第三回IAIR学術大会10/28.29

立ち直り反応の罠

From:覆面インストラクター TOSHI

 

師走に入りました。

「師走」は師匠が走る、だけでなく、

諸説あるようで、「し果す」

四季が全て終わる。一年の締めくくりという説もあるそうです。

 

今年の締めくくりの一月、と考えると

1日1日大切に過ごせるような気がします。

 

 

それではCVAコラム35回目

「立ち直り反応の罠」

をお送りします。

 

先日、職場でこんな話をしていました。

 

後輩
「この患者さん、体幹の立ち直り反応がでるようになったんですよー」

TOSHI
「いやいや、立ち直り反応は全ての患者さんにあるから」

 

後輩
「でも、座位保持で押すと崩れてしまっていたのが
踏みとどまれるようになったんですよ」

 

後輩とのズレはどうして生じているでしょうか、
立ち直り反応ってそもそも何だと思いますか?

 

普段、あなたが反応を見る方法にヒントがあります。
※端座位での立ち直り反応の評価とします。

 

方法1
転倒せず行けるところまで自分で体重を左右にそれぞれ乗せていってもらう

方法2
転倒せずに身体を保てるギリギリのところまでこちらで押していく

方法3
抵抗感のない範囲で身体を動かせる範囲までこちらで動かしていく

方法4
急激な外乱を加える

 

あなたはどの方法で見ていますか?

実はこれは全てそれぞれ別の反応をみています。

 

 

 

方法1
転倒せず行けるところまで自分で体重を左右にそれぞれ乗せていってもらう
→自動運動下でのバランス能力

 

方法2
転倒せずに身体を保てるギリギリのところまでこちらで押していく
方法4
急激な外乱を加える
→外乱を加えられた際のバランス能力

 

方法3
抵抗感のない範囲で身体を動かせる範囲までこちらで動かしていく
→座位での姿勢コントロール能力

 

どれも見ているものが違うでしょう?

目的に合わせて方法を選択しなければいけません。

TOSHIは良く方法3を見ます。

 

例えば、歩行で麻痺側立脚期に体幹が麻痺側に崩れてしまう方がいます。
麻痺側に崩れる原因を特定する際に、

方法3を用いると

体幹が崩れたら体幹の問題、
崩れなかったら下肢の問題と推測することができるようになります。

一見方法1も似ていますが、

1だとバランスをとれる範囲目一杯見ているので、
姿勢保持筋のみならず、動作に利用する筋肉も動員されており、
動作中の姿勢コントロールを評価するということに関しては不適切といえます。

 

あなたのいつもとっている評価。
その評価にどのような意味があるか、今一度考えてはどうですか?

 

・みんな評価しているから

・先輩に言われたから、

といって、案外、必要ないものも多いかもしれません。

 

 

このコラムでは脳血管障害について、

今までの経験や知識を交えながら書き、

あなたの臨床観を少し広げるお手伝いをできればと思います。

ありがとうございました。

福田俊樹シルエット

 

 

 

 

 

 

 

 

 関東支部 覆面(認定)インストラクター TOSHI

 

 

 

追伸1

自分が新人の時は、まず動ける範囲動いてもらい、その後倒れずに押せる範囲を評価しろ。

と先輩に教えられました。

実際の生活場面の中での問題点がどう結びつくかを考えないまま、

言われた通りにやっていたなぁと思い出します。

 

追伸2

脳卒中包括的リハビリテーションアプローチ【CCRA】

・脳卒中後遺症者のリハビリが自信を持って行え、患者さんから信頼されるセラピストの育成を行う

・病院や企業と提携し全国の脳卒中リハビリ難民をゼロに

>>> http://iairjapan.jp/ccra/

追伸3

【新人が確に結果が出せる技術集

結果が出せずに悩んでいませんか?

悩んで立ち止まるより、仲間達と情報交換することで解決できることもありますよ。

>>> http://iairkanto.jp/seminars/nintei/beginer/

B-class認定講座第7期の募集開始!

これまで276名の結果が出せるセラピストを輩出してきたこのコース。
新人から、身体アプローチをしてこなかった精神科作業療法士まで、誰でも習得できる、
習得率の非常に高い再現性のある技術集です。

何より、脳科学的エビデンスに基づいた学習法を取り入れているので、
習得翌日の臨床から現場で使えることをお約束します。

IAIR認定講座は学んで終わりにはしません!

今すぐ、お申し込みください! >>> B-classライセンスコース申込

(認)B-class リハビリの臨床で確実な結果が出せる 脊柱の評価とアプローチ
定員 40席(残席18
脊柱申込  https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=18 
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/spinal/
日時:脊柱1 2017年6月11日(日)
   脊柱2 2017年7月8日(土)

(認)B-class 頸部体幹治療の為の筋膜、軟部組織アプローチ
定員 40席(残席20
筋膜申込  https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=19
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/fascia/
日時:筋膜1 2017年7月9日(日)
   筋膜2 2017年9月9日(土)

(認)B-class 臨床で結果が出せない原因が分かる リハビリセラピストtune upセミナー
定員 40席(残席20
TUNE UP申込 https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=22 
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/tuneup/
日時:TUNE UPセミナー 2017年8月19日 10:00~16:00

(認)B-class 評価とアプローチの為の触診”達人のタッチ”
定員 40席(残席20
触診申込  https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=23
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/touch/
日時:触診セミナー 2017年8月20日 10:00~16:00

(認)B-class リハビリの臨床で結果が出せる 上肢の評価とアプローチ
定員 40席(残席20
上肢申込  https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=20
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/upperlimbs/
日時:上肢1 2017年9月10日 9:30~16:30
   上肢2 2017年10月7日 10:00~16:00

(認)B-class リハビリの臨床で結果が出せる 下肢の評価とアプローチ
定員 40席(残席20
下肢申込 https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=21
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/lowerlimbs/
日時:下肢1 2017年10月8日 9:30~16:30
   下肢2 2017年11月11日 10:00~16:00

B-class検定試験
検定申込 https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=48
詳細ページ http://irajapan.jp/basic12finished/
日時:東京B1・2検定 1日目 2017年12月9日 10:00~16:00
            2日目 2017年12月10日 10:00~16:00

 

今月のセミナー予定はこちら
http://iairkanto.jp/calender/

よくあるご質問と回答はこちら
http://iairkanto.jp/faq/

ご質問・リクエストなどはこちらから
http://iairkanto.jp/info/

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す