第三回IAIR学術大会10/28.29

必殺アキレス腱固め

From:覆面インストラクター TOSHI

 

ふきのとう、たらの芽、

天ぷらの美味しい季節がやってきました。

旬のものを食べるって一番贅沢ですよね。

 

それではCVAコラム8回目

「必殺アキレス腱固め」

をお送りします。

 

あなたの病院でこんな光景をみかけませんか?

訓練開始時、車椅子に座っていた患者さんをそのままベッドへ連れて行き、

横になってもらった上で、今日の調子や世間話をしながら、足首のストレッチを行う。

 

周りを見ると同じ様な姿が……

 

確かに脳血管障害の場合、下腿三頭筋のトーンが高くなることが多いですが、

本当にその方にその治療は今必要でしょうか?

なんとなく行っていませんか?

 

ご病気でない方でも、誰しもその日の調子に良し悪しはあります。

ましてや患者さんの状態となると全身状態の不安定さ、

精神状態等の影響を受け、調子の波は大きくなりがちです。

 

訓練を始める前に今日の目標を立てて、

準備段階での座位姿勢や移乗・起居動作を見ながら、

目標のうち、どこまでできるか、また別の目標に変えたほうがよいか、

患者さんと相談しながら行っていきたいですね。

 

当たり前のことなんですが、当たり前のことをきちんとやるのは

意外と難しいです。

 

今日は最後に明日からすぐ実行できるアドバイスを一つ

 

それは

「一つ一つ丁寧に行う」

です。

 

 

訓練を行う準備の為の移動や次のプランに移るための移動、

つまり起居、移乗、起立、着座、歩行…

この一つ一つを丁寧に関わることをおすすめします。

 

その中で、今日は介助する量が少ない、

いつもよりゆっくり着座できている、麻痺側に乗る体重の量が多い

とか様々なことを感じると思います。

 

 

これには知識も経験も必要ありません、誰でも必ず行えます。

ひとつひとつ丁寧に行うことであなたが気付くことがあります。

 

この気付きを積み重ねていくと、

今どんな訓練が患者さんに必要なのか、判断し易くなってくると思います。

アキレス腱固め、あなたはなんとなく行っていませんか?

 

 

次回は

押して駄目なら…

をお送りします。

 

このコラムでは脳血管障害について、

今までの経験や知識、徒手療法をとの関連を交えながら書き、

あなたの臨床観を少し広げるお手伝いをできればと思います。

 

 

ありがとうございました。

 

我々は

IAIRを受講した全ての方に対し

全力でサポート致します!

ご意見・ご質問、取り上げてもらいたいテーマがありましたらご連絡下さい。

  toshi★iairkanto.jp(★を@に変換してください)

 

 

福田俊樹シルエット

 

 

 

 

 

 

 

 関東支部 覆面(認定)インストラクター TOSHI

 

 

追伸1
アキレス腱固めに限らず、ルーティンに行っているプランってありますよね?
目的がしっかりとあればルーティンでももちろん何も問題は無いわけです。

TOSHIはIAIRの骨盤・脊柱テクニックはほぼ全ての方に行っています。

 

追伸2

IAIRのテクニック、体験したことがありますか?

新人が確実に結果が出せる技術集セミナー
・名古屋  2015年2月8日 @ 10:00 AM – 3:00 PM
・大阪  2015年3月8日 @ 10:00 AM – 3:00 PM
・東京  2015年3月15日@ 10:00 AM – 3:00 PM
>>> http://irajapan.jp/beginer/

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す