管理職養成12回コース

『作業療法の効果=作業療法+◯◯ その59』

みなさん
こんにちは
療法士サポーターの加藤です。

今週も私が老健で培った、評価のついてお話ししていきましょう!
今週もテーマは
『作業療法の効果=作業療法+評価』です!!

この評価ですが、誰のためにするのか?をもう一度考えてみましょう!話し合い 相談
私たちのためではないですよね?
患者さん・利用者さんがよりよい生活を送るのを支援するために、行うことであり、つまり評価は患者さん・利用者さんのためにすることですよね?

養成校時代、教員に
『教科書はあなたたちのためにあるものではない!患者さん・利用者さんのためにあるものです!みなさんが成長すれば、患者さん・利用者さんが生活しやすくなるでしょ?』っと言われてことがあります!

今なら腑に落ちますね(笑)
さて、この評価ですが、
患者さん・利用者さんのためにする!
つまり、ICFでいう『活動と参加』を見ていかないといけませんよね?

でも、私たちはリハビリ室にいる時間がどうしても多い・・・
じゃあ、どうします?

 

・・・・

 

そう!情報収集です!
普段からNsさんやCMさんCWさんの話を聞いていますか?
情報を交換していますか?

私たちよりはるかに『活動と参加』を見ている人たちですよ!
他職種からしっかりと情報を聞いてくださいね!
リハビリ室から視野を広げましょう!
特にOTはそこが必要とされますよ!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さんが自信を持って
作業療法を実施できる様サポーターとして
活動していきたいと考えてます。

 

IAIR関東支部
認定インストラクター
作業療法士
セロトニントレーナー
加藤淳

 

追伸!!
歩行分析・・・ではこんな悩みがありませんか?
・ 歩行分析に苦手意識がある
・ 原因がわからないから定形的な筋トレしかしてない・・・
・ 歩行の全体を見るとはどんな事?
・ 歩行の指標ってありすぎる・・・
・ 維持期の歩行分析はどうすれば?
・ 分析からどうアプローチにつなげるの?
・ 訓練では歩けるけど、生活では歩けない・・・

これは過去の受講生の悩みです。皆さん同じような悩みを抱えています!
この悩みですが、セミナー受講後には
『歩行分析のために歩いてもらう事がなくなりました!』
『視点が定まり!苦手意識がなくなりました!』
と感想をいただけています!

歩行分析を3つのポイントに絞りお伝えします!
このセミナーときっかけに患者さんや利用者さんと笑顔で歩行訓練をしてみませんか?
セミナーの詳細は以下の通りです!

講習会名:「歩行分析の基礎とアプローチ法」

     【日本作業療法士協会生涯教育 対象〈1日1ポイント〉】

場 所 :砂町文化センター【東京都江東区北砂5-1-7】   

日   時 :平成29年9月30日(土)/10月1日(日) 10:00~16:00

参加費 :21,384円(税込)〔2日間〕

      10,800円(税込)〔1日目のみ〕

  • 1日目のみの受講はB-class(旧Basic1,2)終了、もしくは終了予定の方限定とさせていただきます。

対 象 :作業療法士、理学療法士、言語聴覚士

定 員 :40名(先着になり次第閉め切らせて頂きます。) 

詳 細・申込方法 : こちらよりお申し込みください

  》》》https://iairjapan.jp/events/event/gait_approach

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

作業療法士免許を取得後、約5年間介護老人保健施設にて通所・入所のリハビリを従事する。その中で、機能回復ではなく『残存機能をより生活に中で使える能力に落とし込む』をテーマに維持期のリハビリテーションを実施し、多くの利用者様・ご家族様から支持される。 現在は臨床現場を離れ、療法士が自信を持って元気に働けば、世の中はよりよくなる!の信念のもと、都内にて療法士に向けてのお悩み相談室を開催し、多くの療法士から支持を得ている。