第三回IAIR学術大会10/28.29

関節可動域訓練は必要か?

From:覆面インストラクター TOSHI

先日初めて「シマホ」に行ってきました。

 

ホームセンターのみならず、
家具・インテリア、洋服、
フードコートやゲームセンター、
整体院まで入ってるんですね。

 

休日家族で来て、

お父さんに子供をゲームセンターに連れて行ってもらう間に、

お母さんは整体院でリラックス。

 

リハビリも

もっと気軽に一般の方に触れてもらう機会が

増えると自然と職域拡大に繋がっていきますでしょうか。

 

それではCVAコラム33回目

「関節可動域訓練は必要か?」

をお送りします。

 

関節可動域訓練

 

セラピストなら誰しもが行った事がある訓練です。

 

関節可動域の訓練ってどんな時に行っていますか?

 

・踵が着かない方への足関節背屈制限に対して

・座位がとれない方への股関節屈曲制限に対して

・手を上げられない方の肩関節屈曲制限に対して

 

では、ADLに影響の無い程度の

軽微な可動域制限がない方は必要ないのでしょうか。

 

いえいえ、
他にもこんな使い方があります。

 

 

・立ち上がり動作での脊柱一つ一つの伸展を引き出し起立動作を楽に行えるようにする

・寝返り動作での肩甲胸廓関節の可動範囲を広げて、動作時の過剰努力を軽減する

 

どうして、関節可動域訓練で動作が改善すると思いますか?

関節の動きが滑らかになった、というのはもちろんですが

もう一つ重要な要素があります。

 

 

それは

筋出力を最大限に生かすことができます。

 

つまり、より少ない力で

動かすことが出来るようになります。

 

それは何故か。

関節モーメントを思い出して見ましょう。
(忘れた方は基礎運動学等をチェック!)

 

運動中心(関節)に対して、

重心位置が近ければ近いほど、わずかな力で済むのです。

 

 

具体的には

・立ち上がり動作での脊柱一つ一つの伸展を引き出し起立動作を楽に行えるようにする

脊柱の一つ一つの伸展の可動域があると、

離殿前の股関節、その後の膝関節、足関節の運動中心に対して

重心を近づけることができます。

 

脳卒中の後遺症の方は特に腰椎を一つの固まりの様に固定しているので、

重心が後方に行きがちで有る為、より多くの力を必要としています。

 

 

・寝返り動作での肩甲胸廓関節の可動範囲を広げて、動作時の過剰努力を軽減する

肩甲上腕関節、肩甲胸郭関節、胸肋関節・肋椎関節、脊柱と運動中心が移るにつれて、

それぞれの関節に対し遠位部の質量が近ければ近いほど少ない力で回旋できます。

 

言い換えると

横に平べったい楕円形の柱より、

まん丸とした円柱が転がり易い、

ということです。

 

脳卒中の後遺症の方は体幹が不安定の為、

安定する為に肩甲胸郭関節を固める場合が多いです。

その影響で、代償として脊柱の伸展が過度に起こったり、

上肢の屈曲パターンが出現したりします。

 

まとめます

動作に支障が無い方でも関節可動域を広げることは有効である
(急性症状やルーズな場合等、勿論例外はあります)

・神経筋活動の促通、筋力増強訓練前に、可動域を拡大しておくと効率的に動くことができる

 

 

動作が出来ない、努力性が強いのは

「力が足りない」のでは無く「可動域が少ない」のかも知れません。

 

神経筋システムの促通や筋力増強訓練を行う前に

少し思い出してみて下さい。

 

 

このコラムでは脳血管障害について、

今までの経験や知識を交えながら書き、

あなたの臨床観を少し広げるお手伝いをできればと思います。

ありがとうございました。

福田俊樹シルエット

 

 

 

 

 

 

 

 

 関東支部 覆面(認定)インストラクター TOSHI

 

追伸1

ただ、適当に関節可動域訓練を行っても全く意味がありません。
(何と無くやっている人はうちの病院でも多いです)

目標とする姿勢・動作を遂行するにあたり、必要な場所に行わなければいけません。

 

追伸2

IAIRのテクニックは関節の可動範囲を広げるテクニックを全身学べます。

年内、追加で認定講座が行われることが決定しました。

人気の骨盤の認定講座を受けるチャンスです。

 

仙台>> 2015年10月18日 @ 09:30 – 16:30筋連鎖で全身が変わる!骨盤の評価と治療法1

名古屋> 2015年10月18日 @ 09:30 – 16:30筋連鎖で全身が変わる!骨盤の評価と治療法1

東京>> 2015年11月14日 @ 09:30 – 16:30筋連鎖で全身が変わる!骨盤の評価と治療法1

福岡>> 2015年11月28日 @ 09:30 – 16:30筋連鎖で全身が変わる!骨盤の評価と治療法1

 

 

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す