管理職養成12回コース

背骨がズレています…【適切な伝え方、表現って?】

皆さんこんにちは。

関東支部の藤田智史です。

 

ネットで、街中で

背骨がズレているから!

骨盤が歪んでいるから!

 

街で見かける看板、折込チラシ、ネット上の広告など…

 

または、○○で背骨がズレているといわれたんです。

なんてことを見たり、聞いたりしたことはありますでしょうか?

<背骨がズレているから・骨盤が歪んでいるから>

この表現は適切なのでしょうか?
皆さんどう思いますか?

言葉の定義のズレ

仙腸関節が動く。

・この説に関しては、まだ否定的な意見もあるかと思います。

ではこの動くというのはどのくらい動くのでしょうか?

・・・

わずか数ミリの動きですね。

動かないという方の中には、数ミリ程度関節が動いた程度では
動いたと認識していない方もいるかもしれません。

何が言いたいかといいますと、

話し手が想像している単語の意味と

受け手が受け取った単語の意味は

ズレが生じてしまっている可能性があるということです。

 

 

もっとわかりやすい例を挙げますと、

【タバコ】
この単語を見たときにどう思うでしょうか?

様々思い受けべることもあるかと思いますが、
『好き』『嫌い』では?

愛煙家の方にとっては好きという感情になり、

そうでない方では嫌いという感情になるのではないのでしょうか?

 

当たり前かと思うことかもしれませんが、言葉のイメージは人それぞれ
培ってきた経験で異なっている可能性があります。

ちょっと古いですが、お笑い芸人のアンジャッシュで

お互いが勘違いしたまま会話が進んでいくといったコントがありましたね。

あそこまでなることはないでしょうが、上手く伝わらない、理解してもらえない
といった時に相手との言葉の定義がズレていることを考慮してみてもいいかもしれません。

 

我々が評価、介入しているのはズレ?固着?

また、背骨・・・椎骨がズレるというのはどういう状態が考えられるのでしょうか?

本当の意味で椎骨がずれてしまう状態は、麻痺などの重篤な状態を
引き起こすことになってしまいませんでしょうか?

IAIRの脊柱セミナーを受講された方は、

・サブラクセーション(真性歪み)・カンパイセーション(仮性歪み)

ということを習ったかと思います。

少なくとも我々が行っているのは、椎骨のズレを治すのではなく、

固まる、固着してしまっている部分に対して介入を行っていますね。

 

患者さんの中には、背骨がズレて悪いんだ⇒体が歪んでしまっているんだ…
(私の体はすごい悪いのでは…)

なんて考えてしまう方もいらっしゃいます。

状況を認識することは大切ですが、必要以上に悲観的になってしまうのは
心理面から見ても好ましい状態ではないです。

 

また、(レントゲンで映らないような)椎骨のズレがあります!

なんて他職種の方に説明した時は、そんなわけないだろと
認識の違いから軋轢を生む可能性がありそうではありませんか?

様々なメソッドで使われる言葉は、実は医療用語でないものも多く存在します。

その点も踏まえて、言葉の共通認識を確認してみるのも相手にうまく理解してもらう1つの方法かも知れません。

 

お読みいただきありがとうございました!

 

IAIR 関東支部
認定インストラクター
藤田 智史

 

[IAIR 関東支部フェイスブック] 

いいね!を押して連載コラムをチェック! 

https://www.facebook.com/iairkanto

追伸

【動作時に体幹を使えるようになるためのアプローチ⽅法】

開催日 :12月17、18日(土、日)10時~16時
会場  :砂町文化センター 和室 江東区北砂5-1-7
http://www.kcf.or.jp/sunamachi/map.html
詳細はこちらから:https://iairjapan.jp/events/event/core_tokyo201712

 

【新人が確に結果が出せる技術集

結果が出せずに悩んでいませんか?

悩んで立ち止まるより、仲間達と情報交換することで解決できることもありますよ。

>>> http://iairkanto.jp/seminars/nintei/beginer/

 

 

 

今月のセミナー予定はこちら
http://iairkanto.jp/calender/

よくあるご質問と回答はこちら
http://iairkanto.jp/faq/

ご質問・リクエストなどはこちらから
http://iairkanto.jp/info/h

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す