管理職養成12回コース

腓骨頭とかかわる神経~坐骨神経痛に似た痛み?~

皆さんこんにちは。

関東支部の藤田智史です。

 

湿度が高く、蒸し暑い日も多いですね(゚Д゚;)

 

 

IAIRの下肢セミナーもしくは、膝疾患に対する骨格テクニックと筋膜テクニックセミナー

に参加されたことのある方は「腓骨アライメント調整テクニック」を勉強したかと思います。

 

・腓骨のアライメントが改善

・足底内側にしっかり重心が乗る

・立位が安定する  などの効果があったかと思います。

 

上記以外に、腓骨特に腓骨頭が制限されてしまうとある神経に負担がかかってしまいます。

 

その影響により、下腿に坐骨神経痛のような症状を引き起こしてしまうことがあります。

 

IMG_1357IMG_1356

 

図で示すように、総腓骨神経が腓骨頭の裏を走行しているため、この部分で絞扼が起こることで

問題を生じてしまうことがあります。

 

こういった観点からも腓骨頭の動きは必要になってきます。

 

また、後外側支持機構の一つでもある弓状膝窩靭帯も腓骨頭に付着を持ちます。

(弓状膝窩靭帯は膝の伸展制限になりうることもあります。)

 

テクニック1つとっても様々な観点から使用していくことができそうですね(^^)

 

私もまだまだ勉強することも多いですが、解剖は特に大切だといろんな方の話を聞くたびに思います。

 

お読みいただきありがとうございました!

IAIR 関東支部
認定インストラクター
藤田 智史

 

参考文献:

1)F.H.ネッター著:ネッター解剖学アトラス 原書第3版 南江堂2004年

 

 

///////////////////////////////////////////////////////
—●○
 IAIR 認定講習会の案内 ○●—
///////////////////////////////////////////////////////

IAIRのセミナーを体験してみませんか?
・【機能的な体幹を獲得するための徒手&促通テクニックセミナー】

開催日時 2016年12月17・18日(土・日) 両日10:00~16:00

残席わずか!
12/16 18:00まで受付中!

会場:砂町文化センター 和室
(〒136-0073 東京都江東区北砂5-1-7)

詳細はこちら
》》》http://iairkanto.jp/iaircore/

【臨床で確実に結果が出せるIAIRコンセプトに基づくテクニック集セミナー】
開催日時 2017219日(日) 10001600

会場:東京メディカルスポーツ専門学校
(〒134-0088 東京都江戸川区西葛西3-1-16)

詳細はこちら
http://iairkanto.jp/seminars/nintei/beginer/

OTOTによるOTのためにセミナー】
4月15・16日(土日)
詳細はこちらから
http://iairkanto.jp/seminars/otseminar/

[IAIR 関東支部フェイスブック] いいね!を押して連載コラムをチェック!
https://www.facebook.com/iairkanto

 

 

IAIR公式メルマガを購読してみませんか?

  • 各執筆者のコラム
  • 最新セミナー情報
  • 先行インサイダー情報
  • 格安DVD割引情報

などが配信されます。

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す