IAIR関東学会【春の陣】4/29.30

片麻痺の歩行では体幹のココを見ろ

From:覆面インストラクター TOSHI

 

 

麻痺側の振り出し、

ブルンストロームステージ2〜3の方がうまく出せていて、

ステージ4の方が引っかかっていたりしている事も

見かけますよね。

 

足部に着目しがちですが、その他が原因な場合も

多くあります。

 

前回に引き続き振り出しについての話です。

 

CVAコラム44回目

「下肢を振り出す時には体幹のココを見ろ」

 

前回は振り出しの際のポイントの紹介と、

1つ目のポイント「非麻痺側のスタンス」について

>>>前回の記事はこちら http://iairkanto.jp/cva44/

 

本日は

2の「体幹のアライメント」をどのように観察すればよいか紹介します。

 

・麻痺側の骨盤が下制している場合

1465119673235

下がっている分足が出ずらくなります。

浮いている足の重み分を支える体幹の安定性がない状態です。

主にステージ2の方に多いでしょうか。

 

・麻痺側の肩甲帯が下制している場合

1465119667332

下制している分、麻痺側の筋郡の短縮が起こり、体幹の不安定性を招きます。

 

・腹部が前方へ突出している場合

お腹が前に出ていると足が後ろに残るので、

振り出しの際、より床から足を離していく際に力が必要です。

また、前面筋が伸びきった状態なので、筋出力が発揮されない状態となっています。

 

・上部体幹が屈曲している場合

1465119692900

腹部の筋の短さでの体幹の不安定性、

または屈筋優位での固定により非麻痺側下肢の屈曲を招きます。

先程の肩の下制から波及している場合も多いのですが、

 

見落としがちなのは杖の使い方です。

1465119695447

このように杖を使っている方、多いのではないでしょうか?

この持ち方だと上肢から体幹にかけて屈曲方向の連鎖が起こり、

体幹の伸展活動を阻害することになります。

 

 

 

あなたの担当が歩行している際に、

今日紹介したポイントが見られるようならば、

歩行をより楽にできるようになるチャンスです。

 

是非、観察してみてください。

 

このコラムでは脳血管障害について、

今までの経験や知識を交えながら書き、

あなたの臨床観を少し広げるお手伝いをできればと思います。

ありがとうございました。

福田俊樹シルエット

 

 

 

 

 

 

 

 

 関東支部 認定インストラクター TOSHI

追伸1

前回と今回と診るポイントについて紹介しています。

そのポイントについて、どんなリハビリを行っていけばよいか、

詳しく知りたいかたはTOSHIまでご連絡下さい

toshi■■iairkanto.jp(■■@に置き換えてください)

 

 

追伸2

自分の知識や経験は「体験」することによって

文字通り身に付きます。

TOSHIも「体験」することによって自信が持てました。

IAIRでは多数のインストラクターによる実技中心のセミナーを行っています。

「体験」をしにきませんか?

 

【膝疾患に対する骨格テクニックと筋膜テクニックセミナー】

東京 2016年6月18日 10:00~16:00

>>> http://iairkanto.jp/seminarsninteiknee/

 

追伸3

姿勢コントロールの評価、治療の仕方。

知りたいかたはこちら。

 

関東では年一回開催の
7/23,24のCVAセミナーにてお伝えしています。

残り枠があと10名を切っております。

 

【脳卒中片麻痺に対する基盤的治療と評価】

東京 2016年7月23・24日 10:00~16:00

>>>http://iairkanto.jp/seminars/nintei/cva/ 

 

IAIR公式メルマガを購読してみませんか?

  • 各執筆者のコラム
  • 最新セミナー情報
  • 先行インサイダー情報
  • 格安DVD割引情報

などが配信されます。

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す