管理職養成12回コース

その立位にコアマッスル!【体幹を使えてますか?(30)】

From:IAIR関東インストラクター 大塚 久

 

みなさんこんにちは!!

モヒカンのあいつ、こと

IAIR関東支部認定インストラクターの大塚です。

 

みなさんコア使えてますか?

 

前回はコアを活性化することで立位が変化するという事でしたね

そもそも立位とはどのような状態でしょうか?

 

立位とは文字通り立っている状態のことです

立っているためには支持基底面内に重心がある必要があります

支持基底面を作るのは何でしょう?

 

そう足部ですね

立位の場合は足部で囲まれる範囲に支持基底面が作られます

坐位の場合は足部と臀部ですね

 

ではこの支持基底面が

凸凹していたらどうでしょう?

斜めになっていたらどうでしょう?

硬かったら?柔らかかったら?

 

生活するうえで完全に真っ平らな面はありません

必ず凹凸があり傾斜があり時には障害物があります

もしかしたら沼みたいに沈むかもしれません

 

これらを感知するのは立位で唯一地面に設置している足底ですよね

足底が支持基底面の状況を把握して支持基底面の情報を身体に伝えます

その情報を身体が統合してコアマッスルが適切な筋緊張を発揮して姿勢を保持するんですね

 

という事は足底がしっかり支持基底面の情報を受け取れなければ

コアマッスルがどの程度の筋緊張を発揮すればよいかわからなくなってしまいます

ですのでコアマッスルが本来の機能を発揮するにはするには足底の感覚が重要になってきます

 

前置きが長くなったので

とりあえずやってみましょうか

まずは事前評価

 

立位になってください

その時の

 

・頚部、体幹の傾き

・肩の高さの左右差

・脊柱のアライメント

・腸骨稜の高さの左右差

・股関節、膝関節、足関節の角度

・足底のアーチの有無

そして

・足底のどの位置に重心が落ちているか?

・足底が地面と接地している感じはどうか?

・床反力は身体の中心をとおっているか?

・身体のどの筋肉が緊張しているか?または緩んでいるか?

等の体感をしっかり感じておいてください

 

もし可能なら写メとかとっておくといいと思います

 

では足底にアプローチしてみましょう

やり方は簡単です

 

足底をこぶしを使ってこすってください

踵から足趾に向かってこすります

20回ぐらいこすりましょう

DSC_0888

そしてこすれたら今度は

足趾を伸展して状態で

また20回こすってみてください

DSC_0889

それを左右行って

できたらまた立位の評価をしてみましょう

 

どうです?

地面に足をつけた時から重心の位置や足底の感覚

実際のアライメントに変化が出ていませんか?

 

そして筋の緊張具合も評価してみてください

余分な力が抜けていませんか?

 

これが

「コア」

が使えている状態です。

 

ちなみに足部の状態は歩行に非常に重要です

歩行のとき足部はロッカーファンクションにより運動を足関節から足趾まで伝えています

足底が硬くなるとこのロッカーファンクションが正常に機能しません

 

ロッカーファンクションが正常に機能しないと重心を前方に移動できなくなり

他の部位で代償します

しっかり地に足ついていますか?

 

あなたもコアが使えるようになって

自身の治療のコアを

作りませんか?

 

IAIR関東認定インストラクター 大塚 久

 

追伸

必ず変化を体感してみてください。自身で体感してから患者様に使ってください。体感していないと再現するのは困難です。

 

追伸2

歩行分析でどこを見ていいかわかりますか?実は見るべきポイントは3つだけなんです。

それを歩行分析セミナーでお伝えいたします。

【臨床3年目までに知っておきたい歩行分析とアプローチ法】

>>>http://iairkanto.jp/semiother/iairgate/

 

追伸3

身体の土台になる骨盤、その骨盤の底で支えてくれている骨盤底筋を働きやすくするケーゲルバー、各認定講座の会場で実演販売をしています。詳しくは会場に足を運んでください。

 

IAIR 関東支部 

IAIR 認定インストラクター 

大塚 久

 

[IAIR 関東支部フェイスブック]

いいね!を押して連載コラムをチェック!

https://www.facebook.com/iairkanto

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す