第三回IAIR学術大会10/28.29

立ち上がり動作で最も大事なポイント

From:覆面インストラクター TOSHI

 

梅雨がそろそろでしょうか、

雨が降る日が多くなってきました。

 

毎年憂鬱なのですが、

今年初めてレインブーツを買ったので雨の日が今か今かと待ち通しいです!

物一つで気分がガラッと変わるのは不思議なものですね。

 

それでは

 

CVAコラム19回目

「立ち上がり動作で最も大事なポイント」

をお送りします。

 

立ち上がり動作。

 

脳卒中の患者さんでは、

車椅子ベースであっても、歩行ベースであっても、

活動を拡大していく為に重要な課題です。

 

しかし立ち上がり動作は複雑で、

動作の場面場面において、身体の使い方が異なり、

見るべきポイントはたくさんあります。

 

なので動作の評価や分析は大変ですよね?

 

見るべきポイントはたくさんあるのですが、

根本には1点、押さえておく重要なポイントがあります。

 

ポイントを確認する前に、

立ち上がり動作の構成をおさらいしてみましょう。

立ち上がり動作は主に2つの戦略があり、

3~4つの過程に分けられています。

 

戦略は
・パワーストラテジー

・モーメントストラテジー

 

過程は

・前方への重心移動期

・臀部離床期

・上方への重心移動期 等

で分類されています。 

 

立ち上がり動作を分析する際にこれら各期に分類し、各期においてどの様な戦略を使っているか、

を考えていきます。

 

そこで前述の通り、着目するポイントが多数ありますが、

この時一つのポイントに着目しすぎると、

動作全体を振り返った時に動作効率を悪化させている場合も少なくありません。

 

例えば、よく効くフレーズNo1

「お辞儀をするようにしてください」

 

CVAの方は骨盤後傾している場合が多く、端座位では後方重心を示します、

そこで前方重心移動期において体幹を前傾し重心を前方に移動したく、

この指示を出すことがあります。

 

そうすると起こる活動は

骨盤が後傾位のまま動かずに股関節の屈曲が起こることが多いです。

 

重心は前方には移るのですが、

次の臀部離床期において骨盤後傾位の為、よりパワーが必要で、

かつ腸腰筋、大腿直筋が働かず股関節の固定ができない為、

前方重心移動期の力を下肢に伝えることができなくなってしまいます。

 

 

それでは抑えておく、重要なポイントとは

 

立ち上がり動作は

臀部、足部で形成されている支持基底面を足部のみに移行する動作

であることを念頭に理解しておくことです。

 

 

様々なポイント、つまり

どの様な戦略でも、どの様な過程の時も、どの身体の部位に関しても分析する上で

 

支持基底面を足部のみに移行する上で効果的に働いているかどうか抑えておくと

動作全体に立ち戻った時もそれぞれが調和し効率的な動作となります。

 

動作を分析するには、いくつかの過程に分け、整理すると

考えやすいことは確かです。

 

しかし、細部に意識をし過ぎると

動作全体として、上手くいかない場合もあります。

 

そんな時は

シンプルに動作の成り立ち、目的を改めて考えてみても良いかも知れません。

 

このコラムでは脳血管障害について、

今までの経験や知識を交えながら書き、

あなたの臨床観を少し広げるお手伝いをできればと思います。

 

ありがとうございました。

福田俊樹CCRA

 

 

 

 

 

 関東支部 覆面(認定)インストラクター TOSHI

 

追伸1

脳卒中包括的リハビリテーションアプローチ【CCRA】

・脳卒中後遺症者のリハビリが自信を持って行え、患者さんから信頼されるセラピストの育成を行う

・病院や企業と提携し全国の脳卒中リハビリ難民をゼロに

>>> http://iairjapan.jp/ccra/

 

 

追伸2

以前のコラムでも別の切り口で紹介しました。

目標、目的を見失わないようにしたいですね。

「木を見て森を見ず」

>>> http://iairkanto.jp/cva15/

 

追伸3

 

【新人が確に結果が出せる技術集

結果が出せずに悩んでいませんか?

悩んで立ち止まるより、仲間達と情報交換することで解決できることもありますよ。

>>> http://iairkanto.jp/seminars/nintei/beginer/

 

B-class認定講座第7期の募集開始!

これまで276名の結果が出せるセラピストを輩出してきたこのコース。
新人から、身体アプローチをしてこなかった精神科作業療法士まで、誰でも習得できる、
習得率の非常に高い再現性のある技術集です。

何より、脳科学的エビデンスに基づいた学習法を取り入れているので、
習得翌日の臨床から現場で使えることをお約束します。

IAIR認定講座は学んで終わりにはしません!

今すぐ、お申し込みください! >>> B-classライセンスコース申込

(認)B-class 筋連鎖で全身が変わる!骨盤の評価とアプローチ
定員 40席(残席26
骨盤申込  https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=17
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/pelvis/
日時:骨盤1 2017年5月14日(日)   9:30~16:30
   骨盤2 2017年6月10日(土) 10:00~16:00

(認)B-class リハビリの臨床で確実な結果が出せる 脊柱の評価とアプローチ
定員 40席(残席32
脊柱申込  https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=18 
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/spinal/
日時:脊柱1 2017年6月11日(日)
   脊柱2 2017年7月8日(土)

(認)B-class 頸部体幹治療の為の筋膜、軟部組織アプローチ
定員 40席(残席33
筋膜申込  https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=19
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/fascia/
日時:筋膜1 2017年7月9日(日)
   筋膜2 2017年9月9日(土)

(認)B-class 臨床で結果が出せない原因が分かる リハビリセラピストtune upセミナー
定員 40席(残席36
TUNE UP申込 https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=22 
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/tuneup/
日時:TUNE UPセミナー 2017年8月19日 10:00~16:00

(認)B-class 評価とアプローチの為の触診”達人のタッチ”
定員 40席(残席36
触診申込  https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=23
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/touch/
日時:触診セミナー 2017年8月20日 10:00~16:00

(認)B-class リハビリの臨床で結果が出せる 上肢の評価とアプローチ
定員 40席(残席36
上肢申込  https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=20
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/upperlimbs/
日時:上肢1 2017年9月10日 9:30~16:30
   上肢2 2017年10月7日 10:00~16:00

(認)B-class リハビリの臨床で結果が出せる 下肢の評価とアプローチ
定員 40席(残席36
下肢申込 https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=21
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/lowerlimbs/
日時:下肢1 2017年10月8日 9:30~16:30
   下肢2 2017年11月11日 10:00~16:00

B-class検定試験
検定申込 https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=48
詳細ページ http://irajapan.jp/basic12finished/
日時:東京B1・2検定 1日目 2017年12月9日 10:00~16:00
            2日目 2017年12月10日 10:00~16:00

 

今月のセミナー予定はこちら
http://iairkanto.jp/calender/

よくあるご質問と回答はこちら
http://iairkanto.jp/faq/

ご質問・リクエストなどはこちらから
http://iairkanto.jp/info/

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す