクタートリプルホルダー(MindMap、速読法、記憶術)
セロトニントレーナー
インタメ®クラブ(旧カリスマ講師養成クラブ)認定講師
エンターテイメントプレゼンテーション認定講師
感動プレゼンテーション認定講師

経 歴:精神科作業療法に従事する。そのなか、臨床実習指導と院内改善指導に携わり、統合的な視点で医療の質向上をマネジメントする取組みを10年にわたり行ってきた。IAIRに参加することで、病ではなく人をみる視点を手に入れ、同時に組織も人と同じく、病を抱えていることに気づく。療法士一人一人が組織に関われるよう多角的な視点を持てるよう、人財育成とマネジメントに関する発信を行っている。

 

申 込

 

 素敵な会場で
一生もののプレゼン力を手に入れちゃいましょう!
%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%8d%e9%ba%bb%e5%b8%83%e5%8d%81%e7%95%aa

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

・IAIRテクニックについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・リハ栄養について
・女性セラピストについて
・東洋医学とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報

が今後配信されます。

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。