第三回IAIR学術大会10/28.29

『作業療法の効果=作業療法+◯◯ その56』

みなさん
こんにちは療法士サポーターの加藤です。

前回の内容は覚えていましたか?
ROMで原因を絞り、MMTで特定する!
いい流れですね!
臨床でやってみたでしょうか?
もし分からない!がありましたら私に会いに来てくださいね!

さて、今週もお知らせしていきましょう、
『作業療法の効果=作業療法+評価』!

今週はこれもみなさんがやっている感覚検査ですね!

感覚検査・・・

みなさんはどうやっていますか?
個別の時間に、触覚や温痛痛などをしていることが多いかな?
それも正解!!

でも、私の場合!
まずやっているのが観察です!
感覚検査で観察?っとならないでくださいね!

例えば、
ROMを測定する際に、activeで動かしてもらいます。
その時に、自分の四肢を確認してから動かす人いませんか?
または、歩行時に必ず足元を確認しながら足底を接地する人いませんか?
この行動何が考えられるでしょう?

そう!

感覚の鈍磨ですね!
感じられにくいから視覚で代償するんですよね!
そのような点からもしっかりと観察をして、個別評価の時の指標にしてみませんか?
そうすると、評価の時間がぐっと短くできますよ!

ぜひ観察をしっかりとしてみてください!

よくわからない!っとなったら一度質問に来てくださいね!
最後まで読んでいただきありがとうございます。

皆さんが自信を持って作業療法を実施できる様サポーターとして
活動していきたいと考えてます。
IAIR関東支部

認定インストラクター
作業療法士
セロトニントレーナー
加藤淳

 

IAIR認定 統合リハビリテーション療法士 B-classライセンス取得コース 受付開始!

2017年5月より、開講いたします!

詳しくはこちら
  》》IAIR認定 統合リハビリテーション療法士 B-classライセンス取得コース

[IAIR 関東支部フェイスブック] いいね!を押して連載コラムをチェック!
https://www.facebook.com/iairkanto

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

作業療法士免許を取得後、約5年間介護老人保健施設にて通所・入所のリハビリを従事する。その中で、機能回復ではなく『残存機能をより生活に中で使える能力に落とし込む』をテーマに維持期のリハビリテーションを実施し、多くの利用者様・ご家族様から支持される。 現在は臨床現場を離れ、療法士が自信を持って元気に働けば、世の中はよりよくなる!の信念のもと、都内にて療法士に向けてのお悩み相談室を開催し、多くの療法士から支持を得ている。