肩疾患の問題解決講座

立ち上がり動作で最も大事なポイント

From:覆面インストラクター TOSHI

 

梅雨がそろそろでしょうか、

雨が降る日が多くなってきました。

 

毎年憂鬱なのですが、

今年初めてレインブーツを買ったので雨の日が今か今かと待ち通しいです!

物一つで気分がガラッと変わるのは不思議なものですね。

 

それでは

 

CVAコラム19回目

「立ち上がり動作で最も大事なポイント」

をお送りします。

 

立ち上がり動作。

 

脳卒中の患者さんでは、

車椅子ベースであっても、歩行ベースであっても、

活動を拡大していく為に重要な課題です。

 

しかし立ち上がり動作は複雑で、

動作の場面場面において、身体の使い方が異なり、

見るべきポイントはたくさんあります。

 

なので動作の評価や分析は大変ですよね?

 

見るべきポイントはたくさんあるのですが、

根本には1点、押さえておく重要なポイントがあります。

 

ポイントを確認する前に、

立ち上がり動作の構成をおさらいしてみましょう。

立ち上がり動作は主に2つの戦略があり、

3~4つの過程に分けられています。

 

戦略は
・パワーストラテジー

・モーメントストラテジー

 

過程は

・前方への重心移動期

・臀部離床期

・上方への重心移動期 等

で分類されています。 

 

立ち上がり動作を分析する際にこれら各期に分類し、各期においてどの様な戦略を使っているか、

を考えていきます。

 

そこで前述の通り、着目するポイントが多数ありますが、

この時一つのポイントに着目しすぎると、

動作全体を振り返った時に動作効率を悪化させている場合も少なくありません。

 

例えば、よく効くフレーズNo1

「お辞儀をするようにしてください」

 

CVAの方は骨盤後傾している場合が多く、端座位では後方重心を示します、

そこで前方重心移動期において体幹を前傾し重心を前方に移動したく、

この指示を出すことがあります。

 

そうすると起こる活動は

骨盤が後傾位のまま動かずに股関節の屈曲が起こることが多いです。

 

重心は前方には移るのですが、

次の臀部離床期において骨盤後傾位の為、よりパワーが必要で、

かつ腸腰筋、大腿直筋が働かず股関節の固定ができない為、

前方重心移動期の力を下肢に伝えることができなくなってしまいます。

 

 

それでは抑えておく、重要なポイントとは

 

立ち上がり動作は

臀部、足部で形成されている支持基底面を足部のみに移行する動作

であることを念頭に理解しておくことです。

 

 

様々なポイント、つまり

どの様な戦略でも、どの様な過程の時も、どの身体の部位に関しても分析する上で

 

支持基底面を足部のみに移行する上で効果的に働いているかどうか抑えておくと

動作全体に立ち戻った時もそれぞれが調和し効率的な動作となります。

 

動作を分析するには、いくつかの過程に分け、整理すると

考えやすいことは確かです。

 

しかし、細部に意識をし過ぎると

動作全体として、上手くいかない場合もあります。

 

そんな時は

シンプルに動作の成り立ち、目的を改めて考えてみても良いかも知れません。

 

このコラムでは脳血管障害について、

今までの経験や知識を交えながら書き、

あなたの臨床観を少し広げるお手伝いをできればと思います。

 

ありがとうございました。

福田俊樹CCRA

 

 

 

 

 

 関東支部 覆面(認定)インストラクター TOSHI

 

追伸1:脳卒中包括リハビリテーションアプローチ【CCRA】

・脳卒中後遺症者のリハビリが自信を持って行え、患者さんから信頼されるセラピストの育成を行う

・病院や企業と提携し全国の脳卒中リハビリ難民をゼロに

>>> http://iairjapan.jp/ccra/

 

 

追伸2

以前のコラムでも別の切り口で紹介しました。

目標、目的を見失わないようにしたいですね。

「木を見て森を見ず」

>>> http://iairkanto.jp/cva15/

 

追伸3:3月から第8期B-class認定講座開始!でも……

毎回IAIRコラムを読んでくださりありがとうございます。
ですが、そろそろ読んでいるだけでは物足りなくありませんか?
僕たち講師陣の思考を疑似体験した後は、是非実際に体験してほしい!
そんな機会を1月からどんどん増やしてみました!
認定講座を決断する前に、実際に体験に来ませんか?
https://iairjapan.jp/kanto-seminarschedule/exp

追伸4:第8期・9期B-class認定講座募集開始です!

現在、関東地区では2018年3月開始の第8期2018年9月開始の第9期の募集を開始しております。コース受講だけではなく、単回受講も可能です。
ライフスタイルに合わせて、受講をご検討ください!

既にIAIR体験をしたのなら、今すぐスケジュールをチェック!
今回から単回受講にも対応いたします!
https://iairjapan.jp/kanto-seminarschedule

 

今月のセミナー予定はこちら
http://iairkanto.jp/calender/

よくあるご質問と回答はこちら
http://iairkanto.jp/faq/

ご質問・リクエストなどはこちらから
http://iairkanto.jp/info/

–<<お願い>>———————————————–
【IAIRメルマガ】をお知り合いにご紹介ください。
メールマガジンの購読はもちろん無料。
気に入らなければ、いつでも簡単に購読解除ができます。
無料メルマガの 登録は こちらから。

http://iairjapan.jp/mailmagazine

================================
メールマガジン【IAIRメルマガ】
発行責任者: 森本 義朗 (社)国際統合リハビリテーション協会
発行者住所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-15-9 シルク恵比寿403
連絡先: http://iairjapan.jp
メールアドレス: info■■iairjapan.jp(■■を@に置き換えてください)
================================

※メルマガ配信 停止手続きについて:
こちらのメールマガジンでは講習会受講者の方への重要な連絡事項をお伝えする手段としても使用いたしております。
コラム等お読みになりたくない内容に関しては出来ればメールを削除する事でご対 応下さい。
配信停止をご希望され る方は以下のURLをクリックして下さい。

http://1lejend.com/stepmail/dela.php?no=xmvmvm&a_mail=###mail###

*重要なお知らせが届かなくなる可能性もあります。ご注意下さい 。
誤って配信停止にしてしまった方は以下のページより再登録出来ます。

 

https://iairjapan.jp/mailmagazine
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2011 国際統合リハビリテーショ ン協会  Allrights reserved
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す