IAIR関東学会【春の陣】4/29.30

臨床で確実に結果が出せる徒手的療法セミナー


イベント詳細


一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会認定

臨床で確実に結果が出せる
徒手的療法セミナー

新人セラピストでも確実に結果が出せ、
即効果が現れるテクニックをお伝えします!

このセミナーでは中々臨床で結果が出せにセラピストの為に、数あるIAIRコンセプトに基づくテクニックの中から確実に結果が出せる技術を選出しお伝え致します。

*平成29年度に1年目〜3年目になるPT,OT,STのみを対象としています。
 経験4年目以上のセラピストの受講はお断り致しております。

質問:新人のあなた、数年後にこんなセラピストになりたいですか?

↓  ↓  ↓

 × 自分の経験年数が恥ずかしくて言えない「経験年数だけPT(OT)」
 × 出来る後輩に対して劣等感を持っている「コンプレックスPT(OT)」
 × 結果は出せないのに理屈で誤魔化してばかりの「オタクPT(OT)」
 × 治療よりも周りの批判が上手い「自称評論家PT(OT)」
 × 結果が出ないのを患者さんのモチベーションのせいにして逃げる「無責任PT(OT)」
 × 職場を変えたくても実力的に働ける分野が限られている「リストラ候補PT(OT)」
 × 臨床実習生にしか偉そうな事が言えない「ダメPT(OT)」

あなたは、そうはならないで下さい!

解決策は!?:

 患者様と周りを納得させるだけの結果が出せるセラピストになる勉強をする!

この中に一つでもあなたの目標と同じ項目があったら受講をお奨めします

  •  とにかく結果が出せる様になりたい!
  •  本当の意味で患者さんの役に立てるセラピストになりたい!
  •  患者さんに確実に選ばれるセラピストになりたい!
  •  どんな現場でも活躍出来るセラピストになりたい!
  •  本当のプロフェッショナルになりたい!
  •  将来リストラされるようなセラピストにはなりたくない!

 

[新人セミナーの説明]*必ず観て下さい

 

[ 講 習 内 容 ]

 体幹、下肢それぞれの部位で特に結果が出しやすいテクニックを集めて紹介致します。
 臨床ですぐに実践出来るテクニックばかりです。

  1. 効果的に介入するための触診ポイント
  2. 下肢:拮抗反射を活用した股関節ROMex
  3. 体幹:腹部ポンピングテクニック
  4. 下肢:腓骨のリ・アライメントテクニック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1、効果的に介入するための触診ポイント
 
触診技術を高めるためのポイントをお伝え致します。
 

治療効果:

  • 全ての徒手技術の効果、精度が上がる
  • 患者さんの負担軽減につながる
 
 
 

3、大腰筋と腸骨筋間のリリーステクニック

大腰筋と腸骨筋の両方を合わせて腸腰筋と言いますが、多くの患者さんはこの両筋間が癒着しており互いの機能が十分に発揮出来ない状態に陥っています。

治療効果:

  • 腰椎〜骨盤〜大腿骨の分離性の改善
  • 腸腰筋性の腰痛の改善
  • 立位バランスの改善
  • 歩行機能(特に立脚層)の改善

3、腹部ポンピングテクニック

腹部を押すことによって全身の緊張を整えるテクニックです。

治療効果:

  • インナーマッスルの機能改善
  • 腹部血流増加
  • 内臓の硬さの軽減
  • 脊柱の可動性向上

4、腓骨のリ・アライメントテクニック

加齢と共に外側下方にアライメントが崩れてしまう腓骨の調整テクニックです。

治療効果:

  • 外側に落ちている重心がしっかり脛骨(内側)に乗り、立位が安定します。
 
 

[ 受講生からの感想 ]

患者さんの喜ぶ顔が見れるよう練習して自分の技術にしたいと思った
患者さんに還元したい
とても丁寧に教えていただき、理解を深める事ができた
1年目には技術向上の場が必要
実技が多く、指導が丁寧、緊張せずに学べた
自分の身体で体験することで実感が持てた
すぐに効果が実感出来て楽しかった

IAIRは受講者さんの技術習得率を非常に重視しております。
受講される方に対して習得率を上げる為に以下の事柄を推奨いたします。
・受講時学んだ技術は必ず臨床で使用して下さい。
・IAIR主催の復習会にご出席下さい。
・DVD教材を用いて受講前の予習、受講後の復習を行って下さい。
・同僚の方と一緒に受講し、職場で毎日10分でもいいので練習会を行って下さい。
・学んだ技術がある程度臨床レベルで使える様になったら職場で伝達講習会を開催して下さい。
*上記の内容に関しては義務ではありませんが、実践する事でかなり習得率が高まることを保証いたします。

注意:IAIRは受講者の方の技術習得を一番に考えています。以下の様な方は外の受講者の迷惑になりますので受講をお控え下さい。
・学ぶだけで復習しない方
・自己満足の為に受講される方
・臨床で実践して出来ないとすぐ諦めてしまう方
・治療結果の追求よりも理屈の方が好きな方
・患者さんのことを真剣に考えない方
・自分の将来を良くする為の努力をされない方

[よくある質問]

、基礎が出来ていなくても大丈夫?
,結果を出せる考え方、結果が出せる解剖の勉強の仕方、結果が出せる患者さんとの接し方等、セラピーの根本原則から教えています。

,評価さえ出来ていないのに大丈夫?
,正確な評価とは「問題の分析」→「問題点の抽出」→「治療による問題点の検証」
この3工程が必要になります。つまり「治療」が出来なければ「検証作業」が出来ないので正確な評価は不可能になります。だから「結果を出す事」から学ぶのです。そして、患者様は絶対的に「結果」を求めています。

、自費の技術を学ぶ前にリハビリの方をしっかり学ぶべきなのでは?
、「自費の施術」「リハビリ」と分けてはいますが、実際にはどちらも同じ人の身体に対して施す事なので大きな違いなどありません。あるのは「自費現場の技術は大きな結果が出せる」という事実だけです。

、難しいのでは?
、IAIRの講義は「結果を出す」ことだけに焦点を当てている為、非常にシンプルで習得率の高い内容となっています。多く受講生は学び初めて1~2年で「出来る先生」と患者様に認知されるようになっています。

         [ 講 習 会 詳 細 ]

*こちらの新人向けプログラムは、少しでも新人の方に結果を出す素晴らしさをお伝えする為に他のIAIR認定プログラムと比較して安価にて提供させて頂いております。

開催日時 :2017年5月13日(土)10時〜16時

会場  :板橋区グリーンホール 504会議室【東京都板橋区栄町36-1】
     アクセスはこちら

受講料 :8,532円(税込) 返金保証付き!

講 師 :IAIR認定アドバンスインストラクター

対 象 :理学療法士、作業療法士、言語聴覚士(経験年数三年目まで)

返金保証:講義の内容に不満がある場合は無条件で全額返金いたします。
     講義後に事務局までご連絡下さい。

>>> 申込はコチラ <<<

 

保証制度を導入します!

「 IAIRは凄腕セラピスト集団!?」

 確かにそういう面もあります。しかし、IAIRの本当の顔は「人を育てるプロの集団」です。第一期インストラクター(現アドバンスインストラクター)も会長に弟子入り1年で指導者に育て上げました。その経験を活かし、「どうすれば受講生さんが技術を習得できるか」を徹底的に追求してきました。

  「IAIRは結果が出せるセラピストを育てる専門家集団、我々は教えるプロです」

 A-classまで終了して、「周りのセラピストよりも明らかに自分は出来る!」と実感されなかった場合は、そう実感されるまで会長、アドバンスインストラクターが個別アドバイスでフォローアップ致します。もちろん、実感できるまで何度でも対応させて頂きます。これが我々の”責任“です。

とあるセラピストの悩み相談:

「自分が良いセラピストになれるのか不安でたまりません。」

[不安]は「止める理由」ではありません。行動する理由」です。

 ×  行動せず一生不安を抱える

 ○ 行動して不安を解消する

  

この決断は人生の大きな分岐点になる。そうは思いませんか?IAIRはあなたの決断を徹底サポートします!!

メールマガジンについて:
IAIRの講習会を受講された方、DVDを購入された方にはメールマガジンを配信させて頂いております。こちらでは講習会受講者の方への重要な連絡事項をお伝えする手段としても使用いたしておりますので、コラム等お読みになりたくない内容に関しては出来ればメールを削除する事でご対応下さい。
配信を希望されない方に関してはセミナー受講、DVDの購入をお断りさせて頂きます。
*お申し込みされた方は配信に同意されたと判断させて頂いております。

IAIRは短時間で結果が求められる訪問の現場でも通用する技術をお伝えします。

>>> 申込はコチラ <<<

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。