第三回IAIR学術大会10/28.29

患者さんの思いを聴くためには?

From: さとみん
 
こんにちは!
 
IAIR関東女子会部長 さとみん
こと認定インストラクターの中澤です。
 
さてさて、
 

今日はコミュニケーションのお話しです。

 
 
患者さんに限らず
繰り返し同じ話しをする方っていますよね。
 
 
 
 
 
でも、
実は本当にいいたいこととは違うことを言っていることって多々あると思います。
 
 
では、
 

【患者さんの本当にいいたいことを知るには?】

 
 
 
それは
 
会話の中のよく出てくる【キーワード】
 
見つけることです。
 
 
 

キーワードにも色々とありますが、

 
 
話題に対してどんな気持ちか
 
 
について注目してみて下さい。
 
 
 
 
「うちの息子は気がきかなくてダメね。
 
全然人が来ても顔もださないし、無愛想よね。男の子は話もできないから。つまらないわね。」
 
 
 
さて、
 
この場合のキーワードは?
 
 
 
・・・・・・・・・・・
 
 
 
・・・・・・・・・・・
 
 
「つまらないわね。」
 
 
です。
 
 
この方は、
同居の息子さんが日中家を空けており
 
家に1人だと”つまらない”から
 
日中も臥床している方でした。
 
 
それではまとめです。
 
患者さんのお話を聞くときは、会話の中の
 

【キーワード】をみつけて、

 
そこから私たちにできることは??

 
 
と考えていくと
 
とてもやることはシンプルになると思います。
 
ぜひ、お話を聞く時に意識してみて下さいね^ ^

 
 
追伸
 
まだまだ受付中です来年もやります!!
 
女子会^ ^

2015年1月18日 日曜日
10:00-12:00
*終了後お時間のある方でランチも検討中。

場所:

東京都内で調整中

内容:

*ベーシック1.2テクニックの復習
*達人タッチの確認と復習
*お悩みのシェア
*セルフコンディショニング

料金:

3000円(スペースレンタル代等)

お申込み:

【お名前】【電話番号】【所属】

【経験年数】【解決したいこと】

を記入のうえ

satomi_nakazawa@iairkanto.jp

中澤までご連絡下さい☆

それでは良いクリスマスを(^o^)/*

IAIR関東認定インストラクター

中澤里美

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。