管理職養成12回コース

麻痺側下肢の支持性って?

From:覆面インストラクター TOSHI

 

 

あなたは勤務先でフィードバックを

後輩にする機会ありますか?

 

本日はまず、病院でフィードバックの際に

TOSHIがよくする発言を紹介します。

 

「この表現ってどの人にも当てはまるよね?」

 

それでは脳血管障害コラム第3回

質的評価について
~麻痺側の下肢支持性って?~

 

をお送りします。

 

さて、後輩が
どんな表現をしていたかというと

 

【評価】
麻痺側下肢の支持性に乏しく、
また頸部や体幹の立ち直り反応が微弱であり
歩行に介助を要する。

 

【方針】
立位、歩行訓練に下肢の支持性を高め、、、

 

こんな感じです。

 

片麻痺を呈している方ならほぼ全て当てはまりますよね?

こんな大雑把ならば治療も必然的にとりあえず立つ、とりあえず歩く。

そんな感じでないでしょうか。

 

更に何度もフィードバックを重ねても、

別の患者さんになるとまた同じことが繰り返されます。

 

どうすればよいかわからないんですね、

TOSHI自身も昔はそうでした。

 

「麻痺側下肢の支持性が乏しい」

 

この誰にでも当てはまる評価の

個別性を出していくには

 

① 支持性があるとはどんな状態か
② どんな時に乏しいのか
③ どうして乏しいのか

 

を理解出来ていると良いですよね。

本日は①
について、考えてみましょう。

 

具体例を上げてみます。

 

歩行にて麻痺側立脚中期に膝折れが起こる、

まさしく支持出来ていない状態ですよね?

 

では膝が曲がらずに伸びていれば、

支持性があると考えて良いでしょうか?

 

TOSHIもそのように考えて、

膝関節の伸展モーメント、足関節の底屈モーメントを生み出せるように

大腿四頭筋のトレーニングや装具の導入を行いました。

 

すると膝折れは無くなったのですが、

立脚中期にて膝が伸びきってしまいました。

いわゆるロッキングという現象です。

 

ロッキングの影響で、矢状面では上半身の動揺が増え、

前額面においても振り出しが分回し様、

上肢の屈曲位固定が強まり動揺が増える結果となりました。

※治療法の選択や質では無く上記モーメントを引き出せる様にアプローチした結果と考えてください。

 

果たして支持性が高まったといえるのでしょうか?

 

支持性というものは単に

硬い・動かない状態にすればよいというものではありません。

それでは必ず他の部位にその影響が出てしまいます。

 

全く話は変わりますが、日本は地震が多いです。

高層ビルには地震対策として免震構造が施されています。

 

先ほどのロッキングのように硬い支柱を入れた場合では

振動に耐えきれずポッキリいってしまいます。

 

免震構造とは

「建物の基礎部分に特殊なゴム層などを入れて地盤と絶縁し、

地震の震動が地盤から建物に伝わるのを防ぐ仕組み」

だそうです。  2006-01-04 朝日新聞より

 

身体においても、この免震構造を作ることが支持性に繋がります。

安定性と可動性を同時に有している状態。

 

今回の例における支持性とは

四頭筋とハムストリングスが協調的に働いている状態、

その他、下腿前面、後面のみならず、

股関節、体幹、頭頸部等でも周囲筋が

タイミングよく協調的に働いている状態でしょうか。

 

ロッキングの状態は四頭筋の活動に比べ、

ハムストリングスの活動が足りなかったのかもしれません。

 

そうでもないかもしれません。  ←えっ!?

 

 

本日のまとめ

支持性というものは

安定性と可動性を有している状態、

また、各関節周囲の筋群が協調的に働いている状態、環境である。

 

 

いやいや

どうやってそれを評価すればいいの??

 

とか先ほど「えっ!?」

と思ったそこのあなた!

続きはまた次回に。

 

次回は②について考えてみましょう。

 

次回は

質的評価について
~共通項を見つけ出せ!~

 

※今回の内容で、疑問点、ご意見あればTOSHIまでメールをください!

  toshi★iairkanto.jp(★を@に変換してください)

 

 

 

我々は

IAIRを受講した全ての方に対し

全力でサポート致します!

ご意見・ご質問、取り上げてもらいたいテーマがありましたらご連絡下さい。

  toshi★iairkanto.jp(★を@に変換してください)

 

コラムでは

脳血管障害について

主に書いていこうと思います

このコラムにて

あなたに自分の想像力を超えるきっかけを作りたいと思っています!

 

有難うございました。

福田俊樹シルエット

 

 

 

 

 

 

 

関東支部 覆面(認定)インストラクター TOSHI

 

追伸1

脳卒中包括的リハビリテーションアプローチ【CCRA】

・脳卒中後遺症者のリハビリが自信を持って行え、患者さんから信頼されるセラピストの育成を行う

・病院や企業と提携し全国の脳卒中リハビリ難民をゼロに

>>> http://iairjapan.jp/ccra/

 

追伸2

【新人が確に結果が出せる技術集

結果が出せずに悩んでいませんか?

悩んで立ち止まるより、仲間達と情報交換することで解決できることもありますよ。

>>> http://iairkanto.jp/seminars/nintei/beginer/

 

 

 

B-class認定講座第7期の募集開始!

これまで276名の結果が出せるセラピストを輩出してきたこのコース。
新人から、身体アプローチをしてこなかった精神科作業療法士まで、誰でも習得できる、
習得率の非常に高い再現性のある技術集です。

何より、脳科学的エビデンスに基づいた学習法を取り入れているので、
習得翌日の臨床から現場で使えることをお約束します。

IAIR認定講座は学んで終わりにはしません!

今すぐ、お申し込みください! >>> B-classライセンスコース申込

(認)B-class 筋連鎖で全身が変わる!骨盤の評価とアプローチ
定員 40席(残席0
骨盤申込  https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSdfDpwHSo
詳細ページ https://iairjapan.jp/events/event/b-class-pelvis-tokyo
日時:骨盤1 2017年5月14日(日)   9:30~16:30
   骨盤2 2017年6月10日(土) 10:00~16:00

(認)B-class リハビリの臨床で確実な結果が出せる 脊柱の評価とアプローチ
定員 40席(残席0席
脊柱申込  https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSgjbIRnMa
詳細ページ https://iairjapan.jp/events/event/b-class-spine-tokyo
日時:脊柱1 2017年6月11日(日)
   脊柱2 2017年7月8日(土)

(認)B-class 頸部体幹治療の為の筋膜、軟部組織アプローチ
定員 40席(残席0席
筋膜申込  https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HShsbGcA
詳細ページ https://iairjapan.jp/events/event/b-class-fascia-tokyo
日時:筋膜1 2017年7月9日(日)
   筋膜2 2017年9月9日(土)

(認)B-class 臨床で結果が出せない原因が分かる リハビリセラピストtune upセミナー
定員 40席(残席10席
TUNE UP申込 https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HShrAHSylT
詳細ページ  https://iairjapan.jp/events/event/b-class-tuneup-tokyo
日時:TUNE UPセミナー 2017年8月19日 10:00~16:00

(認)B-class 評価とアプローチの為の触診”達人のタッチ”
定員 40席(残席10席
触診申込  https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSkovpEv
詳細ページ https://iairjapan.jp/events/event/b-class-touch-tokyo
日時:触診セミナー 2017年8月20日 10:00~16:00

(認)B-class リハビリの臨床で結果が出せる 上肢の評価とアプローチ
定員 40席(残席15席
上肢申込  https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSihfeo
詳細ページ https://iairjapan.jp/events/event/b-class-upper-tokyo
日時:上肢1 2017年9月10日 9:30~16:30
   上肢2 2017年10月7日 10:00~16:00

(認)B-class リハビリの臨床で結果が出せる 下肢の評価とアプローチ
定員 40席(残席15席
下肢申込  https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSijtDpwo
詳細ページ https://iairjapan.jp/events/event/b-class-lower-tokyo
日時:下肢1 2017年10月8日 9:30~16:30
   下肢2 2017年11月11日 10:00~16:00

B-class検定試験
検定申込  https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSkumbe
詳細ページ https://iairjapan.jp/events/event/b-class-test-tokyo
日時:東京B1・2検定 1日目 2017年12月9日 10:00~16:00
            2日目 2017年12月10日 10:00~16:00

 

 

今月のセミナー予定はこちら
http://iairkanto.jp/calender/

よくあるご質問と回答はこちら
http://iairkanto.jp/faq/

ご質問・リクエストなどはこちらから
http://iairkanto.j

 

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す