管理職養成12回コース

『作業療法の効果=作業療法+◯◯ その55』

みなさん
こんにちは
関東支部の療法士サポーター加藤です。

今週もお知らせしていきましょう、
『作業療法の効果=作業療法+評価』!

先週はROMのエンドフィールについてでしたね!
エンドフィールの感覚により、制限の要因が少し絞れます!

さて、今週の評価は・・・
ROMと同じくらいみなさんが評価するMMTです!

MMT・・・

どんな評価でしたか?

筋力の評価ですね!
でも、このMMTは筋力だけの評価ではないのですよ!
ROM制限の因子を確定するための評価として使えるのです!

 

その真実は・・・・

 

ROM制限で筋が原因と考えられるエンドフィールを感じた場合、
その関節周囲のMMTを実施してみてください!
ROM制限を起こしているのが筋でしたら、その筋は不全を起こしていますよね!
その筋は筋出力も低下していることが考えられます。
つまり、MMTの結果が落ちている筋がROM制限の要因として考えられるです!

どうでしょう?

つながりましたか?

よくわからない!っとなったら一度質問に来てくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さんが自信を持って
作業療法を実施できる様サポーターとして
活動していきたいと考えてます。

IAIR関東支部
認定インストラクター
作業療法士
セロトニントレーナー
加藤淳

IAIR認定 統合リハビリテーション療法士 B-classライセンス取得コース 受付開始!

2017年5月より、開講いたします!

詳しくはこちら
  》》IAIR認定 統合リハビリテーション療法士 B-classライセンス取得コース

[IAIR 関東支部フェイスブック] いいね!を押して連載コラムをチェック!
https://www.facebook.com/iairkanto

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

作業療法士免許を取得後、約5年間介護老人保健施設にて通所・入所のリハビリを従事する。その中で、機能回復ではなく『残存機能をより生活に中で使える能力に落とし込む』をテーマに維持期のリハビリテーションを実施し、多くの利用者様・ご家族様から支持される。 現在は臨床現場を離れ、療法士が自信を持って元気に働けば、世の中はよりよくなる!の信念のもと、都内にて療法士に向けてのお悩み相談室を開催し、多くの療法士から支持を得ている。