管理職養成12回コース

『作業療法の効果=作業療法+◯◯ その46』

笑顔で会話

みなさん
こんにちは
関東支部の脱サラOTの加藤です。

前回のコラムはいかがでしでしょうか?
慣れてくるとやってしまうミス・・・

実は一昨年、私の父が大腸癌の手術をする際にも
医師から
『最悪、ストーマになることもありますから』っと

さらりと家族は説明を受けました。
その時の家族は全員私を見て解説を求めました(笑)

皆さんも思わぬことで信頼を築きにくくしているかもしれません
注意していきましょう!!
私たちインストラクターも当然注意します!!

さてさて、今週のコラムに移りましょう!
今週も患者さん・利用者さんと信頼関係を気づくポイントについて話しましょう!

テーマは
『作業療法士に必要なコミニケーションスキル その3』です。

皆さんにこんな経験はありませんか?
・こんなに考えているのに患者さんが答えてくれ無い・・・
・なんでこのメニューを拒否されるのだろう?
・どうしたら私の話を聞いてくれるのか?

よく新人から聞く言葉です。

でも、この言葉自体に問題があると私は考えています。

 

それは・・・・

 

上記の言葉の主語は誰になっていますか?

全部、自分(セラピスト)ですよね・・・
それって押し付けのリハビリになっていませんか?
患者さん、利用者さんは私たちのことはどうでもいいのです!
まず自分の話を聞いてもらいたいにです!

つまり、
・患者さんと話をするとき
・同僚、他職種と患者さんの話をするとき
そのときに自分は主語を誰においているのか考えてみませんか?

これをするだけでも
他職種からは
『あの人はまず患者さん・利用者さんを一番に考えているから信頼できるよ』

ご家族様からは
『先生、本当にありがとうございます』

ご本人様からは
『先生の言っていることはよくわかった!じゃあ、そうして!』

っと信頼を得ることができました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さんが自信を持って作業療法を実施できる様サポーターとして
活動していきたいと考えてます。

追伸先日、開催し大好評を頂きました、OT限定セミナー。OTの人たちに自信を持って作業療法が実施できるよう、作られた内容です。
作業療法の脳科学的なお話ももちろん、作業療法をどうすればより効果的にするかのお話もします。

【OTのOTによるOTのためにセミナー】

東京開催:4月15・16日(土・日)

名古屋開催:4月22・23日(土・日)

詳細はこちらから
http://iairkanto.jp/seminars/otseminar/

IAIR関東支部
認定インストラクター
作業療法士
セロトニントレーナー
加藤淳

[IAIR 関東支部フェイスブック]

いいね!を押して連載コラムをチェック!

https://www.facebook.com/iairkanto

IAIR公式メルマガを購読してみませんか?

  • 各執筆者のコラム
  • 最新セミナー情報
  • 先行インサイダー情報
  • 格安DVD割引情報

などが配信されます。

 
笑顔で会話

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

作業療法士免許を取得後、約5年間介護老人保健施設にて通所・入所のリハビリを従事する。その中で、機能回復ではなく『残存機能をより生活に中で使える能力に落とし込む』をテーマに維持期のリハビリテーションを実施し、多くの利用者様・ご家族様から支持される。 現在は臨床現場を離れ、療法士が自信を持って元気に働けば、世の中はよりよくなる!の信念のもと、都内にて療法士に向けてのお悩み相談室を開催し、多くの療法士から支持を得ている。