第三回IAIR学術大会10/28.29

『作業療法の効果=作業療法+◯◯ その52』

作業療法と脳波測定

みなさん
こんにちは関東支部の脱サラOTの加藤です。

前回まで
作業療法の脳科学的な効果として
セロトニンについてお話してましたね。

さて、このセロトニンの理論ですが、
私、加藤は裏づけをしっかりと取りたいと思いっています。

その第一歩として、
今月末の29日・30日に開催されます
関東ワークショップ・学術大会にて

実験を実施していきます!!

 

それは・・・

 

実際に被験者を集めて、
作業療法(アクティビティ)中の脳波を測定していきます!

作業療法と脳波測定

この方法は東邦大学名誉教授であり、
セロトニン研究の第一人者の有田秀穂先生も実践している計測方法です!

どするのか?
実はセロトニンが脳内で分泌されるときに脳波はα2が優位になるのです。

つまり、作業療法中に脳波を測定し、
α2が出てるか、どうかを検証していきます!

作業療法士の皆さん!
ぜひご協力を!
日付は29日のワークショップにて実施する予定となっています!

結果はすぐにその場で出るようにする予定ですので、
お楽しみに!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さんが自信を持って
作業療法を実施できる様サポーターとして
活動していきたいと考えてます。

追伸:

本文でご紹介していた学会についてはこちらから!
【IAIR関東支部学会〔春の陣〕】
ワークショップ:4月29日(土) 13時~17時
懇親会:29日17時~20時 懇親会
学会本大会:4月30日(日) 10時~16時 
会 場:板橋区立グリーンホール
詳細はこちら
第1回IAIR関東ワークショップ・学術大会

IAIR関東支部
認定インストラクター
作業療法士
セロトニントレーナー
加藤淳

 

[IAIR 関東支部フェイスブック] いいね!を押して連載コラムをチェック!
https://www.facebook.com/iairkanto

 
作業療法と脳波測定

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

作業療法士免許を取得後、約5年間介護老人保健施設にて通所・入所のリハビリを従事する。その中で、機能回復ではなく『残存機能をより生活に中で使える能力に落とし込む』をテーマに維持期のリハビリテーションを実施し、多くの利用者様・ご家族様から支持される。 現在は臨床現場を離れ、療法士が自信を持って元気に働けば、世の中はよりよくなる!の信念のもと、都内にて療法士に向けてのお悩み相談室を開催し、多くの療法士から支持を得ている。