管理職養成12回コース

男子諸君!体幹を鍛えてますか?(3)

From:IAIR関東支部認定インストラクター大塚久

 

 

みなさんこんにちは!!

モヒカンのあいつ、こと

IAIR関東支部認定インストラクターの大塚です。

 

みなさん、コア使えてますか?

 

先日のコラムを読んでいただいた方から

Tune upセミナーの時からずっとできなかった姿勢が

「出来るようになりました!!」

と嬉しいご報告をいただきました。

 

 

これからも

みなさんの日々の臨床の助けになる

ちょっとしたコツをお届けします。

 

 

さて、今日もまずやってみましょう。

 

評価は前回と同じしゃがみ込動作です。

体幹をまっすぐにしたまま、かかとを上げずにしゃがみこむ。

体幹が前傾している方、

かかとが上がっている方

全然しゃがめない方

それ、コアが使えてません。

 

 

では今日はコアマッスルの中の

「横隔膜」

を活性化させてみましょう。

 

 

前回と同じく

膝を立てて、

仰臥位になってください。大塚コア03

 

 

そして剣状突起に手を当てて、

横隔膜の中心に向かって

胸郭をたわませてください。

 

 

そのまま、深呼吸を3回

大きく吸って、深く吐いて

横隔膜の動きを意識しながらやってみてください。

 

 

さあ、

またしゃがみ込動作をやってみましょう。

 

 

やりやすくなってません?

これがコアが使えている状態です。

 

 

横隔膜を使うことの効果は先日川西さんのコラムでも

紹介されていましたね。

川西さんコラム(http://iairkanto.jp/?p=941

 

 

また横隔膜が使え

呼吸が楽になるので

全身の循環・代謝が改善し

むくみの改善などにも効果があります。

 

 

是非後輩の女の子に試してみてください。

 

 

あなたもコアが使えるようになって

自身の治療のコアを

作りませんか?

 

 

大塚久04
認定インストラクター 大塚久

 

 

追伸

横隔膜の起始は「剣状突起・第7~第12肋骨・第1~第3腰椎」です。ということは腰椎の調整で横隔膜を調整することができます。脊柱の調整方法はこちら

http://irajapan.jp/spinal/

 

 

追伸2

横隔膜を直接調整する方法もお伝えしています。その方法はこちら

http://irajapan.jp/fascia/

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。