第三回IAIR学術大会10/28.29

スクワットはハムストリングスを鍛える!?

FROM:藤田智史

皆様、メリークリスマス!

 

先日、勤務先でクリスマス会があり、服の中にタオルを入れるなどしてよりそれっぽくごまかしながらとある格好をしました(笑)

 

 お子さんにもうけてもらえたようで、安心しました(^^

 

今回は、【スクワット】ということでお伝えしていきたいと思います。

 

スクワットはどこを鍛えるのですか?

 

と聞かれたら、どこと答えるでしょうか…?

 

大腿四頭筋? そして体幹も一緒に?

 

 

私は学生の頃実習地で、スクワットをする時に膝をつま先から前に出すと膝への負担が大きくなる。

その状態で行うと、大腿四頭筋だけでなくハムストリングスの強化にもなる。と教えて頂いたことがあります。

 

その当時はなぜハムストリングスが働くのかよくわからず、主動作筋が働く際に拮抗筋の安定性も必要というようなあいまいな答えを出していた気がします。

 

この動作は、ここを鍛えるというような暗記するような形で物を覚えようとしていたため、これはこうなる!と決めつけて考えようとしていた面もあったと思います。

 

 では、スクワットはどこを鍛えるのか?

神経的な要素もあるとは思いますが、身体質量と関節モーメントから見ていきたいと思います。

 

 (今回は分かりやすく上半身質量中心(重心位置)を目安に考えていきたいと思いますが、実際には膝では大腿部の質量もかかわってくるので若干の変化はあります。)

 

スクワット

 

このような場合、

上半身質量中心は股関節の直上、膝関節の後方にあります。

(重心位置が後方の場合)

このため、股関節への負担は少なく、膝関節へは伸展モーメント、大腿四頭筋の筋活動の向上が起こります。

 

この動き方は着座やしゃがみ込む際などに膝前面に負担の大きい動きにもなり、膝中心に頑張ってしまうことになります。

 

 スクワット1

このような場合

上半身質量中心は股関節の前方、膝関節の直上を通ることになります。

(重心位置が前方の場合)

このため、股関節へのモーメントの距離が長くなり、ハムストリングや大臀筋の張力が必要になり、膝への負担は少なくなってきます。

 

前方に重量を増加させればさらに重心は前に行く事になります。

 

注意点として大腿四頭筋の力で骨盤の前傾位を強くしてしまうと、前方重心でも大腿四頭筋の張力は大きくなる場合もあります。

 

どこを鍛えたいのか?

 

その点を考えながら、またどこの部分がきついかを聞きながら行っていただくといいと思います。

 

いかがでしょうか?すべてが重心とモーメントで片付くわけではありませんが、1つの指標としていただければ幸いです。

 

 

追伸1:脊柱が円背であれば重心位置は後方位になりやすく、さらに足関節背屈制限があれば前方に重心も移しにくいですよね。そういった点もかかわってきますし、立ち座りの際にも応用できると思います。

 

///////////////////////////////////////////////////////
—●○
 IAIR 認定講習会の案内 ○●—
///////////////////////////////////////////////////////

IAIRのセミナーを体験してみませんか?
・【機能的な体幹を獲得するための徒手&促通テクニックセミナー】

開催日時 2016年12月17・18日(土・日) 両日10:00~16:00

残席わずか!
12/16 18:00まで受付中!

会場:砂町文化センター 和室
(〒136-0073 東京都江東区北砂5-1-7)

詳細はこちら
》》》http://iairkanto.jp/iaircore/

【臨床で確実に結果が出せるIAIRコンセプトに基づくテクニック集セミナー】
開催日時 2017219日(日) 10001600

会場:東京メディカルスポーツ専門学校
(〒134-0088 東京都江戸川区西葛西3-1-16)

詳細はこちら
http://iairkanto.jp/seminars/nintei/beginer/

OTOTによるOTのためにセミナー】
4月15・16日(土日)
詳細はこちらから
http://iairkanto.jp/seminars/otseminar/

 

 

 

参考文献

1)山口光圀ら著(2009) 結果の出せる整形外科理学療法学  メジカルビュー社

2)市橋則明(2009)編:理学療法プログラムデザイン  文光堂

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す