管理職養成12回コース

『作業療法の効果=作業療法+◯◯ その41』

みなさん
こんにちは
関東支部の脱サラOTの加藤です。

 

さてさて、
気づけば今年も残り2ヶ月を切りました・・・
来月には半年間の集大成である検定!!
心配になっている方も多いですが・・・

私から見ると
半年前と比べて別人になっています!
あとは実践あるのみ!!

その時に少しでも参考になれば!っと
テクニックの組み合わせをお伝えしていますね。28cb1c30e1ce7340e4339fbbe42b85ab_s

OTのみなさんが自信を持って臨床で
作業療法ができるようにこれからも活動していきたい
って思わせていただいています。

 

では今週のテーマです!
それはズバリ下肢!!
OTのみなさん・・・
下肢はちょっとって考えないでΣ(゚д゚lll)

 

ADL訓練・・・
ほとんどが立位場面ですよね?
じゃあ、下肢を見ましょう!!

 

テーマは
『作業療法に必要な立位バランス』320H
です!!

 

片麻痺の方や大腿骨頸部骨折後の方は
どうしても働きにく方に荷重をかけるのを嫌いませんか?

そこで
「体重を右にして~」
って言ってもしれくれません・・・

だってやりにくいから!
じゃあ、どうすれば?
簡単です。

やりやすくすればいいのです!

 

それは・・・・

 

下肢セミナーでお伝えしています。
立方骨と足底筋膜リリースを組み合わせください!!

足底からの感覚入力が上がり%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891
アーチが形成されていることで
立位バランスが取りやすくなります。

 

その後、私は裸足での平行棒内の荷重訓練から
移乗訓練へと移行しました。

意識下から無意識に落とし込みます。

すると

ご家族様からは12663cc6b95a9e7ae78ed9b5395bed37_s
『先生・・・
なんか最近トレイの介助が楽になってきて』

っと感謝のお言葉をいただけましたよ!!

ご本人様も楽にできたことを
笑顔で話していただけました!!

是非試してみてくださいね!!
最後まで読んでいただきありがとうございます。

皆さんが自信を持って
作業療法を実施できる様サポーターとして
活動していきたいと考えてます。

追伸:
先日、開催し大好評を頂きました、OT限定セミナー。OTの人たちに自信を持って作業療法が実施できるよう、作られた内容です。作業療法の脳科学的なお話ももちろん、作業療法をどうすればより効果的にするかのお話もします。

【OTのOTによるOTのためにセミナー】
4月15・16日(土日)
詳細はこちらから
http://iairkanto.jp/seminars/otseminar/

 

IAIR関東支部
認定インストラクター
作業療法士
セロトニントレーナー
加藤淳

 

[IAIR 関東支部フェイスブック] いいね!を押して連載コラムをチェック!
https://www.facebook.com/iairkanto

 

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

作業療法士免許を取得後、約5年間介護老人保健施設にて通所・入所のリハビリを従事する。その中で、機能回復ではなく『残存機能をより生活に中で使える能力に落とし込む』をテーマに維持期のリハビリテーションを実施し、多くの利用者様・ご家族様から支持される。
現在は臨床現場を離れ、療法士が自信を持って元気に働けば、世の中はよりよくなる!の信念のもと、都内にて療法士に向けてのお悩み相談室を開催し、多くの療法士から支持を得ている。